2021/3/18

ノスタルジー、センチメンタル&解放〜ヤァ40年目の武道館・佐野元春  佐野元春

元春40周年記念ライブ@武道館。開催のニュースを聴いたとき心が躍った。
早速チケットを手配し無事ゲット。何たってタイトルがイイ。「ヤァ!」が元春らしい(笑)

ただ、直前になって嫁@パンダが行けなくなった。残念だけど仕方ない。
Twitterで募集したら無事引き取っていただきました。感謝☆
当日は豪雨。元春=晴れ男のイメージあるけど何気に雨天が多い様な(^_^;
朝、お線香を上げて逢えなくなったMOTO友さんたちに話しかけた。
今日は記念ライブ。オレと一緒に観ましょう(オレと一緒は嫌かも^^;)

武道館に到着しTシャツ交換。MOTO友さんと談笑。皆さん元気そうで何より。
チケット受渡も無事終了し、いよいよ入場。
席はアリーナ7列目という好席!アッキー&KyOnさん側。
今日のライブはコロナ対策でマスク着用&声出し禁止。
だけど、元春のライブで歌わない自信は無いぞ(笑)
客電が落ちて・・メンバー登場。全員黒の衣装。元春も登場。
クリックすると元のサイズで表示します

スタート曲は「ジュジュ」。「境界線」と思ってたので意外。
COYOTE+KyOnさん、拓ちゃん、西村浩二、スパムの最強最高の布陣。
バンドのオトが鳴った瞬間、「オレは帰ってきた!」と思った。
ソリッドだけど温かい。聴いた瞬間、笑顔になった。
やっぱり、オレのHOMEは此処だ。元春のライブだ。

前半はハートランドクラシックスが続く。どれも好きな曲ばかり。
元春が都度「知っていたら歌ってほしい・・・ココロの中で」と言うのには笑った。
これ一緒に歌えないって・・・ハッキリ言って拷問です(T▽T)
アッキーのミョーなアクションに思わず声出して、笑い出しそうになって困った(T▽T)

旧い曲が演奏されたが元春のシャープな声とアクション、バンドの素晴らしい演奏で
決して「懐メロ」にはならない。でも・・オレは何か矢鱈昔を思い出してたな。
「Rainbow In My Soul」では元春もお客さんも指を虹の形にして振った。
初めて見た元春のライブ「Land Ho!」でもこの歌が歌われて皆でこのアクションしたな。

ずっとハートランドクラシックスだったけど途中で「愛は分母」「合言葉」が歌われた。
「合言葉」の説明で「このンデミックの中で作った曲」
と元春が「パ」を強調して発音してたのに笑った(T▽T)
「夢を節約しよう」の歌詞が素晴らしい。こういう表現を歌に出来る元春はやっぱり凄い。

その後、前半の個人的クライマックスが来た!
ビートが強くなった「ヤァ!ソウルボーイ」に続いてはなんと「ロックンロールナイト」!
演るとは思ってたが、こんな早く歌うことに吃驚。
元春の空の果てまで伸びるような力強いシャウトを聴きながら色々思った。


 ゴールデンリングは瓦礫の中にあるんだ。泥塗れ血塗れになって掴まないとダメなのかな?
 たどりつきたい・・か。たどりつきたい場所って何処だ?何だ?
 オレは・・別に行きたい場所はない。目指す場所(夢、理想)は無い。
 たどりつきたい場所は無いけど毎日無事、家に帰りたい。それだけでイイのかな?

続いて「ヤングフォーエバー」!KyOnさんがギターを鳴らし前に出てくる!
KyOnさんのギターが好きな自分には盛り上るシーン。でも、この曲・・ダメだった。
逢えなくなった友人に手紙を描く歌。今日ここに居ない、逢えなくなった友を想った。
ヤバい、涙が出てきて止まらないぞ。ステージが真っすぐ見れない。
でも、KyOnさんに子犬の様にじゃれるアッキーの姿はチャンと見たよ(T▽T)

この3曲はいずれも「友を想う」歌。見ながら、MOTO友さんと過ごした20年を想った。
20年前までは元春のライブは1人で見てた。
でも20年前の元春武道館で多くのMOTO友さんと出逢い、何人かと交流がはじまった。
20年前から元春のライブはMOTO友さんと見てる。同じハコに友がいる。
そして・・横には嫁@パンダがいる(この日は居ないけど^^;)。
普段、元春のライブを見て「昔」を想い出すは・・ない。
でも、この日は矢鱈「昔」を想い出してた。
それは想い出せる「昔、想い出」がオレにできたってことだ。それサイコーじゃね?
「ノスタルジーとセンチメンタル」は・・あまり好きじゃないが、
この日は自分に許そうと思った。元春のライブだし40周年だし(^_^;
クリックすると元のサイズで表示します

後半はCOYOTE曲連発!
「禅ビート」後半のフカヌーとアッキーのギターソロに熱くなる。ウ〜声出したい。
「バイ・ザ・シー」でKyOnさんが指揮者風のアクションをしたのには笑った。
「東京スカイライン」のオトの解放感に魅入られた。
そしてゾーイ話から「エンタテイメント!」も良かった。
この曲の歌詞は結構辛らつ。
でもコロナ下の世界の空気に「おじけづく」ボクみたいな人間にも寄添ってくれる。
それはCOYOTEの他の曲もそう。どの曲も決して明るくない。シリアスでくすんでいる。
旧い曲でもコロナ下の現在をチャンと映し出してる。
だからと言って聴いてて憂鬱な気分にはならない。
元春とCOYOTE、KyOnさんのゴキゲンな演奏に笑って踊れる。
「エンタテインメント!」のゾーイ話とその後の演奏には解放された。

そして最後のハートランド4連発!
「New Age」の「雨に向かって歩いてゆく」の元春アクションに声出したい!
「悲しきレイディオ」演る?これ声出して歌えないって何のプレイだ(T▽T)
「ムード盛上れば〜」思わず声出しそうになって手で口を抑えた!
「サムデイ」「アンジェリーナ」はもうひたすら拍手した。
この2曲、歌わないで聴くと改めて「良い曲」だと想った。
元春は40年・・・ひたすら良い曲描いてファンと向き合ってきたんだな。そう想った。

ここで一旦締め。メンバー全員が去った後、元春は客席に向かって手を振る。
初めて、1階や2階を見た。皆さん立ち上がって拍手拍手。
顔は見えないけど、きっと満面の笑顔なんだろう。絶景だ〜。

アンコールは「約束の橋」。間奏で元春がハープを鳴らすのが嬉しい。
自分に向かって「いままでの君はまちがいじゃない」と胸を張っては言えない。
マチガイだらけの人生だったし現在も懲りずにマチガイを繰返してる(^^;
でも、元春の歌を好きになった、元春を追いかけてきた自分に対しては、
「オマエはまちがってない」と胸を張って言えるv(^^)

アンコール終了後、元春は「音楽とライブは自分にとっては無くてはならないモノ」
と話した。そのメッセージに客席からは温かい拍手が湧き起った。良いシーンだった。
最後スクリーンに「Happy Birthday!MOTO」のお祝いが色んな国の言葉で映された。
元春はそれを見てビックリして・・その後、満面の笑顔になった。
サイコーの笑顔だ。毎回ライブで元春のゴキゲンな笑顔を観ると解放される。
ハッピーバースデーを声出して歌えなかったのは残念だけど、
あの笑顔を観れただけで満足だった。

クリックすると元のサイズで表示します

ライブ後は規制退場。外に出ると雨は上がって晴れてた(^^;
看板の前のMOTO友さんと落ち合って談笑。
いつも思うけど元春のライブが終わった後、MOTO友さんの満面の笑顔を
観るのはホントに楽しい。この瞬間がホントにハッピー♬
ある意味、この時間はオレにとって「いつか」なのかも知れない。
クリックすると元のサイズで表示します

ホントはライブの後は打上げ呑み会!と行きたいけどコロナ下ではそうはいかない。
大体、もうお店も締まってるし。そのまま駅に向かって解散。
コロナが明けたらまた集まって痛飲しましょうねV(^^)

ボクはゴキゲンな気持ちで帰宅。
嫁にお土産の元春Tシャツ(曲名入り!)とキーホルダーを渡すと
嫁@パンダは少し嬉しそうだったV(^^)
クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしいライブだった。でも、もっとライブで聴きたかった曲がある。
「コヨーテ、海へ」「黄金色の天使」は聴きたかったな。
「世界は慈悲を待っている」「星の下 道の上」も演奏されなかった。
「ヤングブラッズ」も「ソーヤング」も演奏されてないぞ。
元春もしかして大阪城ホールはセットリスト変えるとか?\(T▽T)/
ま、それはそれでイイ。
29曲3時間、元春とCOYOTEグランドロッケストラの素晴らしい歌と演奏、
十分満足だ。
そして・・・このライブ逢えなくなったMOTO友さんもきっと来てたはずだ。
だから・・・あの日、あんなに色々想い出したんだろう。
振返るのも偶にはイイよね?想い出を自分に贈っても悪くないよね?
元春のおたんじょうびなのに、色々なモノを贈って貰った。
ありがとね元春☆

↓そして最後に、ヨモちゃんから元春に「おめでとう!」のメッセージ🎵🎵
クリックすると元のサイズで表示します


(セットリスト)
1. ジュジュ、2. ナポレオンフィッシュと泳ぐ日、3. 新しい航海、
4. レインガール、5. ダウンタウン・ボーイ、6. Raiwbow In My Soul、
7. ハートビート、8. ワイルド・ハーツ – 冒険者たち、9. 愛が分母、
10. 合言葉 - Save It for a Sunny Day、11. ヤァ! ソウルボーイ、
12. ロックンロール・ナイト、13. ヤング・フォーエバー、
14. 朽ちたスズラン、15. 禅ビート、16. ポーラスタア、
17. バイ・ザ・シー、18. 東京スカイライン、
19. La Vita è Bella、20. エンタテイメント!、21. 純恋(すみれ)、
22. 誰かの神、23. 空港待合室、24. 優しい闇、
25. ニュー・エイジ、26. 悲しきレイディオ、
27. SOMEDAY、28. アンジェリーナ
(アンコール)
29. 約束の橋〜HAPPY BIRTHDAY!MOTO
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ