2014/4/29

元春@ビルボード東京と「The Future Times写真展」  佐野元春

日曜日の午前はマンションの総会、
午後は防災訓練。仕事の疲労が残っているがノンビリ出来ずツライ。

訓練の後、六本木に向かう。元春&ホボキンライブを見るために。ハコはビルボード東京。
入場手続き、席までの案内。一々丁寧。
普段はライブはライブハウスで見るので居心地悪い。
そもそも元春じゃなくっちゃこんなオシャレなハコ来ません(^_^;

席は1階アリーナ(笑)ステージより奥に位置する席に嫁と落ち着く。
同じ席に別のお客さんが座る。業界人らしい・・っつーか、某有名シンガー!
目の前のオジサンは高名なDJみたい。ボクと嫁はすっかり舞い上がる(^^;

ライブは思わぬ曲から開始。ステージが進むに連れ元春の声もギターも絶好調。
セットリストはハートランド、ホボキン、コヨーテのオリジナルをほぼ同数が演奏された。
ホボキン大好きのボクとしては普段のステージで滅多に演奏されないホボキン
オリジナルが多かったのは満足。
あのヒット曲が重厚なアレンジで演奏されたのも良かったし
「セルフカバーアルバム」は未だライブでは完成していないんだな、とも思った。
後半はKyOnさんと元春のギターバトル。元春ってこうして見ると凄いギタリストなんだな。
KyOnさんがギターを弾き倒した後、ピックをスタッフに放り投げスタッフが取り損ねて
KyOnさんが「ゴメンね」と謝った声が聞こえたのが何とも可笑しい。

素晴らしいライブでした。ホントに楽しく面白かった。
ただボクは前半後ろに居る方が気になってあまりライブに集中できなかったのが残念。
まぁ東京で行われるライブならではのエピソード。忘れられないライブになりました。

今回のライブで改めてホボキン良いなと思った。勿論コヨーテバンドも大好き。
でも、ホボキンメンバーが織りなすあの揺れやノリも大好き。
ホボキンでのオリジナルアルバムは「The Sun」以来出てない。早く出してほしいな。

週末NewPCが我が家に来て設定に大わらわ。と言っても殆ど嫁任せでしたが。
メールが設定できない。FBやTwitterが書き込めない。音楽ソフトが使えない。
ほとんどはボクがアカウントを取得していないという基本ミスが原因(゚゜)\バキ☆

今日は渋谷松濤美術館に「ねこ・猫・ネコ展」を見に行く。
詳細はまた後日書きますが、カワイイユーモラスな猫の絵に癒されまくり。
来館者が飼い猫の写真を持参すると掲示板に貼ってくれるのでヨモちゃんの写真を持参。
さっそく貼ってくれた!しかも結構目立つ場所に!スカウトが来たらどうしよう!(アホ)

そのあとは渋谷タワレコに「The Future Times」写真展を見に行く。
アジカンゴッチが東北支援のため主宰している新聞。
東北の現在の風景を3人の写真家が撮り継続的に伝えてきた。
今日から開始。来月ゴッチのライブ&トークイベントに行くけどその前に見ておきたかった。
http://www.thefuturetimes.jp/tft_event/140429/

岩手南三陸、福島南相馬の風景、人々を中心に写真が展示されていた。
会場には写真を撮った本人もいる。未だ若い。
映されているのは決して悲惨な光景じゃない。むしろ前に進んでいる景色がメインだ。
再開した漁で頑張る漁師さん、祭りに笑う親子、お酒を呑んで談笑する人々。
一方で地震と津波で荒れ果てた大地、亡くなった家族の遺影、
瓦礫を掘ってお子さんの遺体を探す父親を映してる。

瓦礫や傷ついた土地が・・すごく生命感に溢れてる。破壊されているのに・・・
これがプロが撮る写真か・・・すごい・・・圧倒された。
東北の人々に寄り添う写真、人々の表情が活き活きしてる。悲しみに溢れてるのに。
写真家がこの表情を映すためには相当の信頼関係が無いと出来ないだろう。

会場奥でスライドショーが上映されていた。展示されていない写真も流れていた。
思わず見入ってしまった。動けなかった。動きたくなかった。
でも、いつまでもこうしてるわけにはいかない。また来るし今日は帰ろう。

会場では今日発売になったゴッチのソロアルバムが売られていた。
ポイントが溜まっていたので1000円割引。浮いた1000円を募金した。いつもどおりの偽善。

写真展の帰り、渋谷の交差点は騒音に溢れていた。
さっき見た写真展の余韻が消されそうでイヤだった。
東京は素晴らしいアートや意義のあるイベントがあるが、一方で無意味なノイズに溢れてる。
その無意味なノイズやスピードに自分の神経が犯されないように注意しなくちゃ。

帰宅後ゴッチのアルバムを聴いた。力に溢れた素晴らしい作品だ。
5月のイベントが楽しみ。

楽しく過ごせた休日でした。さ、週末まで頑張ればGWだ。
他にも見たい展覧会がたくさんある。
素晴らしいアートに触れて感性を研ぎ澄ませてノイズに負けないようにしよう♪


クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ