2010/10/18

鈴木祥子Billboard Live Tokyo Withカーネーション  鈴木祥子

祥子さんライブレポ、チャンと書きます。
東京ビルボードは東京ミッドタウン内にあるお洒落なハコ。1日2回のStage。
今回ボクは1st Stageに行ってきました。

祥子さんとカネは5年ぶりの共演。
ハコの性格上「ポップな曲」が並ぶお洒落なライブになるかなぁと予想。
その予想は見事に覆りました。ロックでへヴィーなライブを見せつけてくれました。

夕方嫁と六本木に向かう。整理番号は19番。1階のカジュアルシートで見る。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
お洒落な装いのスタッフさんに案内されて、ステージ正面やや後方の席に陣取る。
左にピアノ、ウーリッツアー。ドラムセットが2つ。
ピアノの前の一際高いマイクスタンドは「ゆるずさん」用(^_^;

ステージの後ろはキレイな夜景が広がってる。開演時間と共にカーテンが閉じる。
嫁は「もったいない」と呟く。ただ、後でトンでもない事態になるんですが(^^;

定時に祥子さんは紅い華やかなドレスで登場。胸にコルサージュを付けている。
「プリヴェ」「Do You STILL REMENBER YOU?」としっとりめの曲を歌い上げる。
その後は「ワタシには珍しいシアワセな曲」ということで「区役所に行こう」。
ここでナオエさん登場。右に陣取る。
先ずは2人が好きなキャロル・キング&ジェームズ・テイラーの
「クライング・イン・ザ・レイン」のカバー。メロウで柔らか。
ここでナオエさんのソロ曲「墨堤にて」。祥子さんはドラム。
ナオエさんがへヴィーなギターを鳴らし「君と2人で話したかった」と唄う。
祥子さんは重いドラムを叩きつける。仲良しの2人だけど遠慮なし。

ここでカネの他2人のメンバーも入る。先ずはPatti Smith「Frederick」のカバー。
祥子さん優しく唄う。ブレークでカネが音を鳴らす。
何か・・・そのときグッと来た。優しく強く広がる、浮かび上がる音、歌。
祥子さんとカネが音を奏でるといつも世界が変わる。何かが突き抜ける。それが好きだ。

勿論、佐橋さん、「ジャック達」「Tea With Honey」他のバンドとの組合わせもイイ。
でも、オレはやっぱり「祥子さん+カネ」の組合わせが一番好き。
次はカネの「OOH!BABY」をいをい、ゲストじゃなくて最早ジョイントライブじゃん(笑。
まぁオレ的にはウレシイけど。

その次は「paingiver」!!!怒りをぶちまける凶暴なロック。
この歌、カネとの共演で聴きたかったんだぁ!!
祥子さんはウーリッツアーを弾きながら原曲よりテンポを落として唄う。
ナオエさんのギターが引っ掻き回す様なノイジーな音を叩き出す。
宮田さんのドラムはともかくラウド。歌に寄り添わない。
共演なのに斬合い。ぶつかり合い。息がつまる。喉がかわく。
嗚呼、この感じ久しぶりだ。歌を聴いて自分自身もゆれる。不安定になるこの感じ。

そして「幻想列車」。祥子さんもドラムを叩く。宮田さんとのツインドラム。
これも遠慮会釈ない重い音を叩きつける。ナオエさん意に介さず叫ぶ。
ナオエさんと祥子さんを見てて、何か双子の様に見えた。

ふたりとも不安定、ゆれてる。そして、その「ゆれ」を隠さない。
自分の中にある重い何かを音に委ねて叩き出す。曝け出す。
その「ゆれ」から産まれるオトがリアルで痛い。だから好きなんだ。
そう、オレは「ゆれてる人」が好きだ。「ゆれてるオト」が好きだ。
安定してる、いつも同じ、楽しいだけ、そんなオトには何も感じない。
歌い手のココロの底にある「何か」を感じたい、共感したい。
だから、この2人を追い続けてるんだろう。聴き続けるんだろう。


そして、まさに「ゆれてる」歌「忘却」。しばらくライブでは封印されてた曲。
やっぱりこの歌はイイ。聴いているオレ自身も「ゆれて」しまう。
この歌を聴くと色んな想いがあふれてくる。とまらくなる。

最後は祥子さんは中央マイクスタンドに向かって立つ。新曲「my Sweet Surrender」を。
マイクスタンドに向かうのはこの日初めて。ずっとピアノかドラム演奏してたし(笑。
祥子さんはステップ踏みながら楽しそう。
ナオエさんもニコニコ笑ってる。そうナオエさん自身祥子さんを大好きなんだよな。

アンコールは祥子さん1人で登場。カラオケをバックに大瀧詠一さんのカバーを。
この曲聴いたことある!楽しくキラキラした歌。

続いてカネを招き入れて「ラブ・ポーションNO9」のカバーを。
カネがこういう昭和歌謡を鳴らすのは珍しい。結構合ってる。
祥子さん、凄く楽しそう。
宮田さんはここで退場、去り際にゆるずさんに何か話して笑う。
ゆるずさんも何か笑ってる。新メンバー凄く溶け込んでるなぁ。そう思った。

そしてオーラス!祥子さんはドラムに付く。曲は「True Romance」!!
「一緒に歌ってね」と祥子さんあおる。ナオエさんギターを鳴らす!
後ろの閉まってたカーテンが開き夜景が目の前に広がる。と、ここで。
祥子さんの「ゴメーン」の声で演奏が中止!\(T▽T)/\(T▽T)/
ナオエさん「せっかく開いたのに〜!」と残念そう。
肝心のところで大ポカ。オモシロすぎる\(T▽T)/\(T▽T)/
嫁は爆笑してました。(^_^;

で演奏を最初からやり直し。カーテンも全開(T▽T)
客席は大盛上がり。ゆるずさんは手拍子を取り煽る煽る。
大歓声の中エンディング。楽しかった〜!オモシロかった〜!
時間にして1時間半。もう少し沢山見たかった気もするけど満足。

ボクも嫁もニコニコしながら帰路に付く。六本木の夜景がキレイ。
このライブが祥子さんの今年最後のライブ。最後にカネとの共演見れて良かった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ウン、やっぱこの組合わせは最強・最高だ。また見たいな。
って言うか祥子さん、カーネーションに入らんかな?(こら)

後で聞いたら第二部オーラスは「夜の煙突」だったらしい。わぁ見たかった!

カネ、宮田さんという爆音ドラマーを加えて何か凄いことになってる。
12月のツアー、楽しみにしてるぜ☆
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ