2017/3/27

オリマコト&阿部耕作 presents「ターミナル集会」  オトの記憶(CD、ライブ)

先週末は上司に来年度の仕事の体制について要望を出したが諸事情により見送り(笑)
うーん、チョッと残念だけど一方でホッとした部分もかなり有る。
まだ暫くは1人での仕事は続きそうだ。
ま、その方が気楽で良いけどね。下手に組織になると色々「守り」に入って濁り出すし。

日曜日夜は恒例、阿部Qちゃん耕作クン主催の即興イベントに参加。
今回は同じく元コレクターズのベーシスト小里誠と共同プレゼンツで開催。
会場は、いつもの高円寺Showboatと違って下北沢club que。

◎オリマコト&阿部耕作 presents「ターミナル集会」
クリックすると元のサイズで表示します
2人の共演は3年ぶり。つまり小里クンのコレ脱退以来。
小里クンが脱退して丁度3年。Qちゃんが脱退して1年。
先ずは2人だけでゲストを交えずフリーセッション。
お互い目を合わさず鋭いリズムを叩き出す。
小里クンのうねるベースライン。ワイルドなQちゃんのドラミング。
脱退後の2人の活動を熱心にフォローしてないけど、この日のオトを聴いて安心した。
2人ともチャンと前に進んでいる。自分の武器(オト)に磨きを掛けているって。

そこからは豪華ゲストを入れて洋邦cover&インストフリーセッション大会。
ギターは佐藤タイジ、松江潤、中森泰弘。Key奥野真哉、
Per&ホーン西岡ヒデロ―という錚々たる顔ぶれ。

タイジの「TIGHTEN UP」「パープルレイン」、QちゃんZEPP、小里クンのトーキングヘッズ、
中森さんプラスチックス、奥野YMO「京城音楽」(多分)と濃い選曲。
当然どの曲もオリジナルとは異なるアレンジ。3本のギターが喧しく鳴り響く。
中森さんがあんなハードなギターを弾くとは意外だった。
松江クンはカネのサポートの時同様、ハードでサイケなギターを聴かせてくれて大満足。
そして、何より小里クンとQちゃんがホントに楽しそうだった。

ラストはタイジがメインの「Come Together」!
終わった後、タイジは「このメンバーでまたやろうよ。色んなバンドと対バンしようよ」
とQちゃんを煽っていた。Qちゃんは笑って頷いてた。小里クンも「またやろうね」と言ってた。
クリックすると元のサイズで表示します
ホントに楽しかった。コレとはまた違う音楽世界。でも、これはこれでイイ。
コレは武道館ライブを成功、そして小里クンもQちゃんもそれぞれの道をしっかり歩いてる。
いつか・・・このメンバーでジョイントライブとかしてほしいな。そんな日が来る事を願っている。
そして「小里クン+Qちゃん」のリズムがオレにはやっぱり心地イイ。
また、いつか、この2人の共演を見てみたい。

ライブでたっぷり踊ったせいか、昨日の定期検査は数値が良くなってた。(゚゜)\バキ☆
さぁ今週でいよいよ年度末、来週から新年度だ。
1人だけどガンガン行くぜ☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ