画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

まるでドラマの制作発表

2008/9/12 | 投稿者: おいら

 
自民総裁選候補者5人衆による共同記者会見が10日にあった。

ニュースで観ていて感じたのは非常に和気あいあいで、

ピリピリした空気が伝わってこない。

これじゃまるで、TV局が新作ドラマの制作発表を開いているみたいだ。

どの候補者も次の衆院選挙の事を第一に考えているんだろうけど、

総裁選が終わったら即解散総選挙と考えているのなら今すぐ解散してくれって。



福田首相の辞任発言以来、支持率が上がってと報じられているけど、

これだって「辞めた事を支持した」だけなのかもしれないのに。

実際は「辞めるのが遅すぎた」「辞めるなら解散すべき」という声の方が

遥かに大きいと思うけど。

個人的には「自分は安倍前首相とは違い健康面は問題ない」と言いながら
このように途中で匙を投げた結果になったのだから、
解散総選挙で国民の審判を仰がないのなら
首相だけでなく議員も辞職していただきたい。
これって仕事放棄と同じだと思うよ。
こんな事が本気で許されると思っている党。
そんな党の総裁選、この先には一体どんな意義があるんだろ? 

 
 

 
 
汚染米の偽装販売の件で農水事務次官が

「十分な検査ができず見逃してしまった」と一応詫びていたが、

でも「だからといって農水省に責任があるとは思わない」というような

コメントを出したが、なんじゃそれ?

あれだけの回数の検査を農水省で行っても

全く見抜けなかった事が大問題だと思うけど。

どうせ見て見ぬふりして、

自分が担当の時に見つからないで欲しいとでも

思っていたんじゃないのかな。

月間7〜8回も検査したっていうことは、

どこからかの「怪しい」という声を受けて動いたんじゃないかと思う。

でも抜き打ちでなくその場その場で正しくやっているフリをされたり

2重帳簿で誤魔化されていたというから、

こりゃ検査方法自体に問題アリでしょう。

実際に工業用の糊の原材料用に売ったとされた伝票を元に

追跡調査もせず、検査も事前通告して行っていたんだから、

事の重大さに対する問題意識も相当低い。

外からの「怪しい」の声に対して「検査したが問題はなかった」と

そう答えられるネタが作りたかっただけだんじゃないのか。

おそらく「見つからなかった」のではなく「見つけなかった」だけ。

国民の食の安全よりも自分たちの組織を守る方が大事な奴ら。

こんな農水省なら不要だな。


職員の中には勿論一生懸命国の為に働く人もいるだろうから

農水省の一部が悪なのだとは思うけど、

でも農水省のすべてが善でなくてはいけないと思う。

この影響で商品を自主回収しているメーカーは本当に気の毒だよ。

でも今回の一件はまた氷山の一角かもしれない・・・。


こういう本来の仕事をやっていない公務員に対して

無駄な給料を払うだけでなく、

辞めた後まで天下りという甘い汁を吸わせるような、

国民にとって全く納得できないような事は

早くやめさせてもらいたい。

消費税のUPや環境税の新設、年金保険料の引き上げなど、

財源確保のための値上げで国民にこれ以上負担させる前に

まず自らの甘さを見直し改めてから、

そういう議論をしてもらいたい。

そんな物の言い方をしている候補者っているか?

空気読めてないと思うけどな。


  
 
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ