2012/4/15

終われない約束−山口洋MY LIFE IS MY MESSAGE -solo2012@横浜サムズアップ  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

昨夜は山口洋ソロライブ@横浜サムズアップに行ってきました。
今回のソロツアーは彼が行っている福島県南相馬市支援活動の一環。
3月にあったヒートウェイヴのライブはオレは行かなかった。行けなかった。
東北のため何もしてなかったあの時点オレはライブに行く資格がなかった。
でも、3月末石巻支援ができた。だから今回のソロツアーに行くことにした。
ライブなんて気楽に行って気楽に楽しめばイイ。でもオレはそうはしたくない。
アーティストの真摯な活動には、こっちも覚悟を以って応えたい。

なお今回のライブの途中で「ヒロシと語ろう」というコーナーがあるらしい。
演奏だけで無く話すことで福島の現状を伝えたいというヒロシの意志、ACTION。
下のTOPICで書いたけどオレ自身「東北について誰かと話したい」というキモチはあった。
ヒロシに何を話す、ってワケじゃないけど話すなら東北に実際行った人と語りたい。
なんとな〜く、そんなキモチはあった。ま、たぶん他のお客さんも話すだろうし。
それに乗っかって話せたらいいな、なんてテキトーなキモチで行きました(笑


(以下ネタばれあり。これからライブ行く方はご注意を!)

クリックすると元のサイズで表示します

雨の中、横浜に向かう。入り口で僅かだけど募金。
ツアーパンフ(ヒロシが南相馬の色んな方と話したインタビュー集)、そうまかえる新聞、
南相馬市へのメッセージカードをもらう。友人落ち合ってステージ奥の席に落ち着く。
互いの近況について話す。美味しい料理をツマみながら開演を待つ。

ヒロシは白いシャツで登場。ギターを爪弾きながら「君を連れてゆく」を歌う。
途中で会場に合わせて歌詞を変える。すごく照れくさそうに。
同じ唄でもオリジナルの元春とは違う形。どっちも好きだな。

ヒロシはツアーの思い出を語る。今回サムズアップ制作のチャリティーCD
の収益金を渡されたこと、美空ひばりイベントで東京ドームに出たこと、
徳光アナの思わぬサポート等々、考えさせながら抱腹絶倒。
「マジメに聞かないでよ、ここは笑ってよ」とまたテレる。
お客さんは笑い囃す。前の席の女性達は的を得たツッコミをしてヒロシに睨まれる。
曲は「Player On The Hill」「それでも世界は美しい」
どの曲でもギターが柔らかく響く。このギターの美しさはホント素晴らしい。
かと思えば「Life Goes On」「歌を紡ぐとき」では引き締まったギターをかき鳴らす。
「フリージア」はライブで初めて聴く。これは好きだ。
第一部最後はリクエストコーナー。へぇこんなのやるんだ!
「風が強い日」の声が上がったけど見送り。ああ!これも好きなので聴きたかった!
南相馬で歌った「リンゴ追分」を。これもヒロシ独自の世界になってた。

中休み。メッセージカードに南相馬へのメッセージを書く。
書きたいことは決まってた。あれしか書けなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
第二部開始。ヒロシは「ヒロシと語ろうコーナー」の趣旨について話す。
311以来自分が体験したこと。無力感に悩まされたけど、そこから突き抜けたこと。
福島で感じたこと。ひばりフィルムコンサートを開いてお年寄りに喜ばれたこと。
そして色んなことで感じる「温度差」について尊敬する先輩が
「それはキミの成長の証だ」と言われて気が楽になったこと。

この「温度差」の話はオレの胸に深く刺さった。東北と東京の光景のあまりの相違。
浮かれきった東京の街の人々。震災の話をするとウザそうにする会社の人。
東北のあの景色を見たオレには違和感がある。でも、別に何も悪くない。
こんな違和感を持つ自分がおかしいのか?と何度も考えた。
でも、そういう視点を持てたこと、それはイイことなんだ。そう思うと楽になった。
新曲「MY LIFE IS MY MESSAGE」はストレートな歌詞が真っ直ぐ入る良い歌だった。

でここから「ヒロシと語ろうコーナー」。ヒロシは呼びかけるが誰も手を上げない。
で思い切って手を上げてみました。我ながら自分の行動にビックリ(゚゜)\バキ☆
でも「ヒロシに伝えたかったこと」があった。ならば直接言おう。
「やらない後悔」より「やる後悔」」だ!


伝えたかったのはヒロシへの感謝と自分の意思表明。
「311以来無力感で苦しんでた自分がHWのライブに行ってボランティアという行動に出れた。
そのことに感謝したい」
「山口さんが南相馬支援を続ける限りオレも東北支援を続ける積り。
オレも自分なりのMY LIFE IS MY MESSAGEを続けたい。」
聞きたかったのは「支援を宮城以外にも広げたい。福島、南相馬の皆さんが笑顔をとり戻せるには何が必要か?」

実際の話はカーッと上がってシッチャカメッチャカ。
チャンとお礼も言えなかったし。思わず拍手も貰ったりして心臓バクバク(^_^;
でも、ヒロシは真っ直ぐオレの目を見て頷き答えてくれた。
質問に対するヒロシの答えは「南相馬の人を笑顔にする方法?
それが分かってたらオレやってるよ。オレだって分からない。
でも人を信じていればきっと変えられる」率直に真摯に答えてくれた。

十分だった。このコトバでまたオレは震災野郎・津波野郎と闘える。
「他人を信じる」か・・オレにとっては結構重いテーマだな。っつーか、かなりの難題。
だって基本的に人を信用してませんから(嫁、友人のぞく)(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
だけど、折角のヒロシの「こたえ」、活かしていこう。できる範囲で(^_^;

ライブは後半。ここでヒロシの体調に異変が!
でもヒロシは「逃げない!」と言い張る。ガマンせずに行けよ〜\(T▽T)/
「雨の後、路は輝く」では延々ギターソロを鳴らす。をいをいダイジョウブか?
この意地の張りっぷりはサイコーだった。っつーか、あえて自分を逆境に追い込んでキミはマゾか?

ラストは「オリオンへの道」これも初めて!ココロにすぅっと染みていく。
「Still Burning」面倒な仕事があるとき、これを聞いて闘志を燃やした。
ヒロシと客席の間に光の様に輝く波動を感じた。とても明るい空間だった。

一旦ライブはここで終了。でヒロシは体調回復(゚゜)\バキ☆そのままアンコールへ。
「満月の夕」。311以来ヒロシは何度この曲を演奏したんだろう。
名曲だけど決して楽しい曲じゃない。これを演奏する方のキモチはどうなんだろう。
最後は皆で大合唱。何度もサビを謳いあげる。
311の後見たソウルフラワーのLIVEを思い出した。あそこでも皆この曲を一緒に歌ってた。

そしてオーラス「出発の歌」。「何度でも道をやり直す。それができることすべてなら」
このフレーズが胸に温かく流れ込む。
今日歌われた曲は再生・再スタートの曲が多かった。
「君を連れてゆく」「オリオンへの道」そして「満月の夕」「出発の歌」。
何かをつかむには手と足を使って汗を流し血を流し動くしかない。
「出発の歌」を聴いて「オレはまちがってない」そう思えた。やっとそう思うことができた。

ライブ後は友人と楽しく話す。スタッフの方に相馬へのメッセージを渡す。
チャリティーCDを買う。今日1日だけで色んなことが出来た。満足。
クリックすると元のサイズで表示します

電車の中でフと思った。ヒロシに「オレも東北支援続けます!」って約束した。
考えてみれば、あの場には大勢のお客さんが居て、その前でオレは大言壮語を言っちまったワケだ。
ってことは若し今後オレがボランティアを止めたとか飽きたとか・・したら
オレは大ウソつきになっちゃうわけ?大勢のヒトを騙したことになるわけ?
ひょええええ〜!しまった!オレは何て大それた事をしちゃったのか!!
もう、やめられなくなった!!\(T○T)/
スンません、オレはこの程度の男です(^^;)ゞ

東北支援、いよいよ止められなくなっちゃったな。当然止める気は無いけど(^_^;
ヒロシとの男の約束、反故にするワケにはいきません。
オレのケンカは始まったばかり。まだまだ終われません。

にゃにゃん、楽しかったよ。ヒロシを見習って明日から少しだけヒトを信用してみるよ(゚゜)\バキ☆
さ、今日はとても気分がイイ。ゴミ拾いに出かけるとするか☆
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ