伊賀篤のブログ

(ペンネーム=勉強不足のJCP党員、便所の住人)開設:2004/8/20〜

 
閲覧有難う御座います。
個人的な「主張」やら「エッセイ」を時折に書いていきます
(批判、コメント、拍手、その他もろもろ歓迎…拍手コメントは断りが無い限り公開させて頂きます)
更新は不定期です。(最近はフェースブックやツイッターばかりですが)

フェースブックはコチラ
ツイッターはコチラ

総アクセス数      
突っ込んだ議論用の専用掲示板はこちら(閑古鳥)…
お気軽だべり場(別名ひとりごと掲示板)はこちら…
個人的日記ブログはこちら(より頻繁に更新…と言っても週に1回程度)…
掲示板の過去ログ+HP表紙はこちら…
管理人にメールする時はこちら…
管理人(伊賀)が勝手に応援している「WORLD PEACE NOW」へのリンク−−→ WORLD PEACE NOW

フリースペース


このコラムの用途は決めて無いけど
素材置き場にでもするか?・・・

   ∧_∧
   ( ´∀`)
   (    ) 私の脳みそは―
   | ||
   (___)__)


     (##) パカッ
  \  T  /))
   ( ´∀`)
   (    )
   | ||
   (___)__)

  はい、
  メロンパン入れになってまーす♪

    ||
  ∧||∧
 (  ⌒ ヽ 
  ∪  ノ
   ∪∪

党中央HPにゃ「リンクバナー」が
置いて無いから作ってみた・・・


憲法9条は【狂気】の中の【正気】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!
ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:小波
 不快にさせたことは謝罪します。故にここへの書き込みは最後にします。
 私は伊賀篤さんが共産党員であることもここで書かれていることでわかった上であのような書き込みをしました。その真意は共産党員の方は私のような中道左派の考え方に対してどうお考えなのかということが知りたかったからです。ですがそれは難しいことだったとわかりました。
 正直に言うと共産党員への方への書き込みはかなり勇気のいることでした。それ程共産党という存在は遠い存在にあることでした。もしかしたら共産党を否定する議論をすれば門前払いを食らうののではないかとも思いましたが、そのとおりでした。その意味では私が浅はかでした。申し訳ありません。
 いずれにしてもあのような書き込みをした真意は議論がしてみたかったというのが真意でしたが、そうではなくて共産党批判の批判が目的であると思われたようなのでその点に関しては謝罪します。今回の文章をお読みになっても謝罪しているかと思われるかもしれませんが、不快にさせたこと自体には申し訳なく思っています。ただ共産党の方へ議論をしようとした自分自身の浅はかさも同時に悔いています。
 よって謝罪と同時に今後二度とこのサイトに書き込み、閲覧をしないことでその意を表させていただきたいと思います。
投稿者:植田与志雄
共産党のことを排除とか切るなどと言われると、自分の子どもを悪く言われているような哀しい気持ちになってしまいます。小波さんは自業自得と言われるかもしれませんが、、、。小波さんのご指摘は殆ど同意です。なぜ小波さんが排除すべきと思われているのかを考えれば、党は少なくとも真面目な人から排除するしかないと思われないないように自己改革を要求されている、党員の最終忠誠対象は党ではなく日本人民の幸せである、との姿勢であるべきと思います。現在の党は自己の組織の維持自体が目的化してしまっていて、講のような存在になっている、組織の維持自体から利益を得る層によって運営されているから。だから目的は社会の改革だけれど、内に向かっては組織維持つまり保守的性格、この両面の矛盾は世界の全ての革命党と党員の課題であったし、現在の党も古くて困難なこの課題を克服できずに苦悩(一部の人かもしれないけれど)していると思います。自分や子どもはいくら出来が悪くても排除や切るという気持ちにはなれないものです。愚痴になってしまいましたが、、、。
投稿者:623
伊賀様こんばんは。

小波様の「共産党を排除」に抵抗をお持ちですね。まぁ党員であられますから、此処はご尤も。

しかし、小波様の仰る事は結構ポイントをついておられると思いますよ。

1)イメージの悪さ
いくら日本共産党が否定しても、諸外国の事例もありますし、事実国内における非民主的な現実が日本共産党にはあります。失った信用は簡単には取り戻せないでしょう。脱皮が必要なのではないでしょうか。

2)政策についても多くの場合「要求する」であり「政策を自ら構築したり具体的かつ根拠ある提言をしていません。特に経済分野は落第」

3)共産党を含む左の結集という道を進んではならない。これは感情的には私も同感です。彼らは支配するための運動に邁進するが故に孤立を深め運動を衰退させて来ました。これは原水協を観れば今更説明するまでもないでしょう。

と、まぁ国民世論ごく普通の何も知らない人は別として何らかの運動をした人の実感ではないでしようか。共産党は此処を深く自己批判して改めない限り民衆に支持されることはないでしょうね。

で、そこを何とかしようと伊賀様は頑張っておられますので小波様もご理解をお願いしたく思います。お二方とも「現実を何とかしたい」という点では共通しておられると思います。もう少し議論を深められたら如何でしょうか。
老婆心ながら感じたままを記載しました。伊賀様、小波様、横から失礼しましたお詫びいたします。

投稿者:伊賀篤
●小波さん。はじめまして。

どうも、私のブログの「自己紹介」やら、本ブログの他の記事は(1ページ目だけでも)全く読んでおられない様ですが、私は現役バリバリの「日本共産党員」であり、その体質や規約や綱領や具体的政策の欠如の改革は志していますし、古典的マルクス主義イデオロギーの一部は捨てるべきとの考えですが、現代的数学ツールを駆使した「数理的マルクス経済学」は有効だと思っていて、本ブログでも…

文明批判としての資本主義批判の現代における有効性について
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/126.html

…という記事を書いて、市場を残したまま民主的な政治制度でこそ本当の「共産主義」が実現できるというのが個人的な思想信条です。

それを貴兄は「排除」すべきというのであれば、貴兄はココ(私の個人的な思想信条の自由の表現の為に有償で借りている場所)に、そんな書込みをするべきではありません。

…というか、人の場所に、そこを良く読みもせず、コメントをカキコする事自体が失礼というかマナー違反でしょ?

よって、その態度の反省が見られなければ、次回からは(マナー違反という事で)問答無用で削除させて頂きますが、ご不満があれば、どうぞ貴兄も御自分でブログを開設されるなりして、貴兄の思う左翼を再生させて下さい。(苦笑)
投稿者:小波
 左の退潮はそのイメージの悪さと理論、現実的な政策面での国民との乖離があると思います。そのためには以下のことが必要になると思います。
 第一に共産党と共産主義の排除が必要だと思います。これを言うと共産党関係の方は反発すると思いますが、今左のイメージの悪化、もしくは回復ができない最大の問題の一つは左という言葉には共産党や共産主義のイメージがあるために中道、中道左派の国民が逃げてしまうことがあります。多くの国民は民主主義を信奉するの同時に修正は必要としても基本的には資本主義を認めていると思います。たとえ将来のこととしても共産主義を信奉するところには根源的なところで拒否感があることは拭えません。
 また理念的な部分だけでなく民主集中制や党員に過大な負担を求めるようなやり方はまるで宗教団体のように映ります。仰るようにそのあたりのことも拒否感につながっています。
 第二に政策です。やはり左の勢力は現実的で具体的な政策を提示できていません。未だに55年体制下でのなんでも反対の姿勢です。もはや時代は反対だけでは駄目なのだと思います。反対、ならばその先、対案はどうなのだと問われる時代なのだと思います。つまり現実的な具体的政策を伴わない反対は支持を得られないのだと思います。
 加えて左は国民の関心事のうち人権や格差の問題には大きな声を上げるものの外交や安全保障の問題にはあまり熱心ではないように思います。昔と違って国民の関心事には安全保障の問題も十分入ってきます。それを右翼の宣伝といっているうちは国民の支持は得られないと思います。言い悪いは別にして中国などへの不安感は国民に増しており、それに対処して国民に安心をもたらすことも格差と同じく重要なことだと思います。
 このように左の勢力の回復のためには共産党などの極端な勢力を切ったうえで、現実的、具体的な政策を掲げる必要があると思います。つまり中道左派の道を選ぶべきだと思います。共産党を含む左の結集という道を進んではならないと思います。そのように左の結集を標榜しているうちは国民は左に目を向けないと思います。
投稿者:伊賀篤
●623様。おはようございます。

> 左翼ってセクト主義

これも、仮)山田二郎様の言われる様に…

> 自分の立場でない所から俯瞰できないと

…という事に重なる部分で、一般人から見れば共産党も社民党も同じ様なモノなのですから、共産党が民主集中制なんて規約を変えて、派閥を認めて共同会派でも作れば良いと思うのですが…(苦笑)
左翼どうしの、小さなコップの中での罵倒合戦や、セクト主義程に、一般人から興醒めされる事も無い訳で…(苦笑)
投稿者:623@仮)山田二郎様
仮)山田二郎様
激しく同意します。
まずは、ここの克服でしょうね。
>マルクスだなんだは横に置いて、「今の人間ってどうなんだろう?」と言うことを自分の立場でない所から俯瞰できないと、左翼はサヨクのままでしょう。
投稿者:623
早速のコメントありがとうございます。
皆さん、色々なお考えをお持ちだと思いますが、F様も貴重なご意見をお持ちのようですね。

皆様のご活躍を期待しています。
PS:政界再編がいよいよ本格化しそうです。左翼の再編もあるかな(左翼ってセクト主義に陥りやすく再分裂するから不安です)

●623様。こんにちは。

> 15通にものぼる意見書を共産党に出されたエガリテ様

そうでしたか…(笑)
私も彼の手作りHPに、私も50通ぐらいは出しているよと投稿させて戴いたのでした。
たとえ政治的な立場には微妙な温度差は感じても、彼みたいな人との活発な議論が【もし党内にもあれば】、党自体も再生に向かい、一部の自称「民主」経営に見られる様な腐敗は防げたでしょうに…

まぁ、いずれにせよ、党中央も無視できない流れを作っていかねばなりませんね…(苦笑)

PS:そういえば、キンピーさん応援ブログでも話題になった、ピアノ調教師のFさんとは、私もフェースブックで友達になりました。
(ネットで輪を広げつつあります…含:某党中央)
投稿者:623
伊賀様
こんにちは。今日は晴天から一転して雨の瀬戸内です。

大変失礼しました。E様は15通にものぼる意見書を共産党に出されたエガリテ様です。
http://egalite65.com/index.html
1234|5|
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ