画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

北海道DB

2007/9/18 | 投稿者: おいら

 
データベースといってもシステマチックなもんじゃぁないんですけどね(^^;

 クリックすると元のサイズで表示します

ここのファイルの中には、北海道から色々持ち帰った観光パンフレットや情報誌、

行く前にネットで調べてプリントした資料などが地域別に綴られてます。
 *「美瑛」「富良野」のファイルは多いので独立してまーす

あと、市販されている写真集やプリントした写真もね。



勿論PCの中にも今までの写真や行程・観光スポットなどの資料は入っているけど、

実際はここにある紙の資料を基にネットで最新情報を確認する方が参考になったり。

だからここのコーナーは北海道DBみたいなものなんです。

時々引っ張り出しては妄想に励んでます(爆)


 
0



2007/9/20  13:47

投稿者:おいら

> chiaki-kさん
やはり「丘の四季」を買われましたか!
あの写真集はとってもお得な内容ですよね。
ちなみにその左側にあるのは「光彩の大地」ではないくて、「美瑛の大地」という阿部俊一氏の写真集なんです(^^;

あのような写真集に載っている写真を撮るには少なくても道内に住まないと難しいのでしょうね。まして、早朝の霧や朝方のサンピラー、夕焼け・夕日、夜空、雪、紅葉(黄葉)といった演出家たちが主役の素晴らしさを引き立ててくれる絶妙なタイミングで撮るには、年に数日撮りに行くくらいでは無理ですし、やはり現地に居を構えないと...、となるとやはり移住するしか... って感じですよね。

「短焦点」ですが本来は特殊レンズの世界での用語だったんですね。焦点距離が短めの単焦点レンズという感じの意味で結構使われていたので、ニュアンスは通じましたので大丈夫ですよ〜。広角レンズは目の前の風景を横方向(左右方向)にドォーンと広い画角で撮れるのもいいですが、メインの被写体に近づいてその背景を広く取り込むのも楽しいなぁなんて思うようになりました。縦位置で撮って遠近感を強調するのもいいですねー。

2007/9/19  13:55

投稿者:chiaki-k

よくよく見たら「光彩の大地」写真集も、
「丘の四季」の左側にありましたね。
失礼しました。

2007/9/19  13:47

投稿者:chiaki

右下にある前田真三さんの写真集「丘の四季」、
私も拓真館で買っちゃいました。
あと、四季彩の丘の売店で菊地晴夫さん撮影の
「光彩の大地」というDVDも。

どちらもため息がでるくらい素晴らしいんですが、
このくらいのものを撮るには、もう移住するしか
ないですね。

それと、一つ前のスレッドの私のレスですが、
レンズについて言葉の意味を取り違えて
いましたので訂正です。

×短焦点のレンズ
○超広角のレンズ

短焦点レンズというのはプロジェクターや、
天体望遠鏡で使用する特殊なレンズのことですね。

http://www.sakunet.ne.jp/~chiaki-k/index.html

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ