2013/5/12

「にゃんだーガード写真展」と「大餃子」  日々の泡(日記)

昨夜は有楽町でWEB友さんと呑み会。その前に嫁と新宿に行く。

「東日本大震災 被災動物救護シェルター『にゃんだーガード』写真展」
http://ameblo.jp/nyanderguard/
311、福島原発事故の後、住民は急遽避難し飼い犬や飼い猫が残された。
その保護活動の様子を追った写真展。
クリックすると元のサイズで表示します
放射能のため入れない地区。ペットは放置されたり野生化したり。
ご飯も無く、病気になった子も。
放射能の危険を承知で圏内地区に入り保護活動に励む皆さん。
色んな動物の写真がコメント付きで紹介されている。

保護された犬さんや猫さんの元気になった様子
保護されたけど残念ながら天国に行ってしまった犬さん、猫さん
飼い主さんの下に戻って幸福そうな犬さん、猫さん
里親さんに引取られて笑顔になった犬さん、猫さん
見ていて笑ったり考え込んだり胸がつかれたり。

最後のコーナーは「かなり凄惨な写真が載ってます」という
注意書きと共に幕で覆われていた。迷ったけど見た。
「これを見なければ」ここに来た意味が無い。
それは・・目を背けたくなるような光景だった。

最後にアンケートを書いた。「ボランティア活動に興味がありますか?」
という問いに「興味はありますが自信はありません」と回答した。

今、ボクは東北ボランティアを展開している。
その活動の中で・・もしかして震災や津波に巻き込まれた方の「遺体」
に会うかもしれないことは覚悟している。
もし、「会った」としてもチャンとボランティアをする自信はある。
でも、若し「犬、猫」のそれに会った場合は・・冷静に出来ない。
「人間」が大丈夫で「犬、猫」がダメというのもヘンな話。
まして「大好きな猫」のためには必要な活動なのに・・・
「大好き」だからこそ、出来ない、と思う。情けない話だが。

この日、見た光景は忘れない。

外は大雨。呑み会までは時間がある。嫁と新宿を歩く。続く巨大なビル。
今、見た写真とのあまりの様相の違い、に目が眩む。
高く聳える都庁。「チャンと仕事しろよ」と毒づくボクに嫁は呆れ顔(^^;
クリックすると元のサイズで表示します

有楽町に出て友人と落ち合い、某中華料理屋で呑み会。
このお店、前から来たかった。
料理もお酒も美味しい!何より餃子がデカイ\(T▽T)/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
皆さんと音楽話、元春話で盛り上がる。

その後は某ビールバーで二次会。どういうわけかお店の外に椅子を並べて呑む。
いろんな種類のビールを呑んで満足。
クリックすると元のサイズで表示します
友人との愉快なトークに爆笑。ホント笑った。よく笑った。
皆さん、また、やりましょうね。今回、会えなかった皆さんも次回こそV(^^)

今日はうってかわって晴天。嫁と田端周辺を散歩。暑い。
道中、色んな猫さんに会う。近所のチャトラの女の子は相変わらず愛想がイイ。
クリックすると元のサイズで表示します
ヨモちゃんはいつもどおり嫁@パンダにベッタリ。ボクにも一寸甘えてくれました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

サイコーに楽しい週末でした。
来週末は、東北にボランティアに行ってきます。場所は福島県相馬。
残念だけど、今のオレじゃ福島のワンちゃんや猫さんは助けられない。
でも、別のカタチでもなにか東北の役に立てれば・・・・。
とりあえず、「目の前のこと」に力を尽くそう。そうしよう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ