2015/3/13

元春35周年アニバーサリー前夜祭「Tonight Show Featuring Motoharu Sano」  佐野元春

今年は元春デビュー35周年。この前、30周年を迎えたと思ったら、あれから、もう5年経ったのね。
ここ最近、急に元春の活動が活発になってきた。新曲発売、そして35周年キックオフイベント。
ハコはお馴染恵比寿リキッドルーム。会社を定時で脱出して行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
場内はギッシリ満員。1階フロアの後方に嫁と陣取る。
昔はこの規模のハコで元春見れるなんて考えもしなかったなぁ(^_^;
でも、ホールで見るよりライブハウスで見る方が好きだな。

第一部は元春とコヨーテバンドのライブ。「誰かが君のドアを叩いてる」「ポップチルドレン」
というレアな曲でスタート。「ポップチルドレン」はバンドによる演奏は初めてかも!
どっちもコヨーテバンドらしいソリッドな演奏。アッキーが楽しそうにギター弾き倒す。
ここで一息。佐野クン、急に「ご隠居話」を始める。相変わらずの不思議さ。(T▽T)
と思ったら現在の政府のやり方に皮肉を言って「国のための準備」に突入!
ギター2人のワイルドな演奏に血が逆流する。
今、このタイミングでこの歌を歌う。佐野クンなりの「異議申し立て」なんだろう。

そこからは進行がグダグダ。佐野クン、何度も曲順を間違えて確認してた。(T▽T)
新曲「君がいなくちゃ」も当然演奏。瑞々しいメロディ。
これを10代で書けるってスゴすぎ。そして10代で書いた曲を今、何の衒いも無く歌える。
そのことに驚く。

元春は35年を迎えたことに「35年間、ボクを友だちのように扱ってくれてありがとう。
おかげでさみしくなかった」と御礼を言う。いえいえ、こちらこそ助けて貰ってます。
ただ、佐野クンとプライベートで友人になりたいか?はちょっと勘弁(^_^;
ライブは「La Vita e Bella」で終了。この曲を聴いてると知らずに拳を握ってる。
7曲、40分程度。短かったけど充実したライブだった。80年代曲一切なしが何とも潔かった。

第二部は落語家立川志らべさんとのトークイベント。志らべさん自身、ファンだそう。
志らべさんの元春をネタにした小噺に爆笑。細かい処までよく知ってるなぁ。
そして元春が登場。「ソングライターズ」よろしく志らべさんとトーク。
志らべさんの「佐野さんは吉野家に行ったりするんですか?」の質問にウケる。
それからも繰り出す質問が一々ツボをついてくる。ああ、このヒトホントにファンなんだ。
しかも現在の作品もチャンと聴いて自分なりの解釈を持ってる。
落語家だけあって佐野クンの歌詞についての分析も独特。
その辺の音楽評論家のインタビューより余程オモシロい。

印象的だったのは度々「下町気質、江戸っ子気質」が話題になったこと。
特に志らべさんが「佐野さんが言う『Cool』は落語で言う『粋』に通じる」との発言に
元春が「ボクは『正しいか、悪いか』で決めない。『粋か?野暮か?』で決める」
と言ったこと。これは凄く腑に落ちた。
さっきの「国のための準備」もそうだけど元春はクドクドと自己主張しない。
「NO!」も「Why?」も全部歌で語る。そこに何とも「粋」を感じる。

何でもかんでも「正しいか、間違ってるか」で判断してちゃ息がつまる。
「正義」や「Love & Peace」は他人を傷つけて貶めるために使うものじゃない。
「ツマンナイ正義」よりも「オモシロいあやまち」だってあるんだ。
二項対立はツマンナイ。野暮だ。だから、そこには行きたくない。住みたくない。

最後に今後の計画が発表。シングル、アルバム発売、ツアー、詩集その他。
をいをい、元春ダイジョウブか?ま、楽しみが増えて嬉しいけどさ(笑)
ああ、楽しかったな。行って良かった。嫁も堪能した様子。

そして、今日は佐野クン59歳のおたんじょうび!おめでとう!!
来年で還暦かよ?マジですか?
こんな60歳が・・・いるのか?信じられない。まさに「少数民族」。
ファンになって30年。今後もついていきますぜ。

元春の歌をお供に今夜旅に出ます。さぁ始めるぜ。オレの4年目を☆
じゃ、行ってくるね。にゃにゃん☆
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ