画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

かなり効果的なダイエット

2013/3/30 | 投稿者: おいら@追楽

 
最近ジーンズが緩々になってしまったので新調した!



そこで1年半くらい前に買ったモノと比較をしてみると、物凄い差!!

クリックすると元のサイズで表示します


まぁ、サイズからすれば当然なんだけど・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


1年半前に買った時は少し緩めで合わせてサイズ「33」、

そして昨年の夏頃は生地が伸びたのか更にちょっと緩めになり、

年明け頃にはかなりブカブカになって。


そこで「31」のサイズに買い替えたんだけど、その後も更に痩せていき

仕方なく他にも買っていた少し細身のデザインのをはいて凌いでいたけれど、

それでも流石にベルトで調整するにも限界があるし、はき心地がイマイチで

ずっと気持ち悪かった。


そこで今回「29」でほぼピッタリのサイズを再度買い直した。

何れも同一メーカーのルーズタイプのストレートだから、

この差くらいに細くなったということだ。

ちなみに、ノーマルのストレートのだとサイズは1つ下でも大丈夫な時が多いので、

もしかすると「28」でもはけるかもしれないな(汗)



こんなにドンドン痩せていくと、まるで悪い病気のような感じだけど

実はそうではない。

   

  
 
 
 
 
 
何故このように痩せたかというと・・・

  
それは介護ダイエットとでも言うか、母親の介助によるもの。

はじめのピークは腰を圧迫骨折し退院した昨年11月〜12月、

この時に先ずガクッと痩せた。

そしてようやく回復してきたと思ったのも束の間、

2月頭にショートステイで見守りの無い所で車椅子から転倒(落ちた)、

再び少し圧迫骨折気味な状況と共に、神経を痛めて痛みが取れない。

そして2月から現在まで再び夜間の介護状況がピークとなって

加えてウィルス性の胃腸炎で下痢が1週間続いたものだから

トイレとの往復の頻度がぐんと増え、その結果夜は殆ど熟睡できない。

そんなこんなで、また更に痩せてしまった。


その後落ち着いたとはいえ、一晩に2〜4回はトイレ介助に起きるので

酷いと睡眠時間はやはり連続して2時間以上はとれない状況。

また室内移動では後ろ側から母の両脇に両腕を通して、

体重の重みを腰にかけないように持ち上げながら支えて

移動を補助するのだが、その際は息を止めている事が多く、

身長差を解消するために少し腰を落としながら移動したり、

歯磨きの時はその状態で数分耐えているから

それが自然の筋トレにもなっている感じ。


その結果、体脂肪が一気に減った。

あとは食事の内容も母親に合わせているからアッサリ目になったし、

量も少し減ったかもしれない。

その結果、体重としては10kg少し減って、タニタの体重計によると

体脂肪も少な目になって体内年齢は何と28歳になった。

別にダイエットをするつもりではなかったけど、こんなにダイエット効果がありました。

まさに「介護ダイエット」!


ちなみに定期通院している病院での血液検査の結果も、

非常に模範的な内容になりました。




だけど自由時間が欲しいし、ぐっすり眠りたいな。

慢性の睡眠不足が辛いです。
 
 
 
2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ