画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

この時期の改造って目的は?

2008/8/1 | 投稿者: おいら

  
今になって内閣改造といっても、その目指すところがよく分からない!

現在のねじれ状況の中で微かに優位を保っている根拠は

直近の衆院選挙での勝利だと思うが、その選挙時の争点は

今となっては何だったか分からない郵政民営化だったと思う。

そして、その当時進めていた小泉前総理主導による改革路線。

民営化後の実態、道路族の逆襲など、その他の改革路線の結果を踏まえると

あの選挙は何だったんだろうか、世の中良くなったのだろうかとは思えるが、

少なくとも現在の政府が参院否決でも衆院2/3での再可決で法案を通している

拠り所としているのは衆院での国民の信任のはず。

でも、今回の内閣改造でその衆院選挙で造反したとされ

選挙後に離党した議員もいるのはちょっと筋が通らないんじゃない?

道路族のドンも留任(選挙時の権限が絶大なよくわからんポストだけど)、

しかも顔ぶれ的にも何やら改革を快く思わない方、増税したい方などが・・・。

もう国民の声は全く反映されていないような。

この布陣で日本をどのように舵取りする気なのだろうか。

また官僚主導の流れが強くなってくるんだろうね。

大臣がこれだけ直ぐに変わったら、

官僚のトップ達は絶対に裏で自分たちの好きなように進める為に企む。

自分たちの立場を守ることが第一で、国民・国の為になんて絶対に考えない。

だから新たな事には手を出さないし、改革なんてやるわけない。

部下は指示に従うしかないからね。

また逆戻りかもね。

こうなると政権交代しかないのか?

ただ、交代できる器ってあるんだか...。

あーあ、シラケル。

 

 
 
過去の公約に対する評価がされないんだから、何も信用できないよね。

改革路線=国民生活を悪くしたと結論付ることが多いけど、

いろいろな改革だって、妨害が入ってできなかったとか

捻じ曲げられて中途半端になってしまったとか、

或いは全くやらなかったとか、その経過が説明されないままで

外からじゃよく分からないし、責任の所在も曖昧。

結局、国民不在になっちゃうんだよね。

  


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ