画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

おニュー!

2006/4/20 | 投稿者: おいら

自宅のエアコンの入れ替え工事が18日に終了!

今までのものは既に15年が経過し16年目に突入していたが、その間も様々なトラブルが
発生していたので、本来のエアコンの性能がどの位のものかすっかり分からなくなっていた。
それが今回入れ替えたことにより、これだけ効くのか!と驚いてしまった。

というのも、今までの室外機のガスが漏れていたらしく、殆ど虫の息状態だったらしい。
これじゃぁ真夏や真冬にいくら室温設定をMAXにしても効かなかった訳だぁ。

そして音も静かだし、消費電力もかなり抑えられているらしい。

ちなみに今回決めたメーカーはダイキン、今までのはナショナル。
でも実はダイキンのエアコンって、ナショナルのOEM製品で、基本的な部分は同じだとか。
まぁナショナル独自のフィルターお掃除機能とかは付いていないけど、この機能って
結構故障が多いらしいし、冷やす・暖める・除湿すると本来の機能がシッカリしていれば
安い方がありがたいしね。そういう点ではダイキンのエアコンって値引率も高いから
結構お得な気がします。だから値段的にもかなり格安な条件で入れ替えることも出来たし
これからの季節の前に先ずはホッとしていたり。

でも室外機1台+室内機2台を2セット入れ替えたので結構行っちゃったけど(^^;;
特に取り付けや配管工事は、室外機×2台に室内機×4台と倍数になっていくし、配管類を
覆って目立たなくするダクト類の長さもかなり長くなるのでこれが意外と高い!っす (;_;)
その代わり工事はかなり丁寧な内容でかなり満足できるものだったし、これは量販店で
安く売られているものの標準工事内容とはだいぶ違うから、まぁ仕方ないですねー。


今回は、地元のガス会社のサービスショップの認定を受けている店を通して依頼したので
アフターサービスも万全だし、これで今年の梅雨や夏は快適に過ごせそうだにゃ(^^)


 
 
今回の工事で分かった事...

エアコンの室内機って、僅かに右側が左側よりも下になるように傾きが付けられている

これは、水の流れを意識した取り付けで、これがきっちり水平になっていると、後々になって
水が配管に回らなくなり室内機から水漏れする原因になるらしい。だから、取り付け工事は
しっかりしたところでは、水平器を使ってここを慎重に確認している。
このあたりは取り付け無料の工事内容ではかなり怪しいらしいし。

ちなみに水平器の目盛りと気泡の位置でいうとこんな感じ

     |

一応水平内には入っているが左ぎりぎりあたりに気泡が来るように右側を下げている。
こうしないと、今後水垢などが付着した時に水がそこで留まってしまう。

※実際には配管を屋外へ出す側へ流れやすくするように下げているので、メーカーによって
この逆側を下げているケースもあるかもしれないけど。


あとは、エアコンのガス用の管や室外機からの電源コードと排水用の管を束ねる時に、
排水用の管が必ず最下部にくるようにし、更に室外へ出す穴も少し下向きに空けるとか
工事の際に色々と留意しなければならない重要なことがあるみたいっすね。 
 
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ