2014/7/11

MY LIFE IS MY MESSAGE2014ライブレポ@福島相馬フレスコキクチ菊地蔵  山口洋(HEATWAVE)/仲井戸Chabo麗市/RIKUO

では、お待ちかねライブレポを。
ハコは市内のスーパーフレスコキクチの蔵「菊地蔵」。普段は会議に使っているらしい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ライブ前、ヒロシが何かのインタビューに答えている。カメラも入っている。(TV?)
お客さんが集まってくる。東京から来た人もいる。ヒロシの各地の知り合いも来てるみたい。
先ずは入口にあるガチャガチャでグッズを購入。
チャボさん、ヒロシのサイン入りポスターと八味が当たりました。(笑)
入場、一番後ろの席に友人と陣取る。客入りのBGMは洋楽、ビーチボーイズが鳴ってる。
選曲チャボさんかな?と思ったらヒロシだそう。ルー・リードの曲と同時にヒロシ登場。


(山口洋)
  1.Don`t Look Back、2.I Believe In You、3.Life Goes On、4.ソウマネス
  5.OLD MAN、6.それでも世界は美しい


ヒロシは「仲井戸弟です(笑)」と言って演奏開始。
Newアルバムの曲+旧曲を。音の響きがまろやか。ヒロシの声も柔らかく響く。
照明はピンスポットだけ(途中で多少色んな色が入ったけど)
ヒロシ、「何か取調べを受けてるみたいだ」と笑う。
ヒロシ、機嫌よく喋ってた。東京でやるライブより饒舌だったかも。

「ツアーももう終わっちゃうんだなぁ」「ここに来るとき、この3年間を思い出して
感じたことがあるけれど、それは言いません。ウタに込めます!」
「チャボさんは素晴らしいよ。あの人、自分よりまず他人(ひと)を喜ばせることを
かんがえてる」

ヒロシが何か言うたびに歓声やヤジ(笑)が飛ぶ。ヒロシ、ヤジに嬉しそう。
「ソウマネス」の演奏は凄かった!まさに「宇宙旅行」。「相馬」でこの曲を聴く。熱くなる。
「OLD MAN」。父親をテーマにした曲。横浜で聴いたとき同様、少し、ほろりと来た。
最後は「それでも世界は美しい」。この曲を演奏する前にヒロシは叫んだ。

「この3年間で分かったこと。オレは独りじゃない!色々支えてくれるヒトが居る!
 チャボさん、スタッフ、ライブに来てくれるみんな、ありがとう!」

客席はワ〜と湧く。皆、この3年間のヒロシの苦闘を知っている。
そして、それがこれからも続くってことも。熱い熱い演奏だった。ヒロシ、笑顔で締める。


(仲井戸Chabo麗市)
  1.ギターチェックの歌(?)、2.Blues2011、3.やせっぽっちのブルース、
4.マイホームタウンの夜、5.夏に続く午後、
  6.ドカドカうるさいR&Rバンド(RC)、7.クエスチョンズ(?)、
8.Hobo`s Lalaby(With山口洋)


休憩のあと、チャボさん登場。登場だけで会場の熱気が1つ上がる。
チャボさん、「山口兄です〜!相馬、ひさしぶり〜!」と声をあげると大歓声。
「ギターチェックの曲だから気楽に聴いてくれ」とギターを奏でながら歌う。
歌詞の中に度々「相馬」を入れて客席湧く。
チャボさんも照明に「取調べ受けてるみたいだ〜、オレがやりました!」と客席笑わせる。
他にもヒロシについて「あいつ、オレの荷物を運んだくれるんだよな〜。
ヒロシ、エライ!これからもずっと一緒にやる!」とヒロシを褒める。

「みんなの故郷はここ相馬だよな?ほかの場所から来た人もいるのかな?」と話しながら
演奏した「マイホームタウンの夜」。初期の「絵」や麗蘭に通じる重さ・暗さを湛えた曲。
ヒロシと大阪でやったラジオの想い出を語りながら、ひさしぶりにFENを聴いたこと、
それが素晴らしかったことを話す。訥々と話すけど人を惹きこむトーク。
さりげなく、でも確実にお客さんの緊張をほどいていく。プロ、成熟の魅せる技。
「ラジオに関する曲を演奏するよ」に、お!「ラジオ」(DADA収録)をやるのかな?
と思ったら「Time」収録の「夏に続く午後」。ラジオのSEをバックに歌う。
ここまで割と静かな曲を演奏していたけど次で一転。「RCやるぞ!一人でやるの大変なんだぞ!」。
曲はなんと「ドカドカうるさいR&Rバンド」!客席一気にヒートアップして一緒に歌う。
RCの曲ってホントに根付いているんだな・・・そう感じた。友人が歌う。オレも一緒に歌いました。
「幸福と不幸はどっちが多い?希望と絶望はどっちが多い」と疑問を繰り返す新曲(?)。
これもイイな〜。今回、演奏された曲は殆どがライブのみの演奏。音源化されていない。
チャボさんのソロオリジナルアルバムはもう10年出ていない。CDで聴きたいな。
最後は旧いフォークソングに日本語詞をつけた曲。ヒロシを参加させる。この曲は初共演。
「疲れただろうけど眠りなよ、休めよ」といった温かい歌詞。
フと、昨日見た仙台の海岸、この日見た松川浦を思い出した。
同時に全然、関係ないことを想い出した。・・急に泣きたくなった。
この日、演奏された曲はいずれも「命と死」について歌われていた気がする。
それを想ったとき・・胸が詰まった。

チャボさんとヒロシはニコニコしながらやさしく歌う。
昨年の年末のイベントでも思ったけどチャボさんの歌には「癒し」がある。
いや「癒し」じゃないな。そんな「軽いモン」じゃない。むしろ「赦し」だ。
すべてを赦して受け容れる。そんな強さと優しさ・・まさに「おとな」の歌。
最後「ゆっくり休めよ」とチャボさんが歌ったとき・・・号泣してた。

退場するときチャボさんは客と握手したり客を抱きしめたり・・・
みんな、ホント嬉しそう。チャボさん、ホントに愛されてるんだな、そう感じた。


(アンコール)
  1.GTOをぶっ飛ばせ(洋楽カバー)、2.愛と希望と忍耐、
  3.Hungry Heart(Bスプリングスティーンカバー)、
4.新相馬盆歌(With Soul Of 遠藤ミチロウ笑)、
  5.新曲(ヒロシ詞、チャボさん曲の共作!)、6.雨あがりの夜空に(RC)、
  7.満月の夕
  (BGM:You‘re So Beatiful。JOE CocKer?)


アンコールの拍手が止まない。2人登場。
先ずは旧いロックンロールのカバー。グループサウンズ風の歌(60年代?)。
いつもアンコールは麗蘭の「アメリカンフットボール」だったけど変えてきたんだ!
ヒロシがギターを鳴らすとチャボさん拍手して客席を煽る。
続いてチャボさんが好きなヒロシの曲「愛と希望と忍耐」。これを2人のギターで聴けるとは!
イントロが鳴る。チャボさんのギターの深く温かいオトが鳴った。
その瞬間、わけもなく泣いてた。なんで?楽しい泣くような曲じゃないのに。
スプリングスティーンの「ハングリーハート」、チャボさんの日本語詞がついている。
「誰もが色んな想いを抱えて生きている。いのち、たいせつないのち」この歌詞が刺さる。
この辺りに来ると、もう感情が暴発していてワケがわからん。わかりたくもない。

「新・相馬盆歌」はそれぞれのギターにミチロウさんのシールを貼って演奏。
ミチロウさんは現在、病気で療養中。「3人でやる」意味を込めてのシールを貼ったんだろう。
でも、チャボさん、ミチロウさんのシールを叩いていたけど(^_^;
この演奏はホントに素晴らしかった。まさに「宇宙旅行」。
東京でこの曲での共演を聴いたときは、ある種の重さがあったけど・・・
この相馬で聴いたときは、むしろ軽やか。愉しい。まるでお囃子や音頭に聴こえた。

そのあとは何と2人の共作!ヒロシ作詞、チャボさん曲。
ヒロシは「無理やり頼んだ」と言ってたがチャボさんは「音楽やるのは楽しいよ」
と嬉しそうだった。
「理不尽の向うに突き抜ける」ことを歌った曲。これもヘビーな曲だった。
でも、力あふれる素晴らしい曲だった。是非レコーディングしてほしい。

そして「雨あがりの夜空に」!。客席は立ち上がり拳を振り上げ一緒に歌う。
ヒロシとチャボさん、向かい合ってエレキを鳴らす。ヒロシ、ホントに楽しそう。
チャボさんもニコニコしてヒロシのオトをしっかり受け止める。
そのとき、なんとなく「嗚呼、チャボさん大人だなぁ」と思った。
チャボさん、最後に「忌野キヨシロー!」と叫ぶ。オレも叫ぶ。
そのとき、なんとなく上にキヨシローが居るのを感じた。

最後は「満月の夕」。色んな想いがこめられた歌。客席も一緒に歌う。
チャボさんもヒロシもニコニコして歌ってギターを鳴らした。
重いテーマを抱えたこの歌。311の後は痛く哀しく響いた時期もあった。
でも現在(いま)は微笑みながら歌える。それはとても良いことだと感じた。
終演。いつもの「この素晴らしい世界」で無く「You`re So Beatiful」が鳴り響く。
割れんばかりの拍手。
チャボさんはヒロシと鈴木さんとハグしスタッフ1人1人の名前を紹介。誠実な人だ。
最後、チャボさん、「みんな、いい夏をな!」と言って2人は笑顔で退場。


素晴らしいライブだった。遥か相馬まで見に来た甲斐があった。
ハコもお客さんのムードもサイコー。サイコーに熱い夜だった。
仙台、相馬、そして福島で会った人たち、すべての出来事に感謝したい。

前のトピに書いたように、自分自身は暫く「東北」に行くのは休む。いや留める。
今回の東北への旅で感じたこと・・・「生きる、死、喪失、無力」。。
その他もろもろを自分なりに消化できたら、また東北に向かいたい。
いい機会だ、ゆっくりかんがえよう。
「圧倒的な無力感」の向うに・・何かを見つけたら、また行こう。行くぞV(^^)

最後に、東北に駆り立てる切っ掛けをくれたヒロシに最大級のリスペクトと感謝を。
同年代、アンタに恥ずかしくない様にオレもガンばるぜ。
いつの日か、HEATWAVEのライブを相馬でやってね、そのときは必ず駆けつけるぜ☆

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ