2012/9/23

終わらない空〜仙台若林区ボランティアレポ  東北のためできること

金曜日夜から仙台市若林区にボランティアに行ってきました。
今年3回目。企画は例によってJTB。添乗員さんともすっかり顔なじみになった。
道中、添乗員さんからJTBの仙台支援ツアーは今回で一旦終了との説明。
これから観光シーズンに入り運転手さんの確保等いろんな事情があるそう。
そうか、終了は残念だけど毎回のケアは素晴らしかった。再開したら、また参加しよう。

仙台市内に入り荒浜周辺を走る。壊れた建物は全て撤去されている。
唯一残ってたガソリンスタンドも取り除かれた。農地の裂け目も修復された。
重機が沢山動いている。これだけ見ると地震の被害は分からず再開発してるみたい。

先ずは深沼海岸の見学。ここは荒れたまま。破壊された住宅跡に雑草が生えている。
災害指定地域。津波が襲ってくる可能性があるので此処は住めない。
「戻りたい」と訴える看板や黄色いハンカチが彼方此方で見える。読んでココロが疼く。
慰霊碑にお参り。現地のお爺さんが居たので少しお話しする。
心なしかお元気が無いような。ボクが東京からボランティアで来たと云うと
「立派だ」と誉めてくれた。
いえいえ、こんな東京でノウノウ暮らしてるオレが立派だなんてトンでもない。
立派なのは現地で頑張ってる皆さんだ。今日のボランティア絶対がんばろう。そう想った。

海岸は荒れているが、あちこちで花が咲いてる。現地ボランティアが景観を美しくしよう
と花を植えているらしい。いくつか写真を撮る。
被災地の写真を撮るなら、破壊された建物や景色は撮りたくない。
今更「悲しい写真」を撮っても現地の人は喜ばないだろう。ならばキレイな花を撮りたい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

現地ボランティアre-Rootsと合流して説明を受ける。いつもどおり「農地の整地」。
作業場所に行って細かい瓦礫の除去作業。日差しは強いが風が涼しくてキモチいい。
前回は暑さにヤラれてイマイチ。今回はチャンとがんばる気だった。
スコップで土を掘り起こして瓦礫の仕分け。普段使わない筋肉を使って体が痛い(^_^;
同じチームの若いお嬢さん方がテキパキと進めるのを見て少し焦る。
スコップを使わず手で掘った方がスピードが上がるのに気付き作業方法を変える。
どんどん進むぞ。とりつかれたように土を掘り進める。

昼食。re-Rootsのリーダーの大学生や参加者と雑談。
リーダーは大学1年生。九州出身、震災後親御さんの反対を押し切って東北大学に入学。
ボラ活動も自然な事として受止めてる。また全国の大学生が応援に駆けつけてくれるとの事。
うーん、オレの大学時代は遊んでばかりで社会に無関心。ボランティアなぞしなかった。
昔のわが身を反省(^^;)ゞ現在(いま)の大学生。凄いぞ。
ボランティアに参加しなかったら現地の大学生と話す機会なんて無かった。
東京に居ても何も見えないしワカラナイ。行って見て感じる、一番大切なことだ。

午後もひたすら作業。ひたすら土を堀り瓦礫を除く。ただただ必死に何も考えずに。
ホント真っ白になっていた。
作業は2時に終了。かなり進んだけど当初の目標には届かず。ただ自分的には満足。
何か真っ白になってた。燃えつきてた(オレは「あしたのジョー」か?(゚゜)\バキ☆)
仙台の空は真っ青でとてもキレイだった。
クリックすると元のサイズで表示します

re-Rootsに別れを告げ帰りのバスに乗る。温泉で汗を流して帰路に着く。
元春、HEATWAVE、Cocco、カーネーションを聴きながら窓の外の空を見ていた。
夕陽が輝き空が黄金色に染まっている。あまりに美しく見入っていた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ウォークマンでカーネーションの「遠くへ」が鳴る。
直枝さんの声と窓の外の空が重なった


 「でもありがとう そしてさよなら また会おうよ ねぁまた会おうよ」

何故だか涙がとまらなかった。わけもなく涙があふれた。
今回でボラツアーが終わるから?仙台の未来が心配だから?
今回、自分なりに頑張れて満足できたから?ワカンナイ。
どれも当たってるような、違ってるような。
黄金色の空が外に広がっていた。今日見た空は一生忘れないだろう。絶対に。

上野で解散。添乗員さんにお礼を言って別れを告げる。
この添乗員さんは東北支援にホント一生懸命でケアも素晴らしかった。
ありがとうございました<(_ _)>再開したら、絶対また参加します。

帰宅。嫁に「ヨモギはオレが居なくて寂しがってなかった?」と聞くと「別に」との返事(^_^;

今朝目覚めたら全身筋肉痛。嫁にJTBのボラツアーが終わった話をすると嫁曰く

「他人様をあてにしてどーする?自分で企画して行け」
 「現地にボランティア団体あるんだろ?直接行って参加して来い」

見事な正論、嫁@パンダは素晴らしい!!\(T▽T)/
でもなぁ、自分で企画したり直接行くのは時間もお金も掛かるし・・・・
新たに組むNPOや旅行会社を探してみよう(テメェの情熱はその程度かい(゚゜)\バキ☆)

東北ボランティアに初めて参加したのが去年の9月。それから1年。
その間、7回ツアーに参加した。仙台荒浜には5回行った。
JTBの仙台ツアー終了で、オレの中でも一区切りが着いたかな?第一章が終わった感じ。

「一区切り着いた」と言っても当然終わるわけがない。復興はまだ進んでいない。
仙台が「大逆転する」ためには、これからも支援が必要だ。
そう、終わっちゃいない。「また」は絶対ある。いつか、また会おう。

にゃにゃん、オレの東北シリーズとりあえず「第1ラウンド」が終わったよ。
オレ、がんばったよな?オレ、凄いよな?オレ、エライよな?
さぁ、にゃにゃん。オレを誉めろ!オレを讃えろ!
オレ、凄い!オレ、偉い!オレ、サイコー!オレ、万歳!(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します


(ヨモギの声:コイツ何言ってるかワカンナイにゃ。オレはパンダちゃんと遊ぶにゃ☆)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ