画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

カード番号

2005/6/22 | 投稿者: おいら

今日、経済産業省は、米大手クレジットカードの情報流出の件では日本国内で発行されたカードの不正使用による被害が計530件、総額6500万円にのぼるとの調査結果を発表。でもこれから被害が出る可能性がある国内発行のカードは、ビザ系が約4万6000人分、マスター系が約2万1000人分の延べ約6万7000人分だとか。もっと、もっと件数も金額も増えそう。

怖いなぁ。

数年前からクレジット機能を持つカードは某ガソリン会社と某車メーカー、某金融系の3枚に集約はしてきたけど、どれもビザ/マスターが使えるカードだからちょっと気になる。海外で使用したことや海外サイトでの決済にも使用したことはないけど、どこで情報を盗まれるか油断できないご時世。カード情報を売買する闇市場もあると言われているし。

実に恐ろしい...。

どうやら、先ず少額決済を試みてうまくオーソリできるか否かでそのカード番号が実在するかを確認しているとか。万一、そのような事が裏で進行していても、カードの利用明細が確認されるまでには既にかなりの額が使われていると思うのでビクビクものですね。損害はカード会社が補償するとは言われているけど、実際問題として本当に全額補償してくれるのだろうか?

不安だなぁ。

再発行しても、同じような事は今後も心配だし、やはりICチップ&顔写真入りでないと。でも使えるCAT端末もまだまだ末端の加盟店まで普及していないだろうしなぁ。通販の決済では同じことだしね。

ホント 嫌な時代だなぁ 
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ