2020/9/21

「土曜ソリトンSIDE-B 坂本龍一スペシャル」再放送  Art・本・映画

先週の土曜日NHKで「ソリトンサイドB」の再放送があった。
95年にNHK教育TVで1年間放送されたカルチャー番組。司会は高野寛と緒川たまき。
放送されたのは坂本龍一登場の会。
再放送についてTwitterでは大盛り上がり。高野クンが自分のブログに早速感想をUPしてる。
https://note.com/takano_hiroshi/n/n4a98fb242af5

ボクも放送当時、この番組を好きで見てた。
お笑いやヒップホップ、演劇、自主映画など普段自分が触れないカルチャーに触れて楽しかった。
司会2人の拙い進行ぶり(笑)、時々暴走する緒川さんの姿も愉しかったし、
最後高野クンが色んな歌を弾語りライブしてくれるのも良かった。

今回の再放送坂本教授スペシャルも楽しく見れました。
教授も高野クンも若い!(当時、教授40代、高野クンは30歳になったばかり)。
「若い芽は早目に潰すに限る」の教授の発言は現在(いま)聴いても笑える(^_^;
最後の共演コーナーは高野クンの歌「夢の中で会えるでしょう」(教授プロデュース)。
この歌聴いてると・・・なんだか切なくなった。
この曲とソリトンのオープニング曲「Starting Over、All Over」を聴くと何故か切なくなる。
ボクはこの時期は高野クンの歌から離れていたので、想い出の曲と言うワケじゃない。
なのに・・懐かしくなるというかノスタルジーを感じてしまう。

それは、きっとこの「ソリトンB」がボクの精神構造に多大なる影響を与えたからだと思う。
メジャー王道のカルチャーとは違う文化の楽しさ、ユルいモノのオモシロさ
そういうモノをこの番組から学んだ。
それまではメジャーな物ばかり聴いてた自分の物の視方をこの番組が変えてくれた。
現在の自分がカーネーション、七尾旅人、寺尾紗穂、ハンバートハンバートを聴くのは
多分自分の中にある「B面的感性」を刺激するから。
それはSMAP、星野源もそう。
メジャーでも何処かズレてる、外れてる。POPだけどひねくれてる。
POPだけど独特の個性を持ってる。そういうアーティストが好き。
30代後半から、そういうアーティストを探し求め好きになった気がする。
その過程で、高野クンの音楽とも再会した。

時代が流れて、B面的カルチャーは世の中に溢れてる。
初めてチャットモンチーを聴いた時、こういうのが売れるんだとビックリした。
現在ヒットを飛ばしてるKing-Gru、米津玄師も王道ポップス!って感じじゃない。
こういうB面的カルチャーが大衆的になったこと、それはとても良いことだと思う。

高野クンは去年ライブハウスで色んなゲストを招いてトークイベントを開催した。
その1回目は緒川たまき。残念ながら実際に見れなかったがその後、イベント内容を
まとめた本が出たので楽しく読んだ。

あの番組を楽しく見てた頃の感性をオレは維持できてるだろうか?
齢とって益々ねじくれ、ひねくれ、歪んでしまった気もする(^_^;
でも、そうやってフィッシュマンズやbutchersや木皿泉のオモシロさも分る様になった。
SMAPや星野源の素晴らしさも感じる様になった。
それはきっと良かったんだろう。
逆にメジャーな物、王道からはすっかり離れてしまったが(^_^;

ねじれてるって楽しい、ひねくれてるってオモシロい。な、ヨモちゃん♬

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ