2010/9/29

オンガクを考える  オトの記憶(CD、ライブ)

高野寛がツィッターでつぶやいてた。
最近の若者の中にはCDを1枚も持ってない人が居るそう。
オンガクは皆「配信」で聴くらしい。

シンガー安藤裕子が自分の日記でパッケージの衰退について危機感を綴ってた。
7月17日の日記「牙の行方」。ぜひ読んで欲しい。
http://www.ando-yuko.com/bedroom/2010/07/
安藤さんの日記は賛否両論の物議をかもしたらしい。

高野クンも安藤さんも「配信」を否定してるわけじゃない。
ただ、パッケージの存在意義が薄まっていることについて危惧を抱いている。
それはまぎれもなく「音楽」に対する愛情と誇りからだ、と思う。

オレも配信は利用している。元春、カーネーションのライブ音源。
安価と便利さは矢張り魅力だ。作る側もコストが安くていいのかも。
ただ・・・一方で「音楽」というより「データ」という気がして味気ない。

配信を否定しないが、矢張りパッケージ(CD)は残って欲しい。
好きなミュージシャンの音楽は「データ」でなくて形として手元に持ちたい。
ジャケット、インナー、歌詞カード。それらが一体となって「音楽」なんだから。
今の若者は歌詞カードを見ながらCDを聴いたりするのかな?
参加ミュージシャンのクレジットとか見るのかな?
最早そんな聴き方は「古い」のかな?時代遅れなんだろうか?

一方でオレ自身も以前に比べてCDを買う量が減っている。
1年に5枚程度。30代の頃は年間20枚くらい買ってたのに。
決まったミュージシャンのCDしか買わないし。
レンタルも中古も利用する。
買ったCDも音源をPCに落としてウォークマンに移す。
ステレオでゆっくり鳴らして聴くなんてしない。
パッケージが好きな割には実際の聴き方は結局「配信利用」と同じ。

今週レンタルで「サカナクション」を聴いた。素晴らしく衝撃だった。
でも買おうとは思わない。昔は気に入ったオトがあればすぐ買ったのに。
ただ・・・いずれは買って手元に持ちたい。そのキモチはある。

他にも買ってないけど興味あるミュージシャンは沢山ある。
聴くとすれば配信でなくパッケージで聴きたい。
だから・・しばらくはCDというカタチを残しておいてほしい。

そのうちCDは無くなって音源をUSBに入れて売る時代が来るのかな?
それはイヤだな。オレがここで「やだ」と言っても仕方ないが。

新譜を買ってビニールを破ってCDを取り出すときのあのワクワク感。
あのときめきは忘れたくないな、そう想う。
1



2010/9/30  23:48

投稿者:nagawa

○ブリ☆ダーナさん、アインちゃんさん
カキコミありがとうございます。

今音楽は「暇潰し」なんでしょうね。
TV番組で若い女の子が「音楽はBGMなので
配信で十分。歌詞も興味ない」って言ってました。
パッケージに拘るのは本当の音楽好きだけでしょうね。
彼女達は歌詞カードもミュージシャンクレジットも
興味が無いんでしょうね。
そういう聴き方もありだけど寂しいな。

そもそもCDの値段3000円は矢張り高いし。
アーティストも多過ぎ。
歌姫があんなに必要か?作る側の問題も多いでしょうね。

ボクも配信は否定しません。実際使ってるし。
アインちゃんさんが仰るとおり配信を聴く
「きっかけ」としては全然有りと思います。
或いはライブ音源やレア音源の限定配信なんかも。
ただ、それはあくまで「前菜・オヤツ・オマケ」で
メインディッシュになって欲しくない。
メインディッシュはあくまでアーティストが
メッセージを込めた、ミュージシャンが魂を込めた
音が詰まった「パッケージ」であって欲しい。

ライブが本道、生き残ると言うのも分かります。
ただ、そのライブに行くきっかけとしてCDを買う。
ライブ行った後、歌の良さを確かめるためにCDを
聴く。そういう「良い循環」があって欲しい。

音楽業界の構造的な問題。アーティストの作る音楽
の質の問題。ユーザーのモラルの問題。
色々考えるべきことあると思います。
でも、みんなパッケージをあきらめないで欲しい。
売れないから捨てる。それは悲しい。
せめて「共存」して欲しい。

オンガクのあり方については色々想う処あるので
また書いていきます。

2010/9/30  20:50

投稿者:アインちゃん

オイラも好きなアーティストのアルバムは、なるべくCDで買いますね。ちょっと気になるのは配信ですが、気に入ってCDを買う場合もあります。
あと参加ミュージシャンのクレジットを見るのも好きかも。自分もドラムを叩くのでドラマーに目が行ってしまいます。


http://minkara.carview.co.jp/userid/228730/blog/

2010/9/30  0:02

投稿者:ブリ☆ダーナ

おひさしです

この問題は卵とニワトリどっちが先の段階を超えてしまって、クリエイティブなものも一つの「時間潰し」でしかなくなった、今の飽和しきった音楽産業の「結果」なんでしょうね。そこで生き残る方法は形がないものを扱うだけに益々難しくなってゆくのだとも思います。
基本的に今後CDは消えてゆく可能性が非常に高いです。ツベが有料化したらツベだけが生き残り、配信会社は加速度を増して潰れてゆくでしょう。

唯一の生き残りは足を運んだ世界、そうライブですね。
ここでの双方向発信は今後も生き残ってゆくと思います。ですからフェス、ライブで生き残るバンドがこれから増えてゆくと思います。

ある意味、原点に戻った感じで良いじゃないですか!行き着くとこまで行ったら、結局人間臭い音楽家だけが食ってゆけるようになったってのはある意味究極だと思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ