2013/3/20

プレゼント〜仲井戸Chabo麗市ライブレポ2@福島相馬Bar101    山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市

チャボさんレポ1回じゃ納まらなかったので2回に分けます(゚゜(^^;)ゞ

アンコール。チャボさんはTシャツ、ベレー帽で颯爽と登場。
「もう少しやらせてくれ〜」。でも皆知ってる。チャボさんのライブのアンコールは長い。
それはアンコールでは無くて「第二部」と言ってもイイ。

先ずは「ティーンエイジャー」を。皆で「Oh!」の部分ををコーラス。勿論オレも。
チャボさんは嬉しそう。「サンキュー!コーラス」と笑顔。
で、ここからヒロシについて話す。チャボさんミョーにもぞもぞしてる。
「ヤマグチ今日は居ないんだよな?あ、そこに居るの誰?ヤマグチだ!をい、ヤマグチが来てるぞ!」
開演前から居たんですけど(^^;)ゞヒロシ、嬉しそうにステージに上がる。
チャボさんファンの犇く中、ワシだけ「ヒロシ!ヒロシ!」と大声で連呼<(_ _)>
ヒロシはチャボさんTシャツを着てる。嬉しそうに客席にシャツを見せる。

ここからチャボさんヒロシの共演。それは素晴らしく熱いサイコーの時間だった。
先ずはオールドロックンロール「ルート66」のカバー。勿論チャボさんが付けた日本語詞で。
チャボさんエレキを鳴らす。ヒロシ、嬉しそうにギターをかき鳴らす。
ヒロシ、前回は先輩になつくワンちゃん状態(笑)だったけど今回は堂々と張り合ってる。
チャボさん「どうだ!スゴいだろ?ヤマグチは!オレ得したな!!」と笑う。

今日、ヒロシが登場した経緯を説明。昨日、東京で呑んでたヒロシを急遽誘ったそう。
チャボさん「オレはここに偶にポッとしか来ないけど、こいつはずっと通ってんだろ?スゴイよな」。
そのあと、二人の間で交わされた会話。LOVEとリスペクトにあふれた交感。
ここには書けない・・・いや「書かない」。何を話したか?を書くのは勿論できる。
でもオレなぞのフィルターを掛けてネット上に気安く書いても薄っぺらくなるだけ、だ。
むしろ会って直に伝えたい。話したい。チャボさんを愛するヒトに。ヒロシを好きなヒトに。

そして、奇跡はここから続く。RC「いい事ばかりはありゃしない」!!
RCの名曲。ボクもRCのライブビデオで何度も見た。チャボさんバージョンも含めて。
ライブでは去年の下北のトリビュートイベントでうつみようこが歌ってた。
でも、でも、キヨシロー自身が歌ってるのをライブで見たことはない。
それがこの相馬で聴けるとは!しかもチャボさんとヒロシで!一気に涙があふれた。
客席は怒鳴るように歌う。オレも大声で歌った。いや、叫んだ。

続いてチャボさん。「折角だからヤマグチにも唄って欲しいよなぁ。皆も聴きたいよなぁ」
「オレ、あれ好きなんだよな。歌ってくれよヤマグチ」で始まった「満月の夕」。
これも号泣した。ヒロシはうれしそうに、でも凛と歌う。
前回チャボさんはコーラスせず伴奏だけだったが今回は「ヤサホーヤ」を一緒に歌う。
勿論、客席も。オレも歌う。如何にこの歌がこの街に根付いているかを知った。
感無量。

「ロックンロールやるぜ!OK!カモン!CHABO!」のチャボさん自身のシャウトで
始まった「雨上がりの夜空に」!!
その瞬間、涙があふれた。今日、何度泣いてるんだ?オレ?
キヨシローを想っての涙か?此処でRCのこの曲を聴けてウレシイからか?
この大名曲もキヨシロー自身がナマで歌ってるのを見たことはない。
もう、ワケわかんない。恥ずかしながら顔を覆って泣き出しそうになった。
客席一気に立ち上がる。オレも慌てて立ち上がる。(^_^;
チャボさん、客席にマイクを向けて歌わせる。
オレも一緒に歌う。泣きながら怒鳴った。歌詞は当然アタマに入ってる。拳を振り上げる。
チャボさんもヒロシも相馬のお客さんも笑顔。カウンターに居るスタッフも笑ってる。
嗚呼、ここに来て良かった。ここに来た甲斐があった。
これでやっとキヨシローの「不在」を吹っ切れた。吹っ切れたんだ。

ヒロシはここで退場。チャボさんと熱い抱擁を交わす。
チャボさん1人残る。いよいよ最終曲。当然あの曲。「ガルシアの風」
チャボさんは相馬の未来、ここに居る皆の明日を祈って歌った。
「どうしようもない事など何もない」「僕らは盗まれた星たちを取り返しに行く」
静かに響く確かなもの、想い。終わった瞬間、手が痛くなるほど拍手した。

チャボさんはスタッフを紹介し、ヒロシ、Bar101スタッフへの感謝を口にする。
本当のラスト「プレゼント」。「どっさりあるさ いい明日。生きていれば」
ただただステージを見てた。そう生きていれば・・きっとイイことがある。
普段そんなこと絶対思わないけど、ここ相馬では確かにそう感じた。

チャボさんは顔を挙げ相馬への感謝を叫ぶ。満面の笑顔で。
その瞬間ルイ・アームストロング「この素晴らしき世界」が鳴った。
みんなスタンディングオベージョン。オレも立った。高らかに響くサッチモと拍手。
チャボさんは暫く拳を握りしめて天を仰いでた。何を想ってたんだろう?
サッチモが終わり派手なロックが響く。チャボさんはおどけながら去っていった。

終わった後、呆然。座り込んだ。涙で顔がグシャグシャ。
「素晴らしい」「感動した」の一言では片付けられないライブだった。
なんという存在。なんだ?なんなんだ?あのヒトは?

ライブ後、ヒロシと少し話す。去年横浜で話したときは、興奮のあまりチャンと
話せなかったけど、今度はチャンと話せた。お礼も言えた。
また、地元の人とも話した。ボクが彼に掛けたコトバ・・・あれでよかったのか。

会場近くの居酒屋で独り寂しく呑む。
「相馬の人と話したい」とか書いたけど、考えてみればオレ此処にほとんど知合い居ない。
後ろの席で今日のライブに来てた地元の人が談笑してるけど、そこに見知らぬ男が割り込んでも
迷惑だろうしなぁ。嗚呼、小心者(゚゜)\バキ☆(゚゜)\バキ☆
クリックすると元のサイズで表示します
翌朝、ホテルを出た。「がんばるぞ!相馬」のフラッグが旗めいてる。
ウン、がんばりましょう。オレもがんばります。

高速バスで仙台に向かう。昨日のライブについて考える。
奇跡の様な熱い瞬間を何度も体験した。同じ感動でも東京で感じるそれとは違う。
何か贈り物を沢山貰った感じだ。ウン、いっぱいプレゼントを貰ったな。

バスの窓の向こうには色んな光景が広がってる。復興は・・決して進んでない。
いわき、相馬、今回は楽しいだけで無く重い現実も見た。
でも、だから何だ?福島はサイコーだ。苦境の中で闘ってる皆さんはいかしてる。
カッコいいぜ。
福島、今回の旅で好きになった。仙台に続いて東北でのオレのマイホームタウンだ。

もっと識らなくちゃ、な。もっと話さなくちゃ、な。そのためには、もっと通わなくちゃ、な。

今日は休日。嫁とお出掛けして飛鳥山公園で花見。呑んで食って楽しく過ごす。
東京都荒川区。此処がオレの地元。ホームタウン。サイコーに好きな街だ。

そして我が家の奇跡。ヨモちゃん!今日も絶好調♪
クリックすると元のサイズで表示します
にゃにゃん、此処は楽しいな。ずっと楽しく過ごそうな♪
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ