2020/2/7

34年目の「月と専制君主」〜「SONGS & FRIENDS佐野元春CAFEBOHIMIA」  佐野元春

土曜日は渋公で開催の「SONGS & FRIENDS 佐野元春CAFE BOHEMIA」に行く。

「カフェボヘミア」はボクが初めて聴いた元春のアルバム。その再現LIVE。
しかも大勢のゲストを迎えての。
大好きなGlim Spankey他多くのゲスト(奴含む(笑))も参加。勇んで行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

渋公に行くのは改装以来初めて。エラくお洒落なビルになったんだな。
場内LIVEのポスターは一切貼って無くLINEのキャラが彼方此方に有った。
クリックすると元のサイズで表示します

我が家は2階4列目。ステージ全体を見渡せる好席でノンビリ見ました。
「Cafe Bohemia」のドキュメンタリーフィルムのさわりが流れ
今回イベントプロデューサー武部聡史さんの挨拶の後いよいよLIVEスタート。

トップバッターはGlim Spankey!曲は「ストレンジデイズ」!オレが好きな曲。
で此処で気づいた!
オレ、このLIVE元春とゲストがコラボしてアルバム曲を歌うと思ってたけど
ゲストがcoverする「RESPECT!清志郎」方式のLIVEだったのね(゚゜)\バキ☆
でもレミ嬢の声と亀クンのguitarで元春の歌が聴ける。それは感激だった。
しかも「Happy Man」まで演ってくれるとは!(最近この曲、元春LIVEでしないし)。
亀クンがホント楽しそうにギターを鳴らしてる。あれ見れただけで此処に来た甲斐があった。

続いてはGRAPEVINE田中和将。
曲は何と「月と専制君主」!オレが一番好きな曲が早々に歌われた(T▽T)
田中クン、独特の声で元春の曲の中でも異色なこの歌を歌った。それが見事にハマってた。
今回参加の他のアーティストは別の機会に見た事が有る。初めて見たのは田中クンだけ。
あたらしい声で自分の一番好きな歌を聴けた。
田中クンのあの声に逢えたこと・・・それは「収穫」と感じた。

1人1人書いてるとキリが無いので以下大まかにまとめますが、
どのアーティストの歌もMCも元春LOVEに溢れててステキでした。
山中さわおの「ボクは佐野さんの顔が好きです!」「佐野さんに今迄10回会えた!」
のMCには顔がほころんだし、堂島公平が歌い終わった後、ギターを高々と掲げてる姿
には爆笑した(元春の物真似^^;)。
ライムスターと小坂忠さん、山口洋だけが「Cafe Bohemia」から歌わなかったのも良かった。
ライムスターの現代風「コンプリ」は鳥肌が立った。
そして小坂さんの「ロックンロールハート」あの声でこの曲が聴けるとは!
しかもバックはホボキン!おまけに松任谷正隆さんも参加。これは嬉しかった。

ヒロシは「君を連れてゆく」を小坂さんと。ソロと違って借りてきた犬状態(T▽T)
ヒロシが一人で歌うと演奏がトンデモない方向に行くが(笑)
ホボキン、小坂さんと共演したことでまとまりのある良い演奏になったと思う。
そして「New Age」。意外な選曲。ルー・リードに同名の曲があるからこれにしたのかな?
意外とこの曲がヒロシに合ってた。唯ヒロシ折角歌うなら、元春のあのアクションもしようよ。
照れちゃダメだよ(笑)。
歌ってギターを鳴らすヒロシを見ながら・・・オレはある種の感慨に耽っていた。
ヒロシを生で見るのは久しぶり。改めて素晴らしいボーカリスト&ギタリストと感じた。
オレは個人的理由で彼の音楽を離れるが・・彼の活動自体は応援してる。
ヒロシ、キミの歌には世話になったな。ありがとな&あばよ。良い旅しろよV(^^)

最後のゲスト中村一義。溌剌とした歌で良かったけど。・・
何故「クリスマス・タイム・イン・ブルー」で女性ダンサーが登場したのか?
あの演出の意味が不明(T▽T)

ゲストの後はいよいよ元春登場!「お誕生日会みたいだね」のMCに笑った。
歌ったのは「99ブルース」「インディビジュアリスト」「ヤングブラッズ」。
アルバム中、最もロックな2曲と最もポップな曲を元春が歌う事にある種の意志を感じた。
「インディビ」はホボキンVer。長田さんのギターでこのVerを聴ける事にジンと来た。
本編最後はホボキン&武部さんで「Cafe Bohemiaのテーマ」を演奏し閉じた。

アンコールは1曲のみ。ゲストも参加して「約束の橋」。
「サムデイ」でなく「アンジェリーナ」でなく「約束の橋」を歌うというのが良かった。
元春が中央で歌い左右にゲストが並んで歌う。
右に居るKUMIちゃんやNAOKI、宇多丸さん、さわおクンが元春の横に来たがるのに対し
左に居るレミ、ヒロシ、亀クンが絶対元春の横に来ないのに笑った。
亀クンとヒロシ、ギター持たずにキョドってるし(T▽T)
大人しかった2階のお客さんもこの曲では立ち上がって一緒に歌った。
ボクも嫁も立ち上がりました(^_^;

LIVEはこれで終わり。元春の歌を別の人の声で聴くという滅多に出来ない体験。
正直、元春自身の声でもっと聴きたかった気もするが、それでも楽しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

実はこのLIVE参加する前に思ってたのは、34年前初めて聴いたアルバムの曲を聴いても
「昔は良かった」だの「あの時代に帰りたい」だのは絶対思わないという自信があった。
元春の歌は旧い曲でもいつだって現在(リアル)。絶対リアルな歌として自分に響く。
だから「懐かしさなんぞ感じるワケがない」と思ってLIVEに参加した。
でも、元春をRESPECTするシンガーのcoverを聴くと「切なさ・ノスタルジー」を感じた。
それは彼等がボク同様、元春の歌のファンで彼ら自身の色んな想いを込めて歌っている、
その姿にシンパシーを感じたからだろうか?
我ながら自分の感情の動きにビックリした。
でも、最後元春が登場して歌い出したら、そのノスタルジーは見事に消えた(笑)。
元春が歌うとノスタルジーゼロになる。不思議だが、それが嬉しかったV(^^)


34年前、「月と専制君主」を聴いて「言葉に税はかからない」の歌詞に衝撃を受けた。
こんな歌詞表現がある事に驚いた。
最近、この歌の聴き方が変わっている。
以前は前半の「思いのたけ悪口をたたけよ 言葉に税はかからない」の歌詞を読んで
「大きな力に対する小さな命(個人)の抵抗」を描いた曲と思ってた。
でも、最近はこの曲の歌詞のキモは寧ろ後半にあるのではないかと考え始めた。
「夕べ君を悲しませた奴らを好きにさせとけばいい」「君は君 かけがえなく」
「しばらくは このまま歩いていこう」「やがて君の時がくる」
これらの歌詞を改めて読んで・・この歌は大きな力に対抗する歌でなく、
「君(個人)」に優しく向かい合う、そんな歌だと感じた。
そして・・・それは元春の現在の歌(COYOTE)と同じだ。
今回のLIVEで元春でなく別のシンガー(田中クン)の声でこの歌を聴いて
益々その想いを強くした。

元春の歌は変わらないけど・・変わっていく。その時、その瞬間で色んな色を放つ。
だから現在(リアル)なんだ。
34年経って・・・・・・オレはまた、この歌と出逢えた。
ヨモちゃん・・・元春・・・やっぱスゲェな。

クリックすると元のサイズで表示します
7

2020/1/26

大田譲還暦記念ライヴ『キミたちがいて ぁ ボクが弾く!!』@渋谷ラママ  カーネーション

先週月曜日はカーネーション大田譲さん(ゆるずさん)60歳誕生日。
お祝いイベントが渋谷ラママで開催されたので行ってきました。
出演者は以下の通り。とんでもない人数(T▽T)
ボク的には直枝さんと玉ちゃん(玉城宏志さん)の自分の2大大好きギタリストが
同じステージに立つという事で勇んで行ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
出演:大田譲
ゲスト:松本照夫、鈴木博文、玉城宏志、直枝政広、一色進、西村哲也、大久保ノブオ、
青山陽一、矢部浩志、棚谷祐一、小関純匡、鳥羽修、鈴木純也、上田ケンジ、
うつみようこ、伊藤隆博、渡辺シュンスケ、タイチサンダー、大田真緒
飛び入りゲスト:金子マリ

渋谷ラママは2001年頃、玉ちゃんのバンド「マチルダロドリゲス」のLIVEを観に毎月通ってたな。
3年位前にカネが玉ちゃんをゲストに迎えたライブに行って以来。
クリックすると元のサイズで表示します
場内は超満員。スタンディングエリア柱の横に嫁と陣取る。
第一部はJACK達の一色進さんの珍妙なMCで進む。
ゆるずさんが縁のミュージシャンと2曲ずつセッション。
伝説のバンドグランドファーザーズが見れたのは嬉しかった。
カネは直枝さんとゆるずさんの2人きりで演奏。「E.B.I」のアコギVerが聴けるとは!

第2部は大久保ノブオMCで進行。この人どんとイベントでも見たけどホント音楽が好きなんだな。
上田ケンジ&渡辺シュンスケユニットで聴けたKYON2の曲がとてもイイ!
以降はバンド形式でディープな展開。
鈴木博文さん+ゆるずさん+鳥羽さん、やんべさんでのMOONRIDERSセッション。
「ボクハナク」スッゲェカッコいい!これ直枝さんcoverヴァージョンある筈だけど聴いて見たい。
「大寒町」が聴けたのも嬉しい。思ったよりアメリカンロックなサウンドなんだな。
その後はボクのこの日のクライマックス。玉城宏志バンドによるローザルクセンブルグセッション。
玉ちゃん、ゆるずさん、こせやんにうつみようこという最強のメンバー。
「かべ」が鳴ったときは狂喜した。そして、その次は何と「ニカラグアの星」!
「橋の下」やるのかな?と思ったらこれか〜!
玉ちゃんの紅いストラットが唸り、ゆるずさんと向かい合ってオトを弾き倒す。
スッゲェ、ゆるずさんがローザ弾いてるよ!ロック聴いててよかった!
その後はカネセッション。旧メンバー3人+伊藤さん+直枝さん、ゆるずさん。
直枝さんはギター持たずVOに集中。まぁ鳥羽さん居るしね。
「It's A Beautiful Day」「Edo River」のヒット曲にお客さんも気持ち良さそうに体揺らす。
アンコールは全員で「夜の煙突」!
直枝さんエレキ弾かないのは残念だけど、この曲を玉ちゃんのストラットで聴けるとは(号泣)!
ステージ上も客席も狂乱状態乱痴気騒ぎ。愉しい〜!

LIVEここで終わるかと思ったら何とそこから更にアンコールが続く。
関西の伝説のブルースドラマー松本照夫さんを迎えてのブルースセッション!
ゆるずさんは昔からブルースをライブで演りたかったそう。
更に何と金子マリの飛び入りも。マリさん初めて見たけどカッコいい!
鳥羽さん、西村さん、アオヨー、玉ちゃんの4人のギターが鳴るのは壮観。
それにシュンスケがブルースでKeyを弾くというのも中々見れない光景。
玉ちゃんがゆるずさんにチョッカイ出したりして愉しく見れました。

LIVE時間は実に3時間半。盛りだくさんでホント楽しめました。
そして、ゆるずさんが多くのアーティストに愛されてるのも感じました。
こせやん、上田ケンジ、玉ちゃん皆口が悪いけど、ゆるずさんが好きで溜まらないんだろなぁ。

写真は会場で買った、ゆるずさんスタンド。加藤クンと並べて飾ってます(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ゆるずさん、おめでとうございます。これからもカネLIVE行きますね☆
クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/20

HOT & KOOL 〜木村拓哉「Go with the flow」、香取慎吾「20200101」雑想  SMAP

年明け早々、元SMAPメンバー2人のソロアルバムが発売となった。
木村拓哉クン「Go with the flow」と香取慎吾クン「20200101」。
ボクのTwitterのタイムラインに両方のアルバムを絶賛する書込みに溢れてるので気になってた。
試しに慎吾クンのソロアルバム4曲をDLした。お、イイじゃん♪
木村さんのも聴こうと思ったが・・・残念ながら配信は無いのね(T▽T)。CD買うか〜。

という事で会社の帰りに2人のアルバムを購入しました。場所はいつものアキヨドタワレコ。
CD買ったら、店員さんが木村クンアルバム特製レシートを発行してくれた!
以前も此処でSMAPアルバム買ったら吾郎さん御誕生日祝いの特製レシートをくれた。
これをくれた時の店員さんがホント楽しそうで見てるこっちも嬉しくなった。SMAP愛されてるね♪
クリックすると元のサイズで表示します

帰宅して以来、ほぼ毎日この2枚代わる代わるに聴いてます。ざっと感想を。


○木村拓哉「Go with the flow」
木村クンのアルバムの第一印象は「待ってました!」と「HOT!」だった。
ロック&ポップ!な曲に溢れてて「王道!剛速球!」という感じのアルバム。
クリックすると元のサイズで表示します

「ONE & ONLY」の間奏のド派手なエレキギターに手を叩いて爆笑した。
「NEW START」のこれでもか!とPOPなビートに思わず身体を揺らしてしまう。
どの曲も弩が付くぐらいPOPでロックでメロディアス。ひねり全くなし(^_^;

これ・・何時のアルバムだよ?80年代のアメリカンロックのアルバムかよ?
ある意味予想通りの内容。王道!ストレート!ひねりも衒いもなし。
どの曲でも木村さん伸び伸びと歌っている。「木村だけど何か?」って感じ。
でもボク的にはコレでイイ。いや、こういうのを待ってた。
だって、これ「木村拓哉」の1stソロアルバムなんだから。
木村さんはこうで無くっちゃ。大通りを肩で風切って歩くのが似合ってる。

ボクのお気に入りの曲は「NEW START」「LeftOvers」「Your Song」「My Life」。
どの曲も知らずに口ずさんでる。
そして最後に収録された「弱い僕だから」。SMAP「ス」に収録された曲のセルフカバー。
曲提供はキヨシロー。そして今回ギターとコーラスに三宅伸治さんが参加してる。
最初聴いた時、声のあまりの若々しさに「これ、ス収録の木村さんの声をそのまま使ったの?」
と思って「ス」Verと聴き比べたらチャンと歌い直してました(゚゜)\バキ☆
この歌の木村さんの声、滅茶苦茶解放されてる!
キヨシローファンとしては三宅さんの声とギターが大々的にフューチャーされてるのがサイコーに嬉しい。

何度も聴いてるうちに感じたのは「1人」だけど「5人」ということ。
このアルバム1曲目がインストで最後キヨシロー曲がBonus Trackぽい感じで収録されてる。
SMAPのアルバムもそうだ(6枚しか聴いてないが(笑))。
必ずインストで始まり、最後5人の紹介ナンバーがBonus Trackみたいに収められてる。
木村さんのアルバム構成・・何かSMAPのアルバム構成に似てる。そう思うと熱くなった。
このアルバム・・歌ってるのは1人だけど・・でも5人なんだ。
オレはそう感じた。確かに感じた。


○香取慎吾「20200101」
続いて香取クンのソロアルバム。
一聴してのイメージは「こう来たか!」と「COOL!いやKOOL!(クールなK(笑))」だった。
クリックすると元のサイズで表示します

バラエティに富んだ木村クンのアルバムに対し香取クンのはサウンドのトーンが統一されてる。
EDM、エレクトロニカ、HIPHOPのとがったサウンドがこれでもかという程詰まってる。
ただ香取クンの声に流行のサウンドを被せました・・ではない。
香取クンはどのサウンドもチャンと歌として消化・・・いや昇華してる。
どの歌もPOPなメロディに溢れてる。
それは・・・そのまま香取クンが創るアート作品を思わせる。
斬新でアート・・でも同時に親しみやすく人懐っこい。

だからEDMやエレクトロニカを普段聴かないボクでもスンナリ聴けた。
どの曲も聴くたびに色んなオトが聴こえる。色んな発見があって楽しい。
それは・・例えば90年代のTHE BOOM「フェイスレスマン」、1昨年出た七尾旅人「Stray Dogs」。
この2枚もMIYAや七尾クンが色んなオトをぶちこみ色んな景色(いろ)を見せてくれる。
香取クンもそう。曲ごとに変幻自在。見せる風景(いろ)が変わる。
丸でオトの展覧会を歩いてる感じだ。

毎日お気に入りの曲が変わる。今は「Metoropolis」と「ビジネスはパーフェクト」にハマってる。

最後の「Future World」がまたイイ。BISHの透明感溢れる声と香取クンの声の混ざり具合が実にイイ。
アルバム聴き通して去年参加した「BOOM!BOOM!BOOM!」を思い出した。
あれはサイコーに刺激的な体験だった。このアルバムもそう。新しくて刺激に溢れてる。
クリックすると元のサイズで表示します

2人のアルバム、片方を聴いてはまた片方を繰返し聴いてる。
両方ともサウンドスタイルは違うけど・・・根底に流れるスピリッツは同じ。
オモシロいことやってステキな歌を歌って聴き手を楽しくさせるってこと。
それは・・・SMAPからそのまま続いてるスピリッツだと思う(勝手な妄想^^;)
だって2人のサウンドスタイル。木村さんのハードロック&メロウ、香取クンのダンス&ラップ。
どれもSMAP時代の得意技をそのまま使ってる。
SMAP時代に会得した武器(声、オト)を思い切り爆発させてる。
で木村さんは「ライブに騒ぎにきてください」香取クンは「ニワニワワイワイ」。
なんか・・・似てないか?思わず笑ったV(^^)

色々書いたが2人の歌の前ではオレの小賢しい感想なんぞ、どうでも良くなる。
2人とも
「こむつかしい事言わず黙って聴け!オモシロいモン(景色)見せてやるよ!」
というエネルギーが爆発してる。
ハイ、どっちも愉しく聴かせてもらってますよ♪

春先に2人ともライブをやるらしい。きっと盛上るだろう。
某ロック雑誌編集長(笑)やイベンターさんは是非この2人をロックフェスに呼んでほしい。
香取クンがサチモスやKING-NU、七尾クン、ナンバガと同じステージに立つ。
木村さんがデリコやGlim Spankey、エレカシ・スカパラと同じステージで歌う。
想像しただけでワクワクしないか?ドキドキしないか?是非実現しようぜ。
ロックだろ?自由なんだろ?
アイドルを分け隔てしたりせず忖度とか無視して、楽しいモン(景色)を沢山見ようぜ☆

SMAPの歌は解散後聴き出した。間に合わなかった。
でも・・2人のアルバムはリアルタイムで聴けた。聴いてる。
ヨモちゃん、楽しいことがまた始まるぜ。見届けような☆
クリックすると元のサイズで表示します
4

2020/1/5

ふゆやすみ  日々の泡(日記)

明日から出社。冬休みをざっと振返り。
12月30日から1月2日までは嫁@パンダの実家山形に帰省。
実家の周辺は雪で真っ白。でも嫁曰く「いつもより降ってない」そう。
この辺りの感覚は雪の無い地方に育った自分には分からない。
クリックすると元のサイズで表示します

山形に居る間はホントのんびりさせていただきました。<(_ _)>
ボクだけで無く嫁@パンダもリラックスした様子。
東京と居る時とは違う娘の顔になっている。
お義母さんがトボけた時家族が一斉にツッコんだのを見て、
普段の嫁の厳しいツッコみは血筋だと分った(T▽T)

2日の夕方東京に戻る。ドアを開けて嫁の声を聞いた瞬間ヨモちゃんが鳴いてた。
ヨシヨシ、寂しかったのかい(T▽T)
写真は山形みやげパインサイダーを匂うヨモちゃん(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

3日は浅草寺に初詣と谷中七福神巡り。
浅草寺は混雑してるかと思いきや、思った以上にスムーズにお参り出来ました。
おみくじ引いたら運勢は「半吉」。すべての項目がそこそこの結果。
オレにピッタリかも(^_^;
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

その後は電車で上野に出てそこから歩きで七福神巡り。
上野弁天宮ではペットお守りを購入。ヨモちゃんには元気に過ごして貰わねば。
お詣りすると同時に御朱印帖に御朱印をいただく。
同じ場所でも人によって御朱印の書き振りが違うのがオモシロい。
クリックすると元のサイズで表示します

ランチは谷中の「宿木カフェ」で。12月に1人で来たけど嫁とまた来たかった。
大勢の店員(猫さん)が出迎えてくれて特に灰色の猫さんは遊んでくれた。
パスタは凄く美味かったしイタリアンティーも旨し!大満足。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
帰る時、猫さんがお見送りしてくれて大感激。嫁も楽しんだ様子。
また来ようっと♪
クリックすると元のサイズで表示します

7箇所全部回れるか不安だったけど全部回れた!
6時間歩いたけど、御朱印を待って適度に休憩を取ったのが良かった。

3日は墨田区にある「たばこと塩の博物館」に行く。
旧い煙草のポスター展や和田誠さんのポスターを見る。
これも楽しかったけど個人的に来たのは常設展の「たばこの歴史」。
太古から現代までの煙草の歴史を辿ったものだけど
最後のコーナーは戦前から現代までの国内の煙草のパッケージを展示。
PEACE、ハイライト、Cherry、マイルドセブン、マイルドセブンライツ。
ボクも嫁も喫煙者では無いが愉しく見れた。
クリックすると元のサイズで表示します
亡くなった父がヘヴィースモーカーで毎日煙草を吸ってた。
ハイライト、マイルドセブンが好きだったな。
父は煙草の吸い過ぎで体を壊した。
それは彼なりに何かを抱えていて・・・煙草に逃げ込んだんだろうか?
ボクは煙草は吸わんがイヤな事があるとカーネーションやButchersを聴く。
轟音ギターが鳴る歌を聴いて酒を煽る。
ボクも音楽と酒に逃げ込んでるんだろうか・・・。
目の前に並ぶ煙草のパッケージを見て・・・父を想い出して何かツンと来た(^_^;

正月休み。ホントにのんびり過ごせました。
明日から会社。また、いつもの日常(ゴタゴタ)が始まる。
まぁそれは仕方ない。それでお金いただいてるんだし。
唯、ここ数年仕事その他がらみで負の感情を持ち続けている。
仕事のゴタゴタで自分のココロを傷つけても意味が無い。
そこは上手く逃げよう。

さ、ヨモちゃん。今年の仕事が始まるよ。
何が起こるか・・・・・ワクワクするぜ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ