2016/8/22

リクオ&ピアノ2016〜アルバム『Hello!』全曲完全弾き語りライブ@下北沢ラカーニャ  RIKUO

先々週から体調が頗る悪い。アレルギーがぶり返して咳が止まらず睡眠不足。
木曜日夜に係りつけのお医者さんから薬を貰い金曜日は思い切って休みを取った。

金曜日は1日、家で休む。土曜日は嫁と有楽町で展覧会を見た後、1人で下北沢に向かう。
毎年恒例リクオの弾語りライブをラカーニャで見るため。
今回のライブはニューアルバム「HELLO!」を全曲弾語りで聴かせると言う趣向。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
友人と落ち合って入場。咳が止まらないので、いざとなったら退場も考えて後方の席を陣取る。
クリックすると元のサイズで表示します
リクオはブルーのスーツで登場。上機嫌。
「マウンテンバイク」「ランブリングマン」「ワンダフルワールド」とノリのイイ曲で客席を温める。
その後は「HELLO!」の曲を演奏。弾き語りはバンドでの演奏とはまた違った味がある。
ヒロシや直枝さんもそうだけど同じ曲でもソロとバンドで演奏の色合いが変わるのは興味深い。
唯、前半は体調が悪かったり別の事情で一寸歌の世界に入り込めなかったのが残念。

休憩をはさんで第二部開始。リクオはプリン体(笑)を注入してノリノリ(^_^;
ジョン・レノンの「ジェラス・ガイ」の日本語coverは素晴らしかった!
新曲も披露された。語り調で歌う新曲は「小さな存在」に対する優しい視点が込められていた。
最近のブログでヘイトスピーチや障害者への差別的な発言への反対の想いを語っていたので、
もしかしたら、この曲にはリクオのそういった意志が反映されていたのかも知れない。
それは「パラダイス」の語りの部分、たこ八郎さんの「迷惑をかけてくれてありがとう!」
をシャウトした部分にも感じた。
後半「あれから」「ハッピーデイズ」「アイノウタ」と「寛容、やさしさ」を描いた歌が続く。
その真っすぐとした意志が届いてくる。そういえばリクオって怒りや攻撃的な歌が無いな。
もしかしたら彼は「やさしさ、愛」が最終的には「怒り、憎しみ」を超える。
それを信じているのかも知れない。それはアンコールラスト「LOOK BACK!」にも感じた。
クリックすると元のサイズで表示します

この夏は選挙、オリンピック、SMAP解散報道と色んなことがあった。
いや、選挙以外はボクはTV見てただけですけど、それでも色々ココロが揺れた。
リクオのライブに参加したおかげで、その揺れが少し落ち着いたかも。行って良かったな。

リオ五輪は昨日で終了。これだけオリンピックに熱中したのは初めて。
過去は興味ある競技だけサラっと見て終わったのに。我ながら意外だ(^_^;
東京オリンピック開催は未だ反対だけど、いざ開催されたら毎日熱中して見るのかな?
それも何だかなぁ。

夏休みは一応終わり。来週もう1度取るけど。分散して取ったので何だか休んだ気がしない。
でも家でヨモちゃんと遊んだのでノンビリできたかも。
ヨモちゃん、「カワイイ選手権」に出場したらぶっちぎりで一番だね。(゚゜)\バキ☆。(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ