伊賀篤のブログ

(ペンネーム=勉強不足のJCP党員、便所の住人)開設:2004/8/20〜

 
閲覧有難う御座います。
個人的な「主張」やら「エッセイ」を時折に書いていきます
(批判、コメント、拍手、その他もろもろ歓迎…拍手コメントは断りが無い限り公開させて頂きます)
更新は不定期です。(最近はフェースブックやツイッターばかりですが)

フェースブックはコチラ
ツイッターはコチラ

総アクセス数      
突っ込んだ議論用の専用掲示板はこちら(閑古鳥)…
お気軽だべり場(別名ひとりごと掲示板)はこちら…
個人的日記ブログはこちら(より頻繁に更新…と言っても週に1回程度)…
掲示板の過去ログ+HP表紙はこちら…
管理人にメールする時はこちら…
管理人(伊賀)が勝手に応援している「WORLD PEACE NOW」へのリンク−−→ WORLD PEACE NOW

フリースペース


このコラムの用途は決めて無いけど
素材置き場にでもするか?・・・

   ∧_∧
   ( ´∀`)
   (    ) 私の脳みそは―
   | ||
   (___)__)


     (##) パカッ
  \  T  /))
   ( ´∀`)
   (    )
   | ||
   (___)__)

  はい、
  メロンパン入れになってまーす♪

    ||
  ∧||∧
 (  ⌒ ヽ 
  ∪  ノ
   ∪∪

党中央HPにゃ「リンクバナー」が
置いて無いから作ってみた・・・


憲法9条は【狂気】の中の【正気】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!
ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊賀篤
●suterakusoさん。こんにちは。

選挙制度改革(に限りませんが)でも、政策で必要なのは、誰でも理解できる明確な論理と、その具体化でしょう。そういう意味で、選挙制度改革での我が党の政策はなってませんし、それが党略で無いのならば、単なる政策立案能力の枯渇でしょう。

まぁ、衆院選も近いので、この問題は近々…また取り上げる事になるでしょう。
投稿者:suterakuso
 伊賀さん、こんばんは。そうですよね。それが分かりやすいですよね。こんなところで小さな党利を…。まったく…。今なら情けないことに、社民党が全国区に同意するかも…。と、思いましたが、このコメント、たまたま気がつきましたけど、なかなか気づかれないんじゃないでしょうか? 次の日記でお知らせするのかな?
投稿者:伊賀篤
●選挙制度についての日本共産党が直近?で掲げている「政策」について、党中央のHPから下記を見つけました。

政治とカネの汚れた関係を断ち切り、民意が反映される選挙制度に/参院選挙政策より - 日本共産党の政策
(2004年6月2日)
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2004/06/post-332.html

これによると…

> 民意を反映する比例代表制の廃止ではなく、民意を反映しない小選挙区制の廃止こそ、いまやるべき選挙制度の改革です。日本共産党は、そのために衆議院の選挙制度を全国11ブロックの比例代表制のみの制度に改革することを提案します。

…だそうですが、正直に言えば…これ(全国11ブロックのみ)では、何故?全国11ブロックに拘るのか?の根拠が、良く判りませんね。

地元の意見も反映させるという意味で、都道府県単位での比例代表制度を掲げていた、昔の政策の方が解りやすいですし、全国ブロックの参院の比例代表枠との差異も見えにくいです。

参議院の一票の格差が5倍という事で、昨日・最高裁で違憲判決が出ましたが、やはり参院は全国ブロックの比例代表のみにして、衆院は都道府県単位の比例代表のみにすれば、役割の差異も明確化できると思います。

都道府県単位にすると中選挙区制に近くなり、日本共産党にとっては、議席獲得が困難といった単なる【党略】を主張するのでなくて、もしも…あるべき姿を追求するならば…
投稿者:伊賀篤
●素浪人さん。こんにちは。

> 仮に,今,中選挙区制に戻して総選挙をしたとしても共産党は5議席獲得できるどうか…。

それでも良いです。単なる党利党略では無く、何が日本の政治を決める選挙制度として望ましいか?…を、私は考えたつもりです。
党中央にも、そういった党利党略から離れて、あるべき姿を、そろそろいいかげんに【具体案】として提示して欲しいものです…(苦笑)

> 現行の制度になって以降、自民党などの劣化はひどいものですが共産党も例外ではないように感じています。

まぁ、そうでしょうね。昔の中選挙区時代に比べて、組織自体も高齢化が進み疲弊しています。
それでも、田舎の中選挙区(定数が2〜5)の県であれば、候補者も一人でしょうから、組織専従【兼任】ではなく、候補者として【専任】して、日常から地域や山間部までを回らせる事ぐらいは可能な筈です。
もしも一人で出来なきゃ、それこそ土着している各地の市町村議員の後に付いて回れば、出来る筈です。(金魚のフンみたいに…苦笑)
頑張れ、候補者!
投稿者:素浪人
 いわゆる“田舎”は人口も少ないですし、選挙では自民党を支持する方が多い所ですから共産党は「あまり行く意味のない」と捉えているのかもしれませんが、きちっと対話してまずは個人レベルでもいいから信頼関係を築けば、分かってくれる人は結構いるんですがね。前回述べた通り、市町村議会の議員をしている党員さんにはそういう努力をしている人も少なくありませんが、国政選挙の候補者が同様の努力をしている光景は残念ながら最近は目にしたことがありません。
 仮に,今,中選挙区制に戻して総選挙をしたとしても共産党は5議席獲得できるどうか…。現行の制度になって以降、自民党などの劣化はひどいものですが共産党も例外ではないように感じています。
投稿者:伊賀篤
●素浪人さん。こんにちは。

> 小選挙区制については廃止するしかないと思いますが、中選挙区制ならば当選者が出るぐらいの努力を候補者自身もして頂きたいものです

そうですね。これには同意です。中選挙区レベルで当選者を出すには、やはり候補者自身がドブ板を踏んで、積極的に田舎の町内会レベルにも足を運んで顔を売るというか、信頼を勝ち取らなければ勝てませんね。

現行の(どうせ勝てない)小選挙区で名前だけ出している、地区や県の機関専従党員の兼業ではダメになるという意味でも、中選挙区制度は共産党自身にとっても意識改革の契機にはなるでしょう。(笑)
投稿者:素浪人
 自民党王国と言われる地域でも市町村議会の選挙あたりだと共産党の候補者がトップ当選という事例も少なくありません。観察すると、そういう人はたいてい地域に密着して活動し、地域の中で党派がどうこうというより個人として信頼されているケースが殆どです。国政選挙の候補者もこういうのを見習って活動していかないとダメでしょうね。あとは人の集まる都市部の主要な駅前だけでなく、いわゆる「田舎」と呼ばれる地域にも出向いて演説や集会をするといった努力もして頂きたいものです。
 国政選挙における共産党の候補者には田中角栄のような所が全くない。だから有権者に親しみを持たれず、距離が縮まることもない。これじゃあ当選できないどころかその可能性すらありません。
 小選挙区制については廃止するしかないと思いますが、中選挙区制ならば当選者が出るぐらいの努力を候補者自身もして頂きたいものです。
投稿者:伊賀篤
●suterakusoさん。こんにちは。

> あのブログの方

自分の党の事なのに、私はkojitakenさんに言われて、初めて彼が国政の候補者だった事を知りました。国政候補者でアノ理論水準って思うと…(苦笑)

> 参議院は、選挙区選挙を小選挙区のみ、全国区は政党ではなく候補者の全国区選挙のみにして、差異化すればよいのではないでしょうか?

「一票の格差」だけを問題にすると、現状では衆議院より参議院の方が格段に大きいんですよね。
今回、私は参議院の事は問題にしませんでしたが、参議院で小選挙区を導入すると、解散のある衆議院よりも尚、格差拡大が放置されかねませんので、いっその事、大選挙区だけ1本にするのも良いかもしれません。
(地域の代表はあくまで衆院、あくまで全国の良識が参院という役割分担が明確になって良いかも…)

この参院の大選挙区を、比例代表にするか、完全に個人投票にするかと言う問題は、色々議論が有るでしょうが、タレント候補のオコボレで当選しちゃう議員というのも考えモノですから、確かに(大選挙区ならば)完全個人投票でも良いかもしれませんね。
その代わり、供託金制度は廃止すべきでしょうが…
(各当選者の獲得する投票は分散されるので率から言えば微細になり、供託金の意味は無いですから)

そうしたら、ネットとかでの有名人でも、参議院では当選したりするかもしれませんね。(笑)
投稿者:suterakuso
伊賀様 ご返事ありがとうございます。

先ほどの投稿後、「ん?国政レベルの話かな?」と思ったところでした。
まあ、山口はそのレベルは関係ないんですよね。
そう言えば、伊賀さんがよくコメントをしているあのブログの方も、立候補地と現住所が違うのですよね?

さて、昨日のコメントで、衆議院・参議院等をお尋ねしたのは、実は、それぞれの役割を考えて抜本的に改革することが、後々は必要だろうと考えたからです。
衆議院の場合は、伊賀さんの提案の通り、都道府県ごとの非拘束名簿式にすると、無所属の個人が立候補できる制度にもできますよね。
問題は、有名人・人気者によるずるくてえげつない議席獲得なんですが、まあ、都道府県ごとにすれば、全国区よりはましですよね…… … …どうですかね? … まずいかも …。
ちょっと、これは、よく考える必要がありますね。

いっぽうで、参議院は、選挙区選挙を小選挙区のみ、全国区は政党ではなく候補者の全国区選挙のみにして、差異化すればよいのではないでしょうか?
現行の全国区非拘束名簿式比例代表制は、森不人気を避けたい自民党のエゴから生み出されたろくでもない制度だと思うのですが…。

と、何のコネクションも持たない一ネット依存症が、頭でっかちなことを人のブログにかこつけて開陳させていただきました。
すみません。
投稿者:伊賀篤
●suterakusoさん。コメントありがとう。

前回のコメントで頂いた意見は、さっそく本文に反映しました。

> 地域に根をおろした地道な活動をしていたと思いますよ。

それについては全国の各地域や職場に3千もある支部の草の根のメンバーの地道な努力では、他党に比べても誇っても良い部分も有ると私も思いますし、草の根の一般党員は(それを)自分の役割分担だと肯定的に捉えているのですが、恐らく素浪人さんは(それに)甘えている様に見える国政レベルの候補者を批判してみえるのでしょう。(苦笑)

> 全労連系

私は逆に(共産党員ですが)民主党支持の連合系の労働組合に属していて、イラ立つ事もありながら、組合執行部に建設的な提案を地道に続けています。(笑)

先日、やっと組合の要求案に私の意見が採用されて、シニア契約社員の組合員化が、会社への要求項目になりました。(そもそも労働基本権である団結権についてまで、イチイチ会社に伺いを立てている時点でヘタレですが…)

組合費はウチも負担です。
(連合系の場合は、全労連系と異なり、堂々と支持していない政党に政治献金までしていると思うと、腹も立ちますが…苦笑)
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ