画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

MLB

2005/6/16 | 投稿者: おいら

最近、海の向こう側のベースボールから目が離せない!

日本でも初の交流戦、清原の通算500号HRなど盛り上がりを見せているが、どうしてもMLBの方が気になってしまう。そんな中大活躍する日本人メジャーリーガー達。

クリックすると元のサイズで表示します
負傷のゴジラ松井が特大5号HRを含むマルチヒット!(現地:6/14)
チームの逆転に繋がるタイムリーを含むマルチヒット!(現地:6/15)
 ※6月の月間打率は .356 とチームトップ!


クリックすると元のサイズで表示します
大家友和 移籍直後の登板で完封勝利!(現地:6/14)
 ※通算防御率は 2.86 !



そして、イチロー選手は

クリックすると元のサイズで表示します
史上3番目の早さでMLB通算1000本安打達成!(現地:6/14)

この記録もとっても素晴らしいけど、
今日は何と言っても


クリックすると元のサイズで表示します
野茂英雄 日米通算200勝達成!!(現地:6/15)

野茂は 1995年にロサンゼルス・ドジャース(ナショナル・リーグ)でMLBデビューした後、1996年に打球が飛び不利といわれる高地のコロラドで「ノーヒットノーラン」を達成! その後、怪我や不調などもあり解雇・マイナー契約などの苦難を乗り越え、メッツ、ブルワーズ、タイガースと渡り歩き、2001年にはボストン・レッドソックス(アメリカン・リーグ)で2度目の「ノーヒットノーラン」を達成! 史上4人目の両リーグでのノーヒットノーラン達成投手となった。

本当に色々な事を乗り越えてようやく達成した記録だから一層感動が大きい。

クリックすると元のサイズで表示します


もしも、野茂のMLB挑戦が無かったら、今MLBで活躍している日本人選手の人数ももっと少なかったかもしれないし、日本球界(NPB)のレベルももっと低いままだったかもしれない。


この先は完全な私的見解なんだけど… (^^ゞ

Jリーグの発足により海外から能力の高い選手たちが日本でプレイをするようになって日本人Jリーガーのレベルが徐々に上がってきた日本サッカー界のように、MLBやその傘下(3Aとか)からNPBへやってくる外国人選手との対決を通じて日本野球も知らず知らずレベルアップ(スピードアップ、パワーアップ)しているように思える。

なんたって今はMLBから日本でのプレイを希望してやってくるメジャーリーガーも多いらしい。特に日本人投手はMLB側もかなり前から身分照会したり色々と触手を伸ばしていたくらいだから、それだけ投手レベルの高さを認めている。だからNPBから帰国する投手をMLB側は放っておかないらしい。メイ(阪神→巨人)やワズディンやサンタナ(巨人)とか、時々MLBの試合で投げていたりするし…。そういえば巨人を早々にクビになった「ミセリ」だって、既にどこだったかMLB球団のマイナーからメジャーに復帰しているとか。

投手のレベルは現在でもかなりの選手がMLBクラスに到達していると思うけど、打者の方はもっとバットの芯でシッカリ叩くという基本を大切にしないとまだまだMLBで通用するのは難しい気がするなぁ。あと、やはり守備力と走力(速さではなくセンス)もね。NPBであれほど活躍したペタジーニ(ヤクルト→巨人)でさえも、レッドソックスではマイナーだからね。

そんな中で、今年からMLBへ行った「井口(シカゴ・ホワイトソックス)」はダイエー時代からかなり将来のMLB挑戦に備えて打つポイントを体に引き寄せた打撃スタイルにするなど色々と取り組んでいたんじゃないかな。長距離移動や長期連戦といった体力的な事や食生活といった日常生活に慣れたらもっともっと活躍してくれるのでは。リトル松井にも頑張って欲しいんだけどなぁ。やはり打者(野手)はMLBのスタイルに慣れるにはきっと壁が高いんでしょうね。


日本の高校球児がMLBのドラフトにかかるケースも多くなってきているし、これからは益々ボーダレス化が進むんでしょうね。逆に、日本では活躍できなかった選手がMLBで開花するケースだってある。例えばソリアーノ(広島→ヤンキース→レンジャース)なんて正にその代表。日本人選手だって日本の野球には合わないけどMLBのベースボールには合う(例えばインコースは苦手だけどアウトコースはボール気味でも得意とか...)といった選手も、もしかしたら大化けする可能性もあるかも。

だから、今後、NPB〜MLB間でも自由に行き来できる契約ができるようになればもっともっと楽しいと思うんだけどね。もう「日本の選手がメジャーにどんどん流出するのは駄目だ」って騒ぐ時代は過ぎ去ったと思うんだぁ。
#そのくせ「抑えをクローザー」、「中継ぎエースをセットアッパー」、3安打以上の猛打賞に加えて「複数本安打をマルチヒット」とか、言葉は直ぐにMLBをパクるんだよなぁ。(笑)

例えば・・・
来シーズンから2年契約でMLBの球団と契約して、その契約が満了したらまたNPBの球団とも契約できるとかね。当然その逆もアリで、例えば今年メッツにいる「ペドロ・マルチネス」が来年から3年契約で楽天でプレイするとか。(実際にはマルチネスはメッツと複数年契約しているからこれは無理だけどね ^^;)

そんな夢のような時代になるといいな。

なんて好き勝手な妄想を書いちゃったけど(汗)・・・

MLBの良さとNPBの良さがうまく融合して、日本でも野球(ベースボール)観戦で楽しめる試合が増えるといいと思うんだけど。それが最終的にはNPBにとっても良い事なんじゃないのかなって…。


先ずは使用球を早く国際公認球に統一すべきだな。
そして審判に絶対的な権限を与えないと。(その前に審判の質の向上も急務だけど)

今年は先ずは、昨年問題になった球界全体の改革にもオーナー達は真剣に向き合って欲しいね。そこから始める必要があるのが現実かな。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ