画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

ん〜〜

2005/8/28 | 投稿者: おいら

東京都の某選挙区での話。

例の法案に反対票を投じて、自民党公認が得られない事になり無所属で小選挙区で出馬するかと思えば、公明党の票への影響を配慮して出馬しないと言う。

その後、自民党は比例代表での公認を匂わすような動きに出る。

当然、一貫性のない首脳部に不満噴出。
それが原因かどうかは分からないが、結局比例代表での公認はなくなった模様。

すると、一転してやはり小選挙区で無所属出馬すると前言撤回。

こういうのって何なの?

党側から、出馬を思いとどまり賛成へ寝返ればその見返りに比例区を匂わしていたのか、それとも出馬を取りやめた意を汲んで、党がその後で賛成への説得をのむ条件で、議席確保の為に歩み寄ろうとしたのかは定かでないけど、こんな事が耳に入ってくるから政治不信になったり、始めから「どうせ」ってシラケたりするんじゃないのかなぁ。

元郵政大臣だし、やはり一度大臣になるとそのしがらみからは抜けられないのかな?
でも、族議員という言葉が平気で使われ、そのような定義が当然のように通じてしまうような風潮がある中で、先ずは郵政族から解体していくことには大いに意義があると思ったけど、もしこれが出来ないのなら、今後他の「○○族」だって解体できないよね。結局、国政、いや県政でも政治の世界って、立候補者にとっては選挙での自分の得票数が全てで、票を入れてもらう為に結局地元の利益(他は知ったことじゃない)や支援団体の利益(見返りもあるし)を守ろうとするのは仕方がないってことなのかぁ?

これじゃぁ国会議員は「国民の代表」じゃなくて「地域だけの代表」であり「職域・業界・省庁を守る代表」じゃん。


【日本国憲法 前文】

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

 そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、 その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。(以下省略)


「本当に国全体の財政や今後の世代の暮らしに役立つ事を第一に考えている人」が当選する仕組みってできないのだろうか。国内から石油がじゃんじゃん出る国でもないし、今までお得意の技術力だって、教育制度がコケタ影響が今後どうなるのか考えるだけでも恐ろしいのに、本当に今まで通りの進め方でこの先大丈夫なのかぁ?


党の政策の中に国民が不在だとすると...

あーやだやだ。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ