2012/1/31

「Syoko. absolutely alone in CAY」ライブレポ  鈴木祥子

この日曜日、祥子さんのライブに行ってきました。
祥子さんのライブは実に1年半ぶり。1昨年秋のカーネーションとのジョイント以来。
去年も祥子さんはカバーアルバム出したりトークイベントやライブを行ってたけど
何か行く気になれず。特にカバーアルバムにはガッカリ。
今更オールディーズだの大瀧詠一みたいな「終わった音楽」を歌ってどうすんの?
視聴しただけで「買わない」と決めた。

今回バラードベストが出たけどこれも買わず。今更過去の編集盤は要らない。
でも去年出たニューシングルがホントに良くて久しぶりにライブに行こうと思った。
祥子さんの歌はもう自分に響かなくなったのか?試してみたかった。
って自分勝手な過剰な思い入れ。迷惑極まりないファンですね(^^;)ゞ

会場は青山CAY。渋谷から歩いて行く。渋谷駅前で「原発廃止国民投票」に記名。
マルイの前でアイドルがイベントしてて男どもが嬌声を上げてる。
僅か数百メートルでこの景色の違い。落差に眩暈がする。

夕暮れの青山通りは賑わっていて美しかった。でもその景色を楽しめない。
3.11以来オレは街の賑わいに矢鱈違和感を感じる。ライブ前だけど高揚感が丸で無い。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
開場時間よりかなり遅れて入る。席は後ろ。でも別に構わなかった。
祥子さんのオトがオレにホントに必要なら遠い距離でも響く筈だ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
祥子さんは紅いドレスで登場。「I’LL BE THERE」から開始。
鳴り響くピアノの音。久しぶりだなぁ。この響き、オトの揺れ。
そして「夏はどこへ行った」・・何か胸がぎゅーっと締め付けられる。

前半はバラードベストに沿って初期の曲中心に。でも相変わらず自由。
「Swallowは今更やらなくてイイでしょ?」とか言うし。
ボクは初期の曲はそれほど思い入れ無いのでゆったり楽しめる。

後半はKYON2のカバーや麻生よう子のカバーを入れて昭和の話を。
「過去を振返るって懐かしむんじゃなくって未来につながる」
「KYON2は昭和の女の匂いがする」には同意。
KYON2を見てると向田邦子さんのドラマのヒロインを思い出す。
芯の強さ、秘密を抱えた一筋縄で行かない感じ。祥子さんも同じ匂いがする。

そしてアコギで奏でられた「忘却」・・・嗚呼、ひさしぶり、ひさしぶりだ。
「そんな必死になっちゃって何がしたいの?」「すべてを忘れることは幸せですか?」
コトバがナイフのように刺さる。引き裂く。何か叫びたくなる。嗚咽したくなる。

この歌を聴くといつもゆれる。聴きながら・・いきなり想った。
「ああ、オレは怖かったんだ。ずーっと怖かったんだ」って。何を?ワカンナイ。
きっとすべてを。生きることを、世界を、社会を、他人を、そして自分自身を。
怖いから色々がんばるんだろう。挑むんだろう。闘うんだろう。
そうやってオレ自身が「意味の無い存在」ではないことを証明したいんだろう。

そして「Sweet Thing」初めて聴いた祥子さんの曲。でも聴いた時のことはもう忘れた。
ビリー・ジョエル「アレンタウン」大学生の時好きだった。でも何も憶えていない。
「帰郷」「逆プロポーズ(仮)」・・いろんな感情がわきあがる。
「逆プロポーズ」を聴いてると自分の中にある「2つの声」について想う。

自分の中にはいつだって「2つの声」が存在する。いや別に分裂症じゃない。
「楽に生きろよ。テキトーにみんなと上手くやれよ。目を塞いで楽しくしろよ」
という声と「それでイイのか?それでオマエはイイのか?満足なのか?」という声。
いつも、その2つの声に挟まれる。でも結局「それでイイのか?」という声に従う。
そうやって色々抱えて疲れてバカだ、ホントにバカだ。でも、そうしか生きれない。

いつだって祥子さんの歌はオレに何かを突きつける。今日もそうだった。

アンコール。新曲「センチメンタルラブレター」は優しく響く。
そして最後「DO YOU STILL REMEMBER ME?」。
「時が過ぎて、あたしを変えてしまうのは哀しくない。アナタを変えるのは哀しくない」

ずいぶん変わっちまったな。遠くに来ちゃったな、オレ。でも別に哀しくはない。
昔のオレよりは現在(いま)のオレの方がマシなはずだ。そのはずだ、そう信じたい。

最後は客席も手拍子を鳴らす。祥子さんは笑顔で去っていった。
この歌を最後に聴いて・・・何かスーッとスーッとキモチが晴れた。

ひさしぶりに聴いたけど見事に変わってないな。相変わらずパワフルで自由。
ホント楽しかったし、やっぱり・・ゆれた。

ということで来月のライブも行きます。節操ないかな?
だって楽しかったんだもん(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆

また、徐々に徐々に向かい合おう。このヒトの歌に。
今回のライブでわかった。やっぱりこのヒトの歌がオレには必要なんだって。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ