2012/9/17

『SHO-CO-SONGS Histor “e” al〜ホントはi、だけどe。』@サラヴァ東京  鈴木祥子

3連休。
土曜日は渋谷に祥子さんのライブを見に行く。最近アーティスト名を「鈴木しょうこ」
に変えたけど馴染みのある「祥子さん」で書かせて貰います(笑)
客席からのリクエストを元に曲目を決めるというムチャな企画(^_^;
ライブは午後・夜の部に分かれて開催。午後は初期7枚から夜は後期7枚から。
ボクは後期の作風が好きなので夜の部に行く。リクエスト曲は決まってる。アレしかない。
ハコは地下にあるこじんまりとしたスペース。
クリックすると元のサイズで表示します
リクエストは列ごとに挙手で祥子さんがあてて行くと言う方式。ボクは4列目。
いきなり「不安な色のBlue」というディープな曲で開始。「暗いね」と祥子さん苦笑。
続いても「日記」「たしかめていてよ」そのときどきの思い出を綴りながら進行。
で4列目、ボクは迷わず挙手。幸運にもあたる。曲は「3月のせい」!
祥子さん「また暗い凍りつくような曲を!」とズッこけてた。(^^;)ゞ
でも、こんな機会でも無ければライブでは先ずやらん曲。絶対聴きたかった。

ところが歌詞カードが無い!祥子さん記憶を頼りに歌うが歌詞が飛んで途中でストップ。
スタッフが携帯で歌詞を検索して祥子さんに渡す。祥子さん携帯を操作しながら歌う(^_^;
へヴィーな曲なのに爆笑に包まれてしまった\(T▽T)/
ただお陰で2回演奏してくれたけど。

歌詞、ピアノがともかく刺さる。この曲収録の「CandyAppleRed」が出た頃サイテーだった。
死んだように生きてた日々。夢も希望も無く息吸うだけ毎日。
そのときこの曲は何度も聴いた。痛いけど心地よかった。精神的なリストカット。
歌詞に「笑い飛ばすことだけが武器」とある。そう笑っていれば何とかなる。
作り笑いでもウソ笑いでもイイ。笑いが武器になる。この歌に学んだ。

その後もリクエストは続く。「帰郷」「Shelter」暗い曲が続き祥子さん笑う。
長年のファンの人は矢張り暗い曲が好きなんだろう。
「Blonde」のピアノの美しさにはゾクリとした。寒くなった。背筋が凍った。
キレイな曲なのに背筋が凍る。これは祥子さんならでは。

後半「TrueRomance」「海辺とラジオ」「区役所に行こう」等、明るい曲が並び客席も歌う。
ラストは「忘却」。矢張りこの歌は痛い。ゆれる。なんだか死んだ父親を想い出す。
アンコールは無かったけど「Father Figure」「Gold Dusty Road」「ぼくたちの旅」
をオマケで演奏。最後は明るく終わりました。祥子さんは何度もお辞儀して笑顔で退場。
クリックすると元のサイズで表示します

ひさしぶりのライブ、すごく良かった。好きな曲が沢山聴けた。
「CandyAppleRed」「あたらしい愛の詩」「Love,Painfullove」「鈴木祥子」から沢山演奏された。
この辺のアルバムはオレにとって特別。サイテーだったり悩んでたり色んな覚悟を決めた時期の作品。
祥子さんの作品はこの時期が一番好き。逆に最近のキュートでポップな作風はウーン(笑)
「昔の作品の方が好き、よかった」なんて云いたくない。
でも明らかに自分の志向と最近の作風はズレてる。でも、それは仕方ない。
たぶん、昔のように熱心には追わないだろう。ここ数年行かないライブが増えてるし。
興味あるとき、これだ!って思ったとき聴いて行けばいい。

昨日は嫁と帝釈天に行く。高砂駅で降りて歩いていく。
暑いけど日陰を歩くと多少涼しい。帝釈天といえば寅さん!
「とらや」で草団子を買って食す。適度な甘さで美味しい。
参道も帝釈天も程よい混み具合。
クリックすると元のサイズで表示します

帝釈天前で何とも愛想の良い猫さんがいて観光客が撫で撫で。
喉のあたりを鳴らすとゴロゴロ転がってキモチ良さそう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ランチの後で近くの公園や矢切の渡しまで足を延ばす。暑いけどキモチいい。
クリックすると元のサイズで表示します
雨が降ってきたので帰宅。地元の公園で馴染みの猫さんと遊ぶ。
喉を撫でると矢張りゴロゴロ(^^;)ゞ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ヨモギさんは絶好調。走って遊んで嫁@パンダにベッタリ甘えてます。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は連休最終日。ウチでノンビリ、ヨモギを撫でまわして過ごします(゚゜)\バキ☆
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ