何がしたいの?あなたは 鈴木祥子「何がしたいの?」 パーティルームのドアを開けると眩しい光が目に飛込んできた。 ステージ上で新薬開発リーダーの大友…" /> No Way,No Place & My Home13「何がしたいの?」 | SNAPSHOTS

2007/12/27

No Way,No Place & My Home13「何がしたいの?」  ショートストーリー

何がしたいの?あなたは
鈴木祥子「何がしたいの?」

パーティルームのドアを開けると眩しい光が目に飛込んできた。
ステージ上で新薬開発リーダーの大友が社長から表彰を受けている。
社長が何か言う度拍手が起こる。大友は居心地悪そうに御辞儀した。

5年前に発生し広がった朽木病。「原因不明、不治の病」と言われた。
しかし我が社の長年の研究が実り遂に治療薬の開発にこぎ着けた。
新薬は効果絶大で多くの患者を救った。
開発チームのリーダー大友はこの成功を受けて社長表彰の運びとなった。
大友がようやく解放されて降りてきた。立て続けに握手を求められる。皆興奮してる。
「茂木・・遅いぞ」「スマン、おめでとう」「なあ」「ウン?」「ウチに来ないか?」

都内の大友のマンション。大友が結婚してから来るのは初めてだ。
僕も大友のコップにビールを注いでやる。「改めて乾杯」大友は肩をすくめた。
「ミズキさんは?寝たの?」「うん」「それにしても凄いな。同期の自慢だよ」
「下らない」「え?」「下らないと言った」「何が?凄いじゃないか?」
「俺は表彰なんてされる資格は無い・・無いんだ。」大友は大きく息をついた。

「朽木病の治療薬の開発を任せるって言われた時は燃えたさ。こんな大きなプロジェクト
を任せられるのは初めてだし何より成功したら凄いことだしな」僕は頷いた。
「人も資金も設備も使い放題。5年間オレはこの研究に没頭した。これしか頭になかった。」
そうだ大友はこの研究に熱中してた。大友は自嘲気味に笑った。
「それこそ2ヶ月会社に泊込みなんて当たり前だった。倒れた部下も10人は下らない。
でも、その甲斐あって研究は進んだ。そして朽木病の正体が分ったんだ」「え?」
「皆、朽木病を風土病と思ってるがそれは大きな勘違いだ。」「何だと言うんだ?」
「公害さ・・」大友はビールをグイと飲んだ。僕は言葉を失った。
「調査を進めて分ったんだ。朽木病が集中的に発生している山梨県の山の中にウチの
親会社の化学工場がある。そこから汚染物質が漏れて土や水を汚したのが原因だ」
「政府出資でヤバイ研究をしてたらしい。当然そんなことは公表出来ない。だから子会社
のウチで早いトコ治療薬を開発しようと焦ってたんだよ」「驚いたね、要するにオレ達は
親会社のミスの尻拭い。ハッキリ言えば、グループ総帥。社長の親父の名誉を守る為研究
してた訳だ。」「それでどうした?」「どうもこうも無いさ。云われた通り研究するだけさ。オレたちの仕事は薬の開発だ。」「でもイイのか?不正だろ?」大友は僕を見て笑った。
「皆そう云ったよ。こんな不正許すべきじゃない、公表すべきだって」「俺は皆の意見を
まとめて社長に公表する様に迫った。そして」「そして?」「懐柔された」

「こんな事バレたら社員は皆路頭に迷う。君にそんな責任を負えるのか?って云われて説得
されたよ。簡単なモンだ」大友は笑った。「イヤ違うな。オレ自身が公表したくなかったんだ。」「何?」「もし公表したら、この研究を止めなくちゃイケナイ。こんな大きな研究滅多に出来ない。このチャンスを失いたくなかった。だから社長の説得を受容れて部下に指示して口止めをした。」「部下は呆れて皆辞めていったよ。当然だろう。」
大友はビールをグイと飲み干した。
「結局新薬の開発に成功し大勢の患者を救った。不正の事実は何時か有耶無耶になった。
 オレは不正を黙っている代わりに社長表彰を受けられることになった。」
「ミズキさんはどう言っている」「ミズキは出て行ったよ」「何?」

「研究に没頭してオレは殆どウチに帰ってなかった。ミズキに電話もしなかった。ある日、
2ヶ月ぶりにウチに帰ったらミズキはボンヤリ座ってた。」「ただいまって言ったらアイツ
はオレを見ていらっしゃいませって言った」「・・・」
「気付くべきだった。あの時ミズキの変化に。なのにオレは仕事で頭が一杯で
気づかなかった。」「やっと仕事の目処が着いてまた3ヵ月振りに帰宅したら
ミズキがまたボンヤリ座ってた。オレが話し掛けるとアイツ何て言ったと思う?」
「さぁ?」「どなたですか?って」「・・・!」
「アイツ、ずっと一人でオレを待ってて寂しさで神経が参ってしまったんだ。
翌日医者に連れて行こうと思った。でも目が醒めたらミズキはいなかった。」
「しばらくして親御さんから離婚届が届いたよ」大友は目を伏せた。

「なぁ茂木」「ウン?」「オレは何やってたんだろうな」「−」「オレは正直、この5年間、
ただこのことだけに賭けてきたよ。自分でも呆れるほど夢中だった。」「−」
「それこそ我を忘れて打ち込んでた。このプロジェクトの成功の為なら何を犠牲にしても
イイと思ってた。実際いろんなことを犠牲にした。部下を何人も失い、信頼を裏切りミズキ
を失い・・」「−」「確かに新薬の開発には成功した。大勢の患者を救ったかも知れない。
でも部下に見捨てられてミズキからも見放されて・・ホントいっぱいなくしたよ」
「ホントにいっぱいなくした。何もかもなくしてしまった。確かに成功したけどオレが
得たものは・・そこまでして手に入れる価値がホントにあったのか?」「−」
「なあ教えてくれ、オレはこれからどうすればイインだ?」僕は答える事が出来なかった。
「どうしてイイか、もうわからないンだよ。何をしていいかね。」大友は力なく笑った。
「本当にオレはもうー。−ワカンナインだよ。」「−」

1週間して新聞に親会社の公害をすっぱ抜いた記事が出た。内部関係者の告発だと言う。
会社に駆けつけると大友がいた。「これオマエがやったのか?」「ああ」大友は笑った。
「スマン、皆に迷惑かけるな」「イヤ、そんなのイイけど」「会社を辞める事にした」
「そうか」「ミズキが長野の治療所にいるって分った。」「行くのか?」「行く」
「何も出来ないかも知れないが、そばにいようと思う。今度はずっとそばに」「そうか」
「オレがアイツの笑顔を奪ったんだ。だから今度はアイツの笑顔を取戻してやらないとな」
「それがオレのやりたいことだ。やらなくちゃイケナイことなんだ」大友は笑った。
「元気でな」「ああ、落ち着いたら手紙書くよ」大友は手を振って歩き出した。
途中で振り向くと大きくガッツポーズをして笑った。
そして顔をあげて歩き出すと、もう2度と振り返ることはなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ