2018/2/26

元春「Maniju」ツアー@仙台GIGS  佐野元春

仙台GIGSは昨年出来た新しいハコ。
この地区は以前田園地区だったが津波の被害を受け、
復興を通して地下鉄が出来、ライブハウスも出来た。
仙台の姉(笑)と一緒に入場。別の友人とも落合う。
ボクの席は4列目。友人たちは別の列。
でも知人が一緒の空間に居る・・それは心強い。

クリックすると元のサイズで表示します
元春&COYOTEは1曲目から飛ばす。
この若林区で元春を見てる。1曲目「境界線」で既に感無量(^_^:
仙台のお客さんのノリはサイコーに素晴らしい。
ボクの席からは元春の表情、アクションも良く見える。
今回は東京初日と違ってアッキーも参加。COYOTEBAND完全形。

ボクの横の男衆の歌声が元春の声に重なって気になる。
声を下げて貰う様にお願いしようかと思ったが・・止めた。
地元の人が気持ちよく見てるのを余所者が邪魔しちゃ野暮だ。
寧ろLIVEを盛上げてくれる人と思うと楽しめる。
COYOTE曲で初めてライブで演奏されたR&Rにはグッと来た。
そして・・「紅い月」。絶望を歌った歌。元春が歌うと絶望の歌でも残酷な景色でも優しい。
不吉な光でも光は光だ。真っ暗闇よりはマシだ。


休憩。別の席に居る友人と談笑。女子は何故かKyOnさん話で盛上る(T▽T)
クリックすると元のサイズで表示します

第2部。アルバム「Maniju」の曲を中心に。
元春はNewアルバムが出来た事、それをファンの前で演奏できることが本当に嬉しそうだった。
「純愛(すみれ)」を演奏した時の客席のビビッドな反応に元春は一瞬ビックリして・
その後、満面の笑顔になった。ファンが新曲を喜んでるのが嬉しい様だ。
そして、「Zooey」からの演奏。ここで元春が東北について話す。
GIGSは東北復興の象徴の様なハコ。皆さんが頑張って作ったこの場でLIVEが出来て嬉しい。
そんな皆さんにこの曲を送ります・・と言って始まった「La Vita e Bella」!!

元春の・・東北に対する優しい労りを聴いたとき、オレは思わず泣いた。
東北人でも無い余所者のオレが・・・
「La Vita e Bella」の歌詞に描かれた光景にいつもオレは東北を重ねていた。
この曲を聴くと、必ず破壊された海岸を思い出した。
その曲を東北への想いを込めて元春が歌ってる・・・・・・何も言えん。

更に元春メンバー紹介で深沼クンの事、「海水浴場じゃないよ」
と言って笑ってた。一瞬何の事か分からずポカン。
後で友人に言われて「深沼海岸」に引っ掛けたと気づいた!
オレいつも行ってる海岸じゃん。ダメじゃん気づかなくちゃ。
でも元春、何故この海岸の事知ってるんだろう?
もしかして・・行った事がある?
クリックすると元のサイズで表示します

アンコール。仙台名物「さ〜のチャチャチャ」が聴けて満足。
「約束の橋」。「いままでの君はまちがいじゃない」の下りを客席は歌う。
いつもオレは此処で声が出なくなる。マチガイばかり重ねてきた自分。
そのオレが「まちがいじゃない」を歌うのはおこがましい。
でも、今日は歌いたかった。大声で。仙台を想って。
オレは間違っても東北は仙台は友人は絶対間違ってない!

最後はロックンロール2連発で終了。満足。
友人も笑顔、ウン、この素晴らしい仙台の夜!だった。


ライブの後は市内に出て友人と呑み会。
この友人たちとは20年近く前、元春を通じて知合った。
当時の想い出話や一緒に見たライブを思い出して談笑。
オレは・・・普段昔話はしない。子供の頃、学生の頃の記憶は・・殆ど無いし、
20代、30代の頃の話なんて思い出したくも無い。
でも、この人たちと話す昔話・想い出話は愉しかった。
この20年の間に元春の音楽を通じて色んな想い出が出来た。
楽しく幸せな、そして悲しくても忘れたくない想い出が。
それが、それこそがオレにとっての「いつか」なんだろう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

たっぷり呑んで話して・・再会を誓って笑顔で別れた。
別れはいつも寂しいものだが、この日はそれを感じなかった。
絶対また逢うから。逢えるから。

深夜バスで早朝に帰宅。ヨモちゃんが甘えてくれた。
月曜日から仕事が始まってもボンヤリ・フヌケ状態。
「La Vita è Bella 」と「約束の橋」を聴いてはグズグズ泣いてます(^_^:

仙台で見たこと、仙台の夜・・・絶対忘れない。
そして、また行くよ。また逢おう。絶対に、だ☆
クリックすると元のサイズで表示します
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ