伊賀篤のブログ

(ペンネーム=勉強不足のJCP党員、便所の住人)開設:2004/8/20〜

 
閲覧有難う御座います。
個人的な「主張」やら「エッセイ」を時折に書いていきます
(批判、コメント、拍手、その他もろもろ歓迎…拍手コメントは断りが無い限り公開させて頂きます)
更新は不定期です。(最近はフェースブックやツイッターばかりですが)

フェースブックはコチラ
ツイッターはコチラ

総アクセス数      
突っ込んだ議論用の専用掲示板はこちら(閑古鳥)…
お気軽だべり場(別名ひとりごと掲示板)はこちら…
個人的日記ブログはこちら(より頻繁に更新…と言っても週に1回程度)…
掲示板の過去ログ+HP表紙はこちら…
管理人にメールする時はこちら…
管理人(伊賀)が勝手に応援している「WORLD PEACE NOW」へのリンク−−→ WORLD PEACE NOW

フリースペース


このコラムの用途は決めて無いけど
素材置き場にでもするか?・・・

   ∧_∧
   ( ´∀`)
   (    ) 私の脳みそは―
   | ||
   (___)__)


     (##) パカッ
  \  T  /))
   ( ´∀`)
   (    )
   | ||
   (___)__)

  はい、
  メロンパン入れになってまーす♪

    ||
  ∧||∧
 (  ⌒ ヽ 
  ∪  ノ
   ∪∪

党中央HPにゃ「リンクバナー」が
置いて無いから作ってみた・・・


憲法9条は【狂気】の中の【正気】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!
ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:suterakuso
 伊賀さん、こんばんは。

 まず、a改めbさんの「あいさつ」がないことについての件ですが、これは広くご自分の意見を見てもらいたい、少しでも社会をよりよくしていきたいという伊賀さんの考えにそぐわないのではないかと思い、書いた次第です。「親御さんから習っていない」「可哀そうな人」という言葉に対して私のような印象を持つ人は少ないでしょうか。また、私はふつうの人より、伊賀さんの考え方やその背景を知っているといえますが、伊賀さんがa改めbさんに怒りを感じた理由は、説明を受けるまでは思い浮かびませんでした。

 ただ、私も、また遠回しの言い方をして、伊賀さんの感情を害するようなことをしてしまったと思います。そのことにつきましては、謝罪させてください。すみませんでした。

 次に、「左翼」なら云々ということについては、これは伊賀さんの主張に対して、論争を挑んだり、批判をしたりしようという意図のものではありませんでした。これはむしろ質問であり、こういう考え方を提示することにより、「それは誰々がこういう解決策を出そうとしたけれどもうまくいかなかった」とか、「共産主義を学んだ私でも、それについては市場経済によらざるを得ないと考えている」とかの答えを頂ければ、なかなか難しいのだなと考えるし、もちろん、「そういう方向でこういうのがある」という答えを頂ければ、ぜひそれを学んでみたいと考えるとか、そういう意図のものでした。

 もっと直接的な表現にしなければなりませんね。以後さらに気をつけようと思います。
投稿者:伊賀篤
●suterakusoさん。
どうぞ、ゆっくり考えてみて下さい。急いでも良い事は少ないですから…
投稿者:suterakuso
 伊賀さん、こんばんは。自分なりに整理して、二三日中にまたコメントいたしますので、少し時間をください。一応言い訳をさせていただくと、片づけなければならない仕事ができました。
投稿者:伊賀篤
●suterakusoさん@

> だから、それを帳消しにするような合意、そして新たに信用が創れるような合意へと、道が遠いのかもしれませんが、導いていく必要があるのではないでしょうか。

貴兄が、インタゲ論の論拠としているケインズの言う「流動性の罠」について如何なる実証データを持っているか?、またその対処として合理的期待形成論派の議論と、その限界(経済指標改善に繋がる「必要条件」の証明の不在)について、どれ程の勉強をされたかは知りませんが、インタゲ政策は確かに「信用」を帳消しというか崩壊させるでしょうが、一旦失われた「信用」を如何に再構築するかについては何も語ってませんので、やはり貴兄は【無責任】です。

貴兄よりは…まだしも(消費税増税には賛成できませんが)地道に財政再建を訴えた野田総理の方が、(馬鹿ですが)【責任感】というものだけについては上でしょう。

「信用」の崩壊は、何よりも貧しい人にこそ、最も被害を与えますから、安易に「帳消し」だの、何の展望も無い「再構築」だのという神経を、私は疑います。

それよりはまだ、如何にして「信用」を維持しながら財政を再建する道として、例えば…国債は個人にとっては金融資産ですから、贈与や相続や取引に課税する事でも回収もできますし、例えば…そういう方向を【まず】貴兄は示すべきでしょう。

そういう意味で、貴兄は私の記事…

仮にも「税と社会保障の一体改革」と言うなら留意するべき点
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/127.html
【2012/1/15付け記事】

…を貴兄が真面目に読んで頂いたのかも疑問です。

貴兄には、貴兄なりに、人の言う事を批判的であれチャンと咀嚼して、自分の考えを他者への【責任】を持って語る姿勢に、率直に批判させて頂けば(残念ながら)希薄なものを感じざるを得ません。

(続く)
投稿者:伊賀篤
●suterakusoさんA

> 理論ではありませんが、アメリカでさえ、リーマンショック後は日本より大型の金融緩和を行い、派生先である日本よりは不況からの脱却がはかれているというのは、よく言われていることだと思うのですが。

…それは「理論」で無いだけでなく、実際の日米の如何なる経済指標を元にした「事実」だと言う気ですか?
失業率?相対的貧困率?絶対的貧困率?
どれを取っても米国の方が日本より悪い気がしますが?
貴兄にとっての「景気」とは、マネーゲームをしている人々にとっての「景気」と、どうやら同じ様ですね?

そして懲りない事に、貴兄は更にインタゲ論について、未だに…

> 野田氏の財政再建至上主義よりは、期待が持てるものではないのでしょうか。

…といっています。「理論」でも「事実」でも根拠を示さずに!(言葉を軽く使い過ぎですよ)
しかも、私が下記(↓)のリンク先で書いた事(リスク)には全く触れず、他者を狼少年みたいな呼ばわり方をしたままで!

一部で主張されるリフレ政策の失敗によるハイパーインフレを懸念し、今こそ構造改革を!
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/105.html
【2010/7/15付け記事】

上記の記事内容についての考察も論及も無く、そこまで言うならば、私は貴兄に対しても「a改めb」氏へ書いた事と、同じ事を要求します。

別に数理的でなく叙述的でも構いませんから、インタゲに「期待が持てる」もしくは景気回復の「必要条件」である事を証明して下さい。

でなければ、これ以上の【無責任】な発言は、私には不愉快でしかありません。

私は、文章を「感覚」で書く事も否定しませんが、それならそれで、それが「感覚」でしか無い事を弁えて、何故?他人が(この場合は私がですが)「a改めb」氏に怒っているのか?…ぐらいは察して、解る事と解らない事を峻別して、文章を書くべきでしょう。(でないと人を怒らせます)
投稿者:suterakuso
 伊賀さん、おはようございます。いろいろありがとうございます。

 朝なのでとりあえず、簡単にお答えします。私もずばり「信用」がキーワードではないかと。通貨体制とは、信用の上に成り立つという根本の問題ですね。そして、歴史を見ると、その体制は何度も崩壊し、何度も修正を加えながら再構築されてきました。国内的にも国際的にも。そして、その再構築の時に重要なのが、政治的合意です。何を重視して合意するのかということです。日本の累積債務の問題は、これまでの政府の失敗にも関わらず、それにまだ信用を与えよう、その体制を基本的に維持しようというところに抜本的な問題があるのではないでしょうか。だから、それを帳消しにするような合意、そして新たに信用が創れるような合意へと、道が遠いのかもしれませんが、導いていく必要があるのではないでしょうか。もちろん、私も安倍氏のインタゲはそのようなものにはならないだろうとは考えます。金融機関の利益を確保しながらも、うまくいけば景気の浮揚につながり、物価上昇により、国債の比重を相対的に減らすことができるかもしれないというものでしょう。また、消費税により、広く負担を強いるものでしょう。ただ、野田氏の財政再建至上主義よりは、期待が持てるものではないのでしょうか。また、理論ではありませんが、アメリカでさえ、リーマンショック後は日本より大型の金融緩和を行い、派生先である日本よりは不況からの脱却がはかれているというのは、よく言われていることだと思うのですが。日銀に難しいハンドリングをする意志があるかというのも問われているのではないでしょうか。
投稿者:伊賀篤
●suterakusoさん。おはようございます。

kojitakenさんにも注意されていましたが、人の「感情」に触れる時には、その「感情」には理由があるのですから、それ(理由)を考えないと、下手をすると「逆撫で」したり「逆鱗」に触れたりしますよ?…(苦笑)

> 資本主義とか市場経済とか貨幣経済を絶対視しない立場であるはずの左翼が

私は、現在の所は「市場」に勝るパフォーマンスを持った資源配分方法を、経済学的には見出していません。(貴兄にはあるのですか?)
理論的に解明もされていない、空手形を発行する事が、左翼に対して「口だけ」だという庶民からの批判になっている事をお忘れなく。

> 恐ろしいハイパーインフレが来るぞ!なんて言うのは左翼的ではないのでは?と感じています。

まるで私が狼少年みたいなおおせですが、これは///私が私なり、私の言葉で考えた事には、具体的に論及しないで、侮辱されている様に感じます。
違うというなら…

一部で主張されるリフレ政策の失敗によるハイパーインフレを懸念し、今こそ構造改革を!
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/105.html
【2010/7/15付け記事】

…に対して、具体的に御反論を下さい。
(数式など使ってませんからご安心を)

> 何かよい解決策を提示すべきではないのだろうか?

ここの本記事(↑)でも、私なりに地道ですが、積極的労働政策を伴った【産業構造改革】と、再分配強化とセーフティーネット強化こそが、本当の景気回復だと、主張してますが?…貴兄は?
(まず、この記事の「タイトル」を御読み下さい)

(↓に続く)
投稿者:伊賀篤
●suterakusoさんA続きです

> だったら、国債で一時的に吸収なんて言わないで、徴税してしまえばよいのでは?というのも左翼が言うべきことなのではないかと感じています。

その「税」についての提言は、私は下記(↓)で議論していますが?

仮にも「税と社会保障の一体改革」と言うなら留意するべき点
http://blue.ap.teacup.com/nozomi/127.html
【2012/1/15付け記事】

> 今の日本ではインタゲは試してみる価値はあるのかもしれないと感じている

そして「税」とは違い、国債は借金です。借金とは経済に対する「信用」の上に成り立つものです。数理的に結果も予想できない無制限な市場への通貨供給が、その「信用」に如何に影響するのか?もし膨大な国債残高を抱えた状態で「信用」が損なわれたらどうなるのか?
それを貴兄は自分の頭と言葉で考えましたか?
貴兄は市場を「観念」で否定しても、私たちの「現実」は市場に頼らざるを得ず、「市場」よりパフォーマンスの良い資源配分システムの代替案も出していないのですよ?それは【無責任】ではないですか?

私が「a改めb」氏へ怒ったのは、そういう事を【自分の頭では考えず】に、どこかの党の党員の少なからぬ部分と、言っている事の【構造】が同じだからです。
例えば「このビラ読め」とか「党大会決定を読め」、そうすれば解るから、それでも解らなければ、不破氏や志位氏が言ってるからと権威を借りようとするだけの、無思考の「心情バカ左翼」こそが、日本の左翼をダメにしたという事です。
そういう奴に限って、根拠の無い自信で、上から目線をとり、挨拶すらロクに出来ないのです。

> 私はそもそも今の日本の累積債務問題は、対外的な累積債務問題というより、対内的な再分配政策の失敗の累積のようなものだと感じるのですよね。

これには、確かに一理があると、私も感じます。
国債発行では無く、税収で賄うべきだったと。
しかし、既に…国債は発行されて市場に流通しています。それを支えていれうのは通貨への「信用」です。それをインタゲを試してみる価値があると考える貴兄は、どう考えているのですか?
投稿者:suterakuso
 すみません。見返して見ると、文脈がよく分かりませんね。私はそもそも今の日本の累積債務問題は、対外的な累積債務問題というより、対内的な再分配政策の失敗の累積のようなものだと感じるのですよね。そして、それは経済的な政策の失敗と言うより、政治的な決断の失敗であり、さらには必要な国民の合意ができていないということでもあるのではないかと…。
投稿者:suterakuso
 伊賀さん、こんばんは。

 …えっと。。。他人様のブログのコメント欄と掲示板の区別をあまり意識しない人っていると思うのですが、自分もそんなところがあったかなって思うのですが、それを親御さんのせいにまでされるのを見ると、少しどぎまぎしてしまうところがあるのですが…。…それで人の価値判断?(「可哀そうな人」)までされると、なんか嫌な体育会系簡便判定法を思い出してしまいますし…。…すみません…。

 …さて、今までの私のこちらでのコメントやkojitakenさんのところでのコメントなどから、私も、今の日本ではインタゲは試してみる価値はあるのかもしれないと感じていることは伝わってしまうのではないかと思います。ただ、その結果のシュミレーションは、いかにも経済学的だし、要素が多そうだし、微積?数V?数C?もいりそうだし、本を読むのも大変そうだなあと、ちゃんと勉強したことがないのです…。ただ、もっと根本的なところから、野田氏のような財政再建厨には疑問を抱いてしまうのですよね。

 私のブログや最近のkojitakenさんのコメント欄で書きましたが、生産活動は、本当は、土地と生産設備と資源と労働力があれば、理論的には、貨幣や金融がなくとも、行えるのではないでしょうか。 で、こういうのこそ、資本主義とか市場経済とか貨幣経済を絶対視しない立場であるはずの左翼が、何かよい解決策を提示すべきではないのだろうか?恐ろしいハイパーインフレが来るぞ!なんて言うのは左翼的ではないのでは?と感じています。

 また、国債を財源にしているとはいえ、ある国で行われている経済活動は、少なくともその国が行うことができる(←本来そういう生産力があるという意味で)経済活動で、やってはいけない経済活動ではなく、国債の発行というのは、それなのに行われなくなるかもしれない経済活動を、政府が国債の発行によって何とか行えるようにしているというようなものなのではないでしょうか。で、国債が国内消化されているというのは、経済活動に用いられずに無駄に余ってしまっている資金を、政府が一時的に国債で吸収しているという面があるのではないでしょうか。だったら、国債で一時的に吸収なんて言わないで、徴税してしまえばよいのでは?というのも左翼が言うべきことなのではないかと感じています。
123|4|5
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ