画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

危険回避!

2004/7/28 | 投稿者: おいら

母親が近々ちょっとした手術をするのですが、今日は術前検査の為の入院となりました。
いつもの様に車で送っていったのですが、その帰り道で危うく事故に巻き込まれそうに…(怖)

場所は、首都高速6号向島線下りの向島付近
時間は、15:30頃
車2台とトラック1台の追突事故でした

神田橋から首都高速に乗ったのですが、平日の夕方間際はいつもこんなに混んでいるのか!とビックリ。箱崎手前からは激混み状態で、超ノロノロ&ど割り込み合戦が展開されていました。そして箱崎での最終合流も終わり、京葉との分岐も過ぎ、ようやく流れ出してきた頃、周りの車の速度が一気に上がり、前方では車の間を縫うように車線変更を繰り返し追い抜く車とそれを追うかのように追随して飛ばすトラックがいました!

後ろからこんな光景を見ていてちょっと嫌な感じがしたので、速度を落とし数百m後方をのんびり走行していたのですが、すると走行車線を追い上げていたトラックが急にボディを左右に小刻みに振って蛇行したかと思ったら、みるみるうちにうちの車との距離が接近してきたので「アレ?何で??」って・・・。

すると前の方では パリ〜ン、ガシャッ、パラパラパラ・・・
車が急にセンターライン側に飛び出してきたり・・・
お〜怖(>_<)

どうやら車の前に1台強引に割り込んだらしく急ブレーキ、でも後ろのトラックは停まれないし、真横にはジグザグ走行で抜こうとしていた大型トラックが走行中で車線変更もできなかったらしいですね。その結果、前の車にオカマ掘っちゃったみたい(>_<)

そして突っ込まれた車が押されてその前の割り込んだ(と思われる)車にゴン!その反動で割り込んだ車が横方向へ押し出されたという状況みたいですね。結構派手な音と共に次の瞬間ライト類の破片が路面に散乱してきました。

この時、うちの青鰤との距離は既に20mも無かったのでハラハラドキドキでしたぁ。でも、運良くこの事故った3台がそれ程追い越し車線にはみ出さずに停止していたので、こちらの車線側は手前で停止することなく、ハザード点けながら徐行で横を通過する事できました。こっちも本線上に停車なんて事になったら、後ろからのゴン!が怖かった(ダンプだった ^^;;;) でも流石に後ろのダンプはすり抜けられなかったようで、停まってました。

横を通過する時に車内に怪我人がいないか確認しましたが、何だか狐につままれたような表情でした。


今日はホント焦りました!
車間距離とってて助かりました!
本当に怖いですねぇ。
皆さんも無茶な運転する輩には気をつけてくださいね。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ