伊賀篤のブログ

(ペンネーム=勉強不足のJCP党員、便所の住人)開設:2004/8/20〜

 
閲覧有難う御座います。
個人的な「主張」やら「エッセイ」を時折に書いていきます
(批判、コメント、拍手、その他もろもろ歓迎…拍手コメントは断りが無い限り公開させて頂きます)
更新は不定期です。(最近はフェースブックやツイッターばかりですが)

フェースブックはコチラ
ツイッターはコチラ

総アクセス数      
突っ込んだ議論用の専用掲示板はこちら(閑古鳥)…
お気軽だべり場(別名ひとりごと掲示板)はこちら…
個人的日記ブログはこちら(より頻繁に更新…と言っても週に1回程度)…
掲示板の過去ログ+HP表紙はこちら…
管理人にメールする時はこちら…
管理人(伊賀)が勝手に応援している「WORLD PEACE NOW」へのリンク−−→ WORLD PEACE NOW

フリースペース


このコラムの用途は決めて無いけど
素材置き場にでもするか?・・・

   ∧_∧
   ( ´∀`)
   (    ) 私の脳みそは―
   | ||
   (___)__)


     (##) パカッ
  \  T  /))
   ( ´∀`)
   (    )
   | ||
   (___)__)

  はい、
  メロンパン入れになってまーす♪

    ||
  ∧||∧
 (  ⌒ ヽ 
  ∪  ノ
   ∪∪

党中央HPにゃ「リンクバナー」が
置いて無いから作ってみた・・・


憲法9条は【狂気】の中の【正気】

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
ランキングはこちらをクリック!
ランキングはこちらをクリック!
人気ブログランキングへ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人
(続きです)

> 誰に対しても気付いてあげられるというのには限界があると思いますが、交流を通じて大事に思う相手に対しては気付く配慮のある存在であるようにいたいと思う次第です。

そうですね。私も(個人としては)万能な存在に成れる筈も無いのです(私の今の限界だと思ってます)が、会社みたいな「組織」に対しては、時に構成員に対する配慮義務の様なものが、個人に対してより厳しく問われる場合もあります。我が社も(アリバイかもしれませんが)メンタルヘルス対策として、カウンセラー会社と契約して、連絡先だけはポスターにして張ってあるのですが、果たして充分だったかどうか…
(結果から言えば不充分の謗りは免れないかもしれませんが)

もっと中小の企業や、個人経営みたいな、社会全体の問題として捉えれば、毎年、何万人も自殺者が出る様な社会は、やはり何処かおかしいか、何かが足りないのだと思います。

> 伊賀さんも今回の事であまり落ち込みすぎず、早く気持ちの元気を取り戻せる事が出来るよう、祈ります。

ありがとうございます。実は今回の件が起こる前には、ここの所、4人の私の弟妹の内で、一番下の妹の家庭が壊れ、妹自身の精神状態なども気に病んでいたのですが、逆に生きてさえいれば、まだマシと思える様になった気もします。(苦笑)

力尽きて逝ってしまった人の分も、私は、行ける限り「遠い」処まで、生きて生きて行き抜く所存ですので、どうか御心配なく。御互い頑張りましょう。
投稿者:管理人
Odaさん、コメント有難う御座います。

> 痛ましいですね・・・、ご本人のご冥福をお祈り申し上げます。ご家族の心の傷は簡単には癒えないでしょうが、深刻にならないと良いですね・・・。

そうですね。私と同じ年で(まだまだこれから)働き盛りですし、まだ子供は居なかったのですが、奥さんもそうですが、ご両親の心痛は如何ばかりかと思います。

> 反面、段々年齢と共に日常の仕事をこなす事に追われるだけで、友人の様子に配慮する心のゆとりも無くなりがちなものですね。

私も、昔は一緒によく遊びに行った、同期の友人達とも疎遠になりがちで、まだ居住地域での義理(と人情)も半分混じった付き合いの方が、日常的(といってもイベントが有る時がメインですが)に接して居る気がして、会社では(殺伐とした)仕事オンリーの付き合いになりがちです。

今回の自殺は、わざわざ会社の近くまで来て為されたものですし、御家族にすれば、いくら葬儀等になってから「援助」した所で、故人の(これまでの)配属の経緯もあり、あえて言葉を選ばずに言えば、私も含む会社(組織)に「殺された」と思えてしまうのかもしれません。(勝手な推測ですが)

> それが無いと、男は特に、容易に死の誘惑に誘われてしまいがちになるのではないか、とも思ったりもします。

家族でも恋人でも友人でも、何なら片思いの相手でも養子でも構わないから、人は誰かと繋がっていてこそ、生きていく事が出来るのかもしれませんね。
投稿者:Oda
痛ましいですね・・・、ご本人のご冥福をお祈り申し上げます。ご家族の心の傷は簡単には癒えないでしょうが、深刻にならないと良いですね・・・。

>今更言っても詮無き事ですが、彼の面相は、以前とは全く別人の様に暗く気弱な感じになっていたのに、一緒に(私自身も鬱病で今も通っている)精神科に行こうとすら、声をかけなかった事が悔やまれます。

確かに落ち込んでいるときに、何気ない友人の一言がきっかけに立ち直るという事は、20代の頃の私の経験でも少なくなかったですが、反面、段々年齢と共に日常の仕事をこなす事に追われるだけで、友人の様子に配慮する心のゆとりも無くなりがちなものですね。私も最近は同期の同性・同世代の友人とはすっかり交流がご無沙汰な日々ですが、たまには声を掛け合って、交流の機会を持つようにしたほうが、精神衛生上良いのかどうか・・・?

>私自身は、妻も2人の子供も両親も居て、まだ決して死ぬことはできぬ身なので、どこまでも「遠く」まで、生き抜いて行こうと思ってますし、薬の助けもあり鬱病特有の衝動にもいい加減に慣れて来ましたが、(それだけでなく)今後は同じ事を繰り返さず、周囲の人の限界の叫びに気が付いてあげられる人間に成りたいと思いました。

同感します。これくらい生きてくると、「生き続ける責任」を感ずる存在がいる事が、己が生きていく動機を維持する上で大切であると思うようになってきました。それが無いと、男は特に、容易に死の誘惑に誘われてしまいがちになるのではないか、とも思ったりもします。また、伊賀さんの「後悔」の気持ちもシンパシーを感じますが、他方で普段からの心なり感情の交流の絶えた相手には、重大なシグナルがあったとしても無関心のうちに見逃してしまいがちでもあると思います。そういう意味では、誰に対しても気付いてあげられるというのには限界があると思いますが、交流を通じて大事に思う相手に対しては気付く配慮のある存在であるようにいたいと思う次第です。

伊賀さんも今回の事であまり落ち込みすぎず、早く気持ちの元気を取り戻せる事が出来るよう、祈ります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ