画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

忘れた頃に朝青龍...

2007/11/26 | 投稿者: おいら

  
知らないうちに、日曜日をもって謹慎期間が終了したとか。

これって何だかスッキリしない。

本来、謹慎期間は何をするべき期間なのだろう?

ただ単に試合(本場所&巡業)に出ていなかっただけでなく

実家静養(モンゴル里帰り)していただけだと思うけど。



当初相撲協会も厳しい対応をとると言い、

監視役を派遣して管理下におくような事を言っていたけど、

結局モンゴル到着早々に逃げられて居所もつかめず会えなかったり、

その後も本当に治療しているのか(本当に病気だったのか)も不明。


甘いな。


最近のモンゴルのバーでのナンパ暴力沙汰事件の真相は分からないけど、

市民の目撃情報も数多くあったようだし、

本来謹慎期間中に行ってはいけないと言われていた繁華街などの場所へは

すんなり出入りできたようだし・・・。

なんといっても無監視状態にしていたんだからね。



また最近では「自分が出ていない本場所はつまらないだろう」などと

言っているというから、どこまで真剣に反省したのかも疑わしい。



自分の責任を認めない理事長、弟子を管理・指導できない(逆らえない)親方。

相撲人気の早期回復しか考えず、形式だけの謝罪で済まして、

そのまま復帰させようと目論んだように感じる今回の協会の動き。

当初の朝青龍に対する発言からは明らかにトーンダウンしていたでしょ。

リンチ事件の時もそうだったし、こんな協会って本当に必要なんだろうか。

禁止されている力士のサイドビジネスだってもう公然の秘密では?

改革や師匠の教育・指導を怠り相撲界の発展に勤めていないし、

言動は保身しか頭に無いみたいだし。

これで本当に良いと思っているのかねぇ。

裸の王様を祭りたてる烏合の衆しかいない閉鎖的な世界なんだねー。

こんなんで公益法人でいいんだろうか?



また「横審」も、今になって正論を展開しているけど、

そもそもはあんた達が横綱に推挙したんだろ?

その後もずっと悪態ついたり、好き勝手にやっているのを

結果的に野放しにしておいたくせに...。

協会や本人に対する提言・苦言だって出来たんじゃないのか??



国技でもある相撲の世界は、ただ単に伝統を重んじてきただけではなく、

そもそもは「神事」だった訳でしょ?

その中で、横綱という立場に強さ以外に何が求められているのかを

一番に重んじなきゃいかんだろう!!

もうちょっとシッカリやってくれよ!!

それとも自浄力が無いなら、開かれた組織にして近代化してもらいたいよ。



      ・・・・ と、思う朝青龍の帰国(来日?)直前です(^^;;
 
 



0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ