2015/3/15

福島南相馬ボランティア記  東北のためできること

昨日は福島県南相馬にボランティアに行ってきました。
先月、とある旅行会社のボランティアツアーに申し込んだけど人が集まらず中止。
別の団体のツアーも同様の理由で中止。
何とか相馬に行きたくて探しているうちにボランティア団体「援人」のツアーを見つける。
金曜日の夜、東京駅前に集合してワゴンカーで福島に向かう。参加人数10名。
常磐道が開通したこともあって思ったより早く到着。

南相馬にボラに行くのは昨年4月以来。すっかりご無沙汰。スマン<(_ _)>

今回の作業場所は小高区。その前に原町区の津波の被害跡や慰霊碑を見学。
いつも参加の旅行会社ツアーだと原町区の様子はあまり見ない。
原町区は被害が少なかったのかな、と思ってたがトンデモナイ勘違いだった。
土地は荒れ、多くの方が亡くなっている。今回、これを視てよかった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
小高区に入ってボランティアセンターでセンターリーダーの講話を聞く。
南相馬の状態も色々変化があったことを知る。そして作業場所に向かう。
今回はある農家さんのお宅で籾殻の撤去作業。
宅地内に山ほど或る籾殻を除去し除染処置をするための準備作業。
((注)籾殻の除去作業のみで「除染」は行ってません))

ここに住んでいた方は原発事故の影響で避難している。小高区は現在誰も住んでいない。
昼間の帰還は許可されているが、夜間は禁止。放射能線量も決して低くは無い。
((注)1日作業したくらいでは影響の無い数値レベルです))

リーダーの指示のもと、籾殻を集めてトン袋に積んでいく。
最初は元気よく作業できたが、後半はかなりバテた(^_^;
トン袋が重くて運んでいるうちに足腰が痛くなりフラフラ、情けない。
でも、力いっぱい作業ができた。
半日作業して30個近くのトン袋が出来たが、全部は終わらなかった。残念。

作業はメンバー間でお話しながら楽しく出来た。
でも・・南相馬の現状・・正直去年4月来たときより復旧が進んでいるとは思えない。
(あくまでボクが「視た部分」では)
放射能の線量、避難者に対するある部分でのケア不足。課題は多い。
その話をしたときリーダーは悔しそうだった。

帰りは二本松で「浪江焼きそば」をいただく。いつもはSAで食事なので地元のお店で食べるのは嬉しい!
大盛りを頼んだけど食べきれず残してしまった。スミマセン、でも美味しかったよ♪
東京駅に到着して解散。再会を約して別れる。

帰宅後、録画していた「東北Z まちのうた」を見る。
相馬をモチーフにしたくるりの歌「SOMA」についてのドキュメンタリー。
知人のレコード屋さんが大々的にフューチャーされていたのが嬉しかった。
フレスコキクチ、蔵菊地蔵、松川浦、自分が行った場所も沢山出てきた。
ウン、相馬もまた行こう。

福島南相馬・・色んな問題がある。前に進めない部分もあろう(勿論、前に進んだところも)
避難している方の苦しみ、残って暮らしている方の逡巡・・・オレなぞには想像つかない。
でも・・それでも福島はステキだ。良い処が沢山あるし楽しい発見が沢山ある。
行くたびに好きになる。
相馬、南相馬は仙台と並んでオレにとって大切なピンポイントだ。

写真は南相馬の空、サイコーにキレイだ。
また行こう。この空に逢いに行こう。☆
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ