2016/11/23

映画「この世界の片隅に」と酉の市  Art・本・映画

昨日は東北で大きな地震があった。仙台在住の友人は無事で一安心。
でも今回津波があったことで5年前を思い出した方も多いと思う。十分なココロのケアを望む。

昨日は仕事帰りに映画「この世界の片隅に」を観に行った。
原作ファンでアニメ映画化については楽しみにしていたが、一方で中盤まで日常生活を
淡々と描くこの作品が果たして映画として成立するのか懸念もあった。
杞憂でした。美しい絵、リアルな風景描写、音楽、音、演出、台詞。
原作を大切にしながらアニメならの演出が素晴らしい。
全てが完璧でした。原作ファンも納得!いや天晴の出来でした!
クリックすると元のサイズで表示します
主役すずの声は「のん(ex能年玲奈)」が担当。この声の演技が素晴らしい、いや壮絶だった。
あれ・・演技か?正に「すず」がそこに居た。第一声を聴いた瞬間、そう感じた。
少女から大人への変化、様々な感情の揺れ。全編すずが笑い泣き叫んでいた。
後半のすずの慟哭・・・あれには震えた。

場内には様々な年齢層のお客さんが居た。
すずが悲惨な目に合うシーンでは啜り泣きがあちこちから聞こえた。
オレも泣いたけど(笑)・・ただ「泣ける映画・感動する映画」とは絶対違うと思う。
原作でもそうだが、映画でもしつこく「日常生活」を描く。

すずも家族も悲惨な目に合い、戦争で大切な物を喪われても、
米を炊き、食事をし、おかずのメニューに工夫をこらし冗談を言って笑う。
「日常をチャンと生きる大切さ・素晴らしさ」を訴えてる・・そんなレベルじゃない。
何があっても、すずの「フツー」は揺るがない。その「フツー」に畏怖を憶えた。
静かで穏やかな映画だけど・・同時に素晴らしくロックでパンクな映画だった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ウン・・イイ映画だった。オレも自分(テメェ)の「フツー」を守ろう。
世の中がどう変わろうと、テメエのフツーが世間とズレていようと。

今日は祝日。嫁@パンダと毎年恒例「酉の市」に行ってきました。
早朝に行ったのでお客さんも疎ら、未だ開いてないお店も多い。
クリックすると元のサイズで表示します
去年と同じ店で熊手を購入。お蔭で今年は一家大きな大過なく過ごせた。
ヨモちゃん用の小さな猫の熊手も購入。
帰宅して、熊手を見たらヨモちゃん興味津々(^_^;
猫の熊手に覆いかぶさってる影は誰のだ?(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

大過無くって書いたけど身体にミョーな症状が出てる。
痛みは無いけど見かけが少し不気味かも(T▽T)
元春のクリスマスLIVEのチケットも取れなかったし、年末に掛けて邪気が出てきたか?
ま、多少の邪気は仕方ない。そんなの生きる上でのアクセサリーだ。
死ぬほど楽しい毎日なんて真っ平ゴメンだ。それこそがオレの「フツー」だ。
ヨモちゃん、ウチは愉しいね☆これからの1年も笑って暮らそうな♪
クリックすると元のサイズで表示します

(イケメンです♪)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ