伊賀篤のブログ

(ペンネーム=勉強不足のJCP党員、便所の住人)開設:2004/8/20〜

 
閲覧有難う御座います。
個人的な「主張」やら「エッセイ」を時折に書いていきます
(批判、コメント、拍手、その他もろもろ歓迎…拍手コメントは断りが無い限り公開させて頂きます)
更新は不定期です。(最近はフェースブックやツイッターばかりですが)

フェースブックはコチラ
ツイッターはコチラ

総アクセス数      
突っ込んだ議論用の専用掲示板はこちら(閑古鳥)…
お気軽だべり場(別名ひとりごと掲示板)はこちら…
個人的日記ブログはこちら(より頻繁に更新…と言っても週に1回程度)…
掲示板の過去ログ+HP表紙はこちら…
管理人にメールする時はこちら…
管理人(伊賀)が勝手に応援している「WORLD PEACE NOW」へのリンク−−→ WORLD PEACE NOW

フリースペース


このコラムの用途は決めて無いけど
素材置き場にでもするか?・・・

   ∧_∧
   ( ´∀`)
   (    ) 私の脳みそは―
   | ||
   (___)__)


     (##) パカッ
  \  T  /))
   ( ´∀`)
   (    )
   | ||
   (___)__)

  はい、
  メロンパン入れになってまーす♪

    ||
  ∧||∧
 (  ⌒ ヽ 
  ∪  ノ
   ∪∪

党中央HPにゃ「リンクバナー」が
置いて無いから作ってみた・・・


憲法9条は【狂気】の中の【正気】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!
ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:一時しのぎ
失礼いたします。以下はキンピーブログ7/25付けトピに投稿した、私のコメントからの転載です。ご回答いただければ幸いです。
---
(ありとあらゆる戦争を認めない)9条バカの日共は、ベトナム共産党による(ありとあらゆる)戦争行為を批判すべき。その戦争の最中の、日共の言動と、その後の自身の言動と、現在における総括や弁明など、存在しますでしょうか。筆坂さんに問いたいところです。
(以下参考、一部抜粋)

●護憲、「非戦」の日本共産党が武闘派ヴェトナム共産党の独立戦争を讃える怪
http://kiyotani.at.webry.info/200701/article_19.html

ヴェトナム共産党は対仏、対米戦争を戦い抜いてきた、武闘派です。また72年にはカンボジアに武力侵攻して内戦に介入、また79年懲罰と称して侵攻してきた中共 の人民解放軍をこれまた武力で撃退しました。
 
 つまり武力によって独立を勝ち取り、一貫して外交の延長として武力を行使し続けてきたわけです。

 非戦、平和憲法墨守を党是とする日本共産党が何故、このヴェトナム共産党の歴史を是とし、意見しないのでしょうか。
 
 例え独立運動といえども武力を使用するのは如何なものかと。また中越戦争でも中国に対して話し合いで解決すべきだったと。武力による問題解決に関して自己批判を求めるべきでしょう。
 或いは「お国も我が国の平和憲法を採用すれば戦争する必要なんぞありません」などと提案すべきでしょう。

 ヴェトナム共産党とそのようなやりとり無しに同じ共産党だからと有効を結ぶのはヴェトナム人の武力行使、戦争はOKだが、日本人は駄目だという二重基準であります。それとも本音では日共が政権を取った暁には党に忠誠を誓う赤軍を創設しようとでも思っているのでしょうか。
どちらにしても不誠実か嘘つきです。
投稿者:伊賀篤
●拍手コメントを頂きました。
どちら様かは解りませんが、ありがとうございます。
こういう方は大勢居るのでしょうね…今は御高齢の様ですが、元気で頑張って下さい。

***************
2012/7/22 18:34
19歳のとき入党した東京葛飾区に住んでいました。訳けあつて24才の時から2度ほど転居、今は茨城県に居りますが今は離党していますが、本紙。日曜版よんでいます84才の男です。
投稿者:伊賀篤
●仮)山田二郎さま。こんばんは。

御紹介の「にこにこ動画」を見ました。(ログインする時に既に会員だったのを忘れていました)

被災地の瓦礫処理に関しては、私の地元の浜松市の市議団では、受け入れを前提にした申し入れをしています。

http://blog.goo.ne.jp/ogurokeiko/e/9144461a691f65f92d0855bdef4b053c

まぁ、こういう問題に対して、冷静に、科学的に対応しないで、感情的に条件反射する「サヨク」には、困ったものです。

まぁ、敵に攻撃材料を与えているだけの発言を自覚しない「サヨク」には、もっと周囲(普通の)の人と「対話」して成長して、真の団結と人権を実現できる【左翼】となって欲しいと思います。
投稿者:仮)山田二郎
サヨクの悪い例の一つです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18406714

以前に行われた教育関連でのシンポジウムでもそうでしたが、一般有権者の目を意識していれば、こういった発言・行動は出きないでしょうね。(伊賀さん達がお嫌いな隠し子の閣下や今話題のコスプレイ氏の人気を下支えしているのは、こういった方々です)
投稿者:伊賀篤
●パープルさん。こんにちは。

> 革命的楽観主義

これは(不破氏とは)別の意味で私も持っていまして、それは(歴史的スパンでの)大衆の理性への信頼と、自称「革命政党」自身を「革命」するという意味でです。(笑)

> 「○」さん

Oさんの読みは、「マル」ではなく、アルファベットの「オー」です。でしたら良いのではないでしょうか…
(昔のハンドルネームは「oda」でしたが省略形という事で…まぁ私個人とは古い御付き合いでオフでも御会いしているので「O」でも構わないのですが?)
投稿者:パープル
21世紀はまだはじまったばかり。12年しかたっていないのに悲観することもなきや と超楽観主義でいられる人は良いのですが・・・・
 2010年の赤旗まつりで不破さんは「私が負け続きの日本共産党でもいつもなぜ明るいのか?と記者に昔聞かれた時に<革命的楽観主義>を持ち合わせているからだ」と革命的でもなんでもないことをおっしゃていました
 それと・・・・・「○」さん。さすがに丸という名前は覚えにくいですから「ウィリアム」とか「大畑清」とか人名っぽいハンネにしては? なんだか私の目が悪いので「○」という部分が消えて見えるのでネット上透明人間みたいで
投稿者:伊賀篤
●植田与志雄さま。

昔(12年程前)は、「さざなみ通信」に投稿したり、同時期に共産党に対して中立的な立場で運営されていた掲示板であった「JCP−Watch(今は閉鎖)」に、(党に批判的な)投稿をした党員を党機関が身元を割出し、除籍にするなんて事(中国共産党みたいなネット検閲)を、党は実際にやって居た訳ですが、今はどうなんでしょうね?

今の所は、私は無事です。(苦笑)

今後とも宜しく御願い致します。
投稿者:植田与志雄
伊賀さんへ、植田です。
さざ波には2年前からいくつか投稿しています。
今後ともヨロシク。
投稿者:伊賀篤
●植田与志雄さん。こんにちは。

まぁ、私もネットに割ける時間と労力には限りがあるので、真面目では無い、つまり相手への立場の(最低限の)配慮も無く、客観的な根拠を示さないデマの類にまで、懇切丁寧に全て対応する事は不可能なので、そういう意味で「見切り」は必要なのでしょうが、まぁ…私も【看板】を背負っているのは事実なので、そういう場合は意図を図る【簡潔な質問】か、それにも及ばない場合は【無視】に留める事とします。(笑)

まぁ、エンジニアとしては要求される精度(公差)などにより、「見切り」は確かに必要ですね。

今更ですが、植田与志雄さんは「さざなみ」にも投稿されている方と、同一人物ですよね?…いえ立場的に回答できなければ、それでも良いです。

私もアソコに投稿した事が、某所で問題にされた様です…(苦笑)
投稿者:植田与志雄
伊賀さん、今後もご活躍を期待して応援しています。私が「見切る」ことに過剰反応したのは、私自身「見切る」で何度も後悔しているからなのです。
深い「見切る」⇒将棋やエンジニアが深い思索を経て先の先の本質にたどり着いての「見切る」。意味あるし必要でもある「見切り」
浅い「見切る」⇒本質や変化をうわべだけで判断して思考停止して視野から排除する。例えば社民主義への敵対、や資本主義限界論からの社会主義へ展望、セクトへの分裂、にもこの見切りがあるように思えてならないのです。
もちろん、自分では浅い見切りを警戒してはいますが、深い見切りのつもりでも浅い見切りだったことを後から後悔することが多かったのです。
伊賀さんはエンジニアなので浅い見切りとは無縁の世界での生活が長いと思われますので、私の心配は余計なお世話だったでしょう、、、。
12|3|45
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ