モトログ 〜ある診断士の終わりなき挑戦〜

常に「挑戦者」であることでkurogenkokuは成長を続けます。
そしてkurogenkokuは「人の痛みのわかる診断士」を目指します。

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

中小企業診断士の広場

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:パヤシ
課題は次の4つ。
・文章表現の統一。
・設問に忠実に答える。
・与件情報への意識を高める。
・解答に具体性を持たせる。
今後は、
与件文をしっかり読み込み、
設問で問われてることを正確に捉え、
アドバイスや提案では相手が納得できるように
具体性を持った解答を心がけます。
あと文章表現の統一も。

【質問】(私もいきなりルール破ってしまいます)
第1問(設問2)
一般に本部からの拘束が強いFCにおいて、
自由度が高いことがメリットになると判断しました。
わざわざ「A社のケースにおける」とあったのもそのためかと。
それもやっぱり間違いでしょうか?
ありもしない一般論から類推したのが間違いなのか、
それを伝えきれてない文章に問題があるのか、
そもそも設問の捉え方に間違いがあるのか。
kurogenkokuさんの見解を教えていただけたらと思います。
投稿者:たかし
ブログで添削される方は結構いるんですかね
添削する方もされる方も理解が進んで良いですね
早くそういう環境になって見たいです

http://blog.goo.ne.jp/takasi1943
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ