2017/7/27

サヨナラを祝うウタ〜山口洋「Your Song」@吉祥寺StarPinesCafeレポ  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

クリックすると元のサイズで表示します

自分がリクエストした曲・・「Alone Together」が鳴ったとき、体が温かくなった。
「熱くなった」でも「震える」でも無い。唯、自分の中にある血の体温が上がった。
そして、何故か・・ココロの中で何度も「ゴメン」と呟いてた。
何かに・・・誰かに・・・何度も謝っていた。 

山口洋。ファンのリクエスト曲によるライブ東京公演。
クリックすると元のサイズで表示します
いきなり「夏」から始まるレア曲満載。ライブで初めて聴く、
ヒロシが「誰もニューアルバムからリクエストしないからオレが自分でリクエストする!」
と言って歌った「Blind Pilot」がトンでも無く自由で素晴らしかった。

「マイノリティであることを恥じることは無い」と高らかに謳いあげたこのナンバー。
これはボクの勝手な「こじつけ」だが、今週、あの横浜の悲しい事件から1年を迎えた。
ヒロシは別に意識していないが、このタイミングで、この歌が歌われることに意義を感じた。

ここからはレア曲満載。ボクが持ってないインディーズ時代の曲も演奏される。
選ばれるのは、どっちかというと暗い、地味な曲ばかり。
でもファンは実はこういうのが好きだったりするんだ。
ボクはこの10年位でヒロシにハマった。初期の曲は全然知らない。
その意味で、ヒロシの曲が若い頃の思い出と重なっている人を羨ましく思った。
でも、20代、30代のオレにはヒロシの良さは多分わかんなかっただろう(笑)

ボクがリクエストした「Alone Together」は、前半の4曲目に歌われた!
ヒロシは曲の成り立ちを説明し、そして「AloneとTogetherは同じなんだ」と話した。
この話を聴けたのは嬉しかった。
そしてこの曲が鳴ったとき・・・感無量だった。やっと・・・やっと聴けた。
なんとも不思議な感じだった。
謝りたいような感謝したいような・・・ヒロシのギターのオトと話し包まれているような。
そして・・想った。
嗚呼、もしかしてオレ、笑って祝福できるかも知れない。なれるかな?なれるとイイな。
アイルランド・ドニゴールの人々の様に。

後半はもうレア曲満載!オレ知らない曲が殆ど。
矢井田さんへの提供曲とか、ヤポネシアンの曲とか。皆さん良くチェックしてるなぁ。
あまりのコアさにヒロシも苦笑。
しかも、リクエストの理由が・・・また重い(T▽T)
ボクみたいに逢えなくなった人、亡くなった人への想いを綴ったものから、
サイテーの状態にあった時を振り返ったもの。
ヒロシ「もっと明るい理由は無いのかい!」と苦笑しつつ、自分も想い出話をする。
(差し障りが多いのでヒロシの話は書きませんが(^_^;)

この辺りヒロシは笑い話にしてたが、昔の曲を歌うというのは過去の自分に対峙するってこと。
それって、どうなんだろう?
若い未熟な時代。世に出たばかりで不慣れな事ばかりで世間とも折り合いがつかない。
そんな時代の作品に作り手も聴き手も向かい合う。
オレは10代や20代の自分なんかに、絶対会いたくない!
自分の狭い世界に引きこもってるくせに世の中分かった積りで世界を斜めに見てディスって。
嗚呼、サイテーだ。もし、現在(いま)会ったら絶対ぶん殴る。抹殺する。

ヒロシは「裏腹」を歌いながら「酷い歌詞だな」と笑ってた。
ファンの方は苦しいことや辛いことを歌に託していた。
でも・・未熟な若い時代やその悲しいこと、苦しいことがあったから現在(いま)があるんだよな?
だとしたら・・・「毎日決戦」のあの時代(とき)も必要だったムダじゃなかったのかも知れない。

本編最後の「馬車は走る」、アンコールラストの「満月の夕」はホント素晴らしかった。
どちらも「懐かしい振り返り曲」では無く「現在(いま)、ここで闘う歌」だった。
苦い現実に向かう歌だけど、ヒロシは満面の笑顔で歌いギターを鳴らしていた。
そう、悲しい歌でも笑えるんだ。笑ってイイんだよ。
クリックすると元のサイズで表示します
終わった後、なんか凄く満たされていた。
普段のHWのライブとは違う感じ。
リクエストした曲を目の前で歌って貰えたことで認められた?むくわれた?赦された感じ。
ヒロシ、ありがとう。アンタの歌を聴いててよかったよ。唯、感謝☆

ライブからの帰り。「Alone Together」や「Girlfriend」「フールとクール」を
聴きながら歩いた。泣きそうになり声が漏れていた。
まだ・・祝えないかな?まぁ、ゆっくりと行くさ。この歌たちと共に。

前言撤回。若いときのオレはサイテーだった。
でも、そのサイテーのオレが居たから、現在ヒロシの歌の良さを感じれるんだ。
大切なヒトを笑って送るための大切な歌に出逢えたんだ。
サイテーだったオレを認めてやろう。赦してやろう。
だから、もし現在(いま)のオレが昔のオレに逢ったら・・・ナデナデしてやろう。
オマエ、サイテーだな。でも、それでイイんだよ。
そして、憎しみこめて・・・サヨナラだ。V(^^)

ヨモちゃん、サヨナラするのも悪くないね。なんか気分イイよ。カンパイしよう☆
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ