モトログ 〜ある診断士の終わりなき挑戦〜

常に「挑戦者」であることでkurogenkokuは成長を続けます。
そしてkurogenkokuは「人の痛みのわかる診断士」を目指します。

 

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

中小企業診断士の広場

最近のコメント

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kurogenkoku
madさん

グローバルでの競争環境が進んだ中で、panasonicがとった戦略は致し方ないものと理解しています。ただ「人」を最大の財産としてきた松下幸之助の精神が失われつつあることにもの寂しさを感じた次第です。
おっしゃるようにその背景には「日本人は豊かさと引き換えに、マンパワーをゆっくり失って来た」ことがあるのかもしれません。

自分の子供が大人になった時、日本はどうなってしまっているのだろうか・・・。
ふとそんなことを考えるときがあります。

madさんと想いは一緒で、私も「子供が何らかの形で素晴らしい世の中の構築に貢献できるような人になれるように育てたい」です。

http://blue.ap.teacup.com/motokuni/
投稿者:madmax
追伸 少なくとも、私が診断士の受験を通じて知り合った人は、心技体揃った将来の日本の礎になる人達だと思います。だから、まだまだ日本も行けると信じてます!
また、私も親として、子供が何らかの形で素晴らしい世の中の構築に貢献できるような人になれるように育てたいと思います。(大それた話ではなく、彼の日頃の生活が結果として少しでも世の中の役に立っているような人になって欲しいです。)
お互いに頑張りましょう。
投稿者:madmax
日本人は豊かさと引き換えに、マンパワーをゆっくり失って来たと考えます。
これは、欲望を持つ人間である以上、しょうがないと思います。
その結果、経営者も従業員もパワーダウンして来たため、世界的な競争についていけず、企業は人を切らざるをえなくなっているのでしょう。
リストラしても、企業にとっては大抵単なる延命措置にしかならないのですが、マンパワーがある人財が外へ飛び出して、新しい活力を生み出す機会にもなるわけで、一概には、リストライコール悪とも言えないと思います。(クロさんがリストライコール悪と言っているわけではないことは理解してます)
震災による苦難に立ち向かう中、我々日本人がどこまでマンパワーを強化出来るかが、将来の日本人の力になるでしょう。
その時、パナソニックとまったく同じ理念を持った新しい企業が台頭しているかもしれませんね。
そこに関わったのが、私やクロさんだったら幸せですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ