伊賀篤のブログ

(ペンネーム=勉強不足のJCP党員、便所の住人)開設:2004/8/20〜

 
閲覧有難う御座います。
個人的な「主張」やら「エッセイ」を時折に書いていきます
(批判、コメント、拍手、その他もろもろ歓迎…拍手コメントは断りが無い限り公開させて頂きます)
更新は不定期です。(最近はフェースブックやツイッターばかりですが)

フェースブックはコチラ
ツイッターはコチラ

総アクセス数      
突っ込んだ議論用の専用掲示板はこちら(閑古鳥)…
お気軽だべり場(別名ひとりごと掲示板)はこちら…
個人的日記ブログはこちら(より頻繁に更新…と言っても週に1回程度)…
掲示板の過去ログ+HP表紙はこちら…
管理人にメールする時はこちら…
管理人(伊賀)が勝手に応援している「WORLD PEACE NOW」へのリンク−−→ WORLD PEACE NOW

フリースペース


このコラムの用途は決めて無いけど
素材置き場にでもするか?・・・

   ∧_∧
   ( ´∀`)
   (    ) 私の脳みそは―
   | ||
   (___)__)


     (##) パカッ
  \  T  /))
   ( ´∀`)
   (    )
   | ||
   (___)__)

  はい、
  メロンパン入れになってまーす♪

    ||
  ∧||∧
 (  ⌒ ヽ 
  ∪  ノ
   ∪∪

党中央HPにゃ「リンクバナー」が
置いて無いから作ってみた・・・


憲法9条は【狂気】の中の【正気】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!
ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊賀篤
●こんにちは。キンピーさん。

回線が昇天されていたとの事で、ネット復帰おめでとうございます。(笑)

> 領批判の「先進国こそが」という箇所は同意です。

今の「資本主義の枠内での改革」という事を前面に出しているだけでは駄目だという事でしょう。

> ただ思想哲学は“使いよう”だと思います。

そうですね。ただ「科学」というのは、徹頭徹尾に形式論理学であって、弁証法自体は哲学ではあっても「科学」では無いんですよね。
確かに、他者と「対話」や「議論」をしていると、その【結果】が「止揚」という形式になる事がありますが、その結果を(対話中の形式論理の媒介無しに)先取りする事は実際的には不可能なのです。
それを意識的に「対話」を排除して結論を押し付ける道具にしているのが、共産党における弁証法の実態だと思っている次第なので、私は(対話法の原点への回帰と同時に)政治理論からの排除を訴えています。

> 最後に規約ですが、伊賀さんが列挙されているように多くの問題がちりばめられています。
(中略)
> 組織内ルールに完璧はありませんが、少なくとも現代の生産体系が採用する組織ルールの良質の部分を吸収しようとする意識を持たなければならないと思います。

そうですね。少なくとも組織は上から腐るという古来よりの普遍の真理もありますし、範を示さねばならない党首が何段階もの間接選挙で選ばれて、異論との議論や競争に晒されていないのも問題ですし、この【民主集中制】自体が思想面での派閥まで禁止している弊害が、主流派(という名の分派)の専横を許して、恣意的な排除の論理がまかり通っています。

これを根本的に改め、キンピーさんが戻りたくなるような党になれる様に、党を変革したいものです。(笑)
投稿者:キンピー
引越しでネット世界から消滅させられたこともあって返事が遅れて申し訳ありません。

さて、
綱領批判の「先進国こそが」という箇所は同意です。
資本論を読み社会主義が資本主義の発展系ということを正しく理解していれば当然の帰結だろうと思います。
また必然や「決定付けられた未来」など無いというのも同意です。
ただ思想哲学は“使いよう”だと思います。
局面によってはAかBかではなく止揚しなければならない場合が多々ありますし。
それに共産党のいう唯物弁証法がおかしいのは、その基礎をなしている科学観に大きな問題があるからでしょう。
このあたりは私はTAMO2師匠と同意見です。

最後に規約ですが、伊賀さんが列挙されているように多くの問題がちりばめられています。
細かく言うのもなんですので、広松の組織原則批判を書こうと思ったのですが、本が見当たらないため過去に広松を参考に別ブログで書いたコメントを貼り付けておきます。
「指導する側とされる側、この両義性は前衛集団内部の指導―非指導の関係が人格的に固定化される時、全く同じ論理構造によって下部党員大衆を指導の対象としてしまいます。 ここにおいて資本主義的生産の体系に見られる管理(フォーディズム)のヒエラルヒーと同一構造の官僚主義的管理指導体系が、前衛党の内外で成立することになります。 この指導体系は権力と直結していますので、資本主義のそれよりも、より強固で凶暴なものとなります。 」
さて、さらに問題なのは生産体系にみられたフォーディズムは既に過去のものであり、なぜか共産党がそこにしがみつき、共産党自身が過去のものとなろうとしていることです。
組織内ルールに完璧はありませんが、少なくとも現代の生産体系が採用する組織ルールの良質の部分を吸収しようとする意識を持たなければならないと思います。
投稿者:伊賀篤
●植田与志雄さん。こんにちは。
私も、党中央を始めとした「機関」には、何も多くを期待していませんし、期待できるとも思っていません。
やはり党の草の根の構成員の「多数」が、単なる疑問やサボタージュに留まらず、現状の党を変えなければ生き残れないという「具体的」な変革プランと意識変革を持って、中央や機関を包囲できるぐらいにならないと、党は本当には産まれ変われないでしょう。
それには組織横断的な交流が必須ですが、今の所の私の手元にあるその為の「手段」は、ネットしか無いのが現状です(苦笑)。まぁ党の余命が尽きる前に間に合うのか否か?…私にも解りませんが、できるだけの事はやっていきたいです。
(メールアドレスの解っている党員にはココを教えたりしていますが)
投稿者:植田 与志雄
伊賀さん。
党は今、講やマルチ商法と同じように組織の維持拡大それ自身を目的とする組織となってしまっていると思います。組織の維持拡大から利益を受ける層が運営していますので、、。中央の力量はやせ細っていて理論的議論に耐えられる力も自信もないと思います。だから伊賀さんのような議論を提起しても応えられない。ただ、われわれも含めた下部にはまだ余熱が残っていて新鮮な空気を送れれば希望は0ではない。問題はどうやって空気を送るか。支部を超えた党員間の意見の交流を何とかして実現させたい。地区委員会の任務としてヨコの意見交流の促進を実現させたい。形式的な交流の場ではない実質的な生意見の交流の場を。機関まかせにしないで、意思あるものが手をあげて資金も時間も技術も供出する。機関がこれを否定することは出来にくいのではないか。民主集中云々とか分派云々とかの理論的?議論ではなく自力と活力の回復のために支部を超えたヨコの意見交流を提起したい、この線で行くのです。これでイケルという確信はないですが、これ以外に実効ある進め方が浮かびません。
投稿者:伊賀篤
●植田与志雄さん。続きです。
(このブログのコメント欄は1回に1000文字までしか書けないので…苦笑)

> 党は使命としては革新だが、実行部隊としては規律重視の反革新的組織運営になりやすい

…というか、既に(全てとまでは言いませんが)反革命的と言っても過言では無い(異論を言う党員への)除名やら除籍といった処分は、もう何十年来も行なわれて来ており、異論を排除した後に党に残った党員達の一部では、大衆団体やら民主経営やらで好き放題をやって顰蹙を買っている現状があります。
彼等の【主流派分派】に対抗できる【批判派分派】が許されないという現状では、党が新陳代謝も出来ず、一つの方向性が行き詰った時に別の方向性で代替して【進化】する道筋すら現実的・実際的には有りません。
言うまでも無い事ですが、自然の摂理では、どんな生き物も環境に合わせて種の中の多様性を活かして自分自身を進化させられない種は淘汰されて滅びます。
まして、革命を目指す党であれば、改革する対象に自分自身が含まれないなどと考えるのは、論外でしょう。
そういう意味では、党は存亡の危機に(既に)立っているのだと私は思っています。

御互い、頑張りましょう。
投稿者:伊賀篤
●植田与志雄さん。こんにちは。
コメント有難うございます。私も励みになります。

> しかし問題は党員が殆ど聞く耳を持たないことですよね。党自身に何か問題が潜んでいると感じていない党員にとっては無用のおしゃべりでしかないのではないでしょうか。

そうですね。これだけ党が衰退し後退し高齢化しているにも関わらず、組織が新陳代謝や、政策面でも勢力の面でも前進できない理由は、組織内での【多様性】の希薄さ以外に求める事は不可能に近いにも関わらず、他の発展している組織(会社でも何処でも)に学ばず、それに問題意識を持たないという事は、信じ難いというか…思考停止としか(私には)思えません。

> 支部を超えた意見交流のできる党運営を実現させる。

これは私も考えていた事ですが、その運営を(上に陳情しても)既存の「機関」任せにしていたら、形式的な「支部交流会」みたいな物しか実現しないでしょうね。(苦笑…それならタマにウチの地区でも有ります)
そこで私は、日常的にネットを使って意見の拡大や討論をしているのですが、SNS(ミクシーとか)にしてもブログにしても、意識を持った個人個人がドンドン自発的に意見を発信していかなければ、それも一人では限りが有ると感じています。
(民主集中制の破棄への党内世論形成に)

(続く)
投稿者:植田 与志雄
今年になってこのサイトを見つけてそれ以来いつも感心して読んでいます。とても勉強になります。今回の党中央への提案ですが全部賛成です。しかし問題は党員が殆ど聞く耳を持たないことですよね。党自身に何か問題が潜んでいると感じていない党員にとっては無用のおしゃべりでしかないのではないでしょうか。私はいつもそこをどうしたらいいのか悩んでいます。民主集中制(DC)に関する議論は理論面では出尽くしていて決着済みと思いますがDC原理による規約の各条項に対して是非を論じていても党内での議論には発展しないと感じています。私の実感では中央だけでなく支部内でも規約改訂への賛同は得られないのではないでしょうか。そこで私はDCの是非を論ずるのでなく、回り道ですが「意見交流の自由というより促進」を訴える、支部を超えた意見交流のできる党運営を実現させる。これは規約の改定を要しませんし、現規約の範囲内で可能です。意見交流イコール派閥、分派とならずに、地区委員会など機関の責任において意見交流の場をつくるよう提案する。意見の小選挙区制のようなもので各段階で勝ち残った意見だけしか残らず、議論も出来ません。意見の小選挙区制状態を実質的に破る運営を実現させねばならない。意見交流のなかでDCに関する議論も可能になって力を得ることができるのではないでしょうか。もう一つ、党は使命としては革新だが、実行部隊としては規律重視の反革新的組織運営になりやすいという矛盾を持っているとも思います。こ数年来考えてきたことです。
投稿者:O
(付けたし)
下記の書き込み

【支配勢力による意識的な資本主義的イデオロギーの強化や対抗的学問勢力に対する実に洗練化された組織的な排除という側面も、最近は特に強まる傾向があり、イデオロギー闘争の場面における階級的力関係の顕現であるとも言えるように思います。】

に関連する事として、

堤 未果『政府は必ず嘘をつく――アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること』、角川SSC新書、2012年.

はお薦めです。
●Oさん。こんにちは。

コメントありがとう御座います。

> 外部からの新しい血となるべき、若手世代と言えど、日本における現在の左翼文化の衰退の影響もあって、知的創造的活力ある人材が参入してくる可能性は少ない。

確かに数は少なくなっていますが、皆無では無い現状で、我々の世代に出来る事は、彼らが自由に知的創造力を磨き鍛えて成長できる環境を整える事だと考えて、今回の提案に至りました。

こうした「運動面」での人材の裾野が(かつてより)広がれば…

> それは国内の左翼系社会科学において、対抗策の展望や社会主義の展望について語るような学問的土壌が――伊賀さんがしばしば引用される一部のAM派系を除けば――希薄化・枯渇化している事と無縁ではない筈です。

…といった、左翼系の学問に進み、更に理論水準の全体的な向上が図れるという、正のフィードバックも産まれる可能性もゼロでは無いと、私は期待しています。ですから私も…

> あまり自己否定的、自己打撃的になり過ぎるのは、現在の情勢下では必ずしも有益ではないとも思うのです。

…という様な、打撃的な批判を旨とする物では無く、出来るだけ建設的に、自己啓発的な意味での、活発な「学問」への接近や「議論」の活発化を目指したものです。

そして、Oさんも言われる様に、私も含めた日本共産党が目指すべきものは、狭く党だけの再生では無く…

> その対象は共産党に限定すべきではなく、日本の左翼文化一般を視野に入れた「再建」を模索する事なのだろうと思います。

…というのには同感です。日本共産党は今は少なくとも「前衛」では無いそうですが(笑)、日本に広い左翼的な土壌が有って初めて存在できる存在である事を自覚して、日本共産党以外の人々に対しても閉鎖的でドグマ的に凝り固まった存在では無く、広く「対話」ができる様な存在として、その他の左翼的な勢力と伴に「再建」を模索されねばならないでしょう。

置かれた立場や役割は異なっても、御互いに頑張りましょう。
1234|5|
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ