画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

必殺仕○人

2009/11/12 | 投稿者: おいら

 
以前TVで人気を博した必殺シリーズ。

今は必殺仕事人ではなく仕分け人として復活したらしい。

場所は江戸の町ではなく新宿の某体育館。

決め技は「問答無用の短時間質問責め」らしい。

凄いねぇ〜。



確かに今まで密室で行われていた予算化作業に陽を当て

効果の無い無駄な事業にメスを入れることはできたと思うけど、

あの場に至るまでに一体どのように検証・議論してきたのかが

全く見えない上に、あの短時間で次から次へと仕分けしていく

そんな光景を見るとそれはそれでちょっと心配なんだけど。



廃止/存続を決める際、どのような判断基準を考えているのか、

例えば社会保障上の救済対策や国民支援に関わるような事業だとしたら、

今後を見据えて残しておく必要があるのかもしれない。

国の事業として、それが国民にとって有益なものなら

不採算であってもそれは必要な事業なのかもしれない。

また今すぐに成果が上がらない事業の全てが駄目な訳でもないし、

今後の日本の強味にすべきことなら逆に予算を増やすべき事業もね。

問題はその事業にどの程度の無駄遣いがあるのか!

例えば存在意義が見当たらない財団などが運営コストをかけすぎていたら

その財団をバサッと切ってしまうとかすればよい。

無駄を排除すれば継続することに意味がある事業もあるはずだから、

予算源の捻出ばかりに目がいってなければ良いが・・・。



まぁ勿論そんな事は百も承知で進めているんだろうけど、

仕分け人や与党議員ってこの先の長期的な環境変化などを十分に踏まえて

本当に正しく判断できるのだろうか...。

どのように選出されたのか、適任なのかも分からん。

机上の理論だけで決められるのは怖い気がする。


リーマンショックのように色々な連鎖によって影響を受けたように、

そんな外因的なことだって いつ・どんなことが 起こるか読めないのに。



事業内容とは別に、本当に「こりゃ無駄遣いだ!」と思われるような組織、

例えば、天下りの受け皿目的の組織で仕事の成果が殆ど認められない組織は

思いっきり叩き切って、事業自体の意義の有無とは分けて決めて欲しい。


中には「こんな名称でこんな事をやっているんだぁ〜」みたいに

初めて知ったような事業があったり、金をスルーさせるだけで

そこに上乗せして予算のピンハネをするだけの組織もありそうだから、

そんなのは民間委託しても可能なんじゃない?

これは事業の仕分けとは別の観点なんだろうけど、

今回の事業仕分けってごちゃ混ぜにされているようでね。


とにかく血税の使い道として許せるか否かはキッチリ判断して欲しい。

 

 
 
 
 
それにしても・・・

あの元クラリオンガールの議員さんの口撃は凄い!

怖すぎ。



そして、また静香ちゃんが

「うちの党が入っていない」だとか

ブーブー言っているようだけど、

いい加減黙らないのかね。

やっぱり連立を組むという事にどうも納得がいかない。
 
 

 
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ