画像の転用・転載・加工等は固くお断りします

寒そう!... そして五輪。

2008/8/22 | 投稿者: おいら

  
今日の稚内の最低気温が1.5度だったらしい。

まだ8月なのに・・・。

流石に半袖短パンじゃ凍えそうですね。

 

 


男子400mリレー(100×4)で銅メダル獲得!

やったぁー 凄いよ 凄い!

本当におめでとう!!!!!



でも今日は凄く残念でもあった。
 
星野ジャパンが見事に負けた。
韓国の執念の方が日本を遥かに上回っていたような気がする。
でも藤川が打たれて同点にされたのには正直驚いた!
あのストレートにバットを折りながらも執念で内野を越すヒット。
そして引っ張って一二塁間を破るヒットが続く。
韓国の選手は皆かなり振り込んでるんだろうね。
日本サイドでは故障者が続出したのも大きな誤算だったろうが、
それよりも数試合前から調子を落としていた岩瀬が復調していない状態でも、
いつものようにあの厳しい場面で使わざるをえなかったことかも。
勿論その前の藤川の予想外の1失点もそうだったけど。
またGG佐藤のエラー2つ、特に落球がかなり痛かった。

勿論、各選手はみんな精一杯戦ってくれたと思うけど、
オリンピックというものすごくプレッシャーを感じる場で、
最後まで自分の能力が出せなかったのかもしれない。
でもそれは韓国も同じ。
結局、日本チームは本番に弱かったということになってしまった。

中盤まで投手戦でお互いチャンスが作れずにいたのは仕方ないにしても、
韓国のナインの方が死ぬ気で勝ちに来ていたように感じた。
それに比べて日本からはあまり闘志が伝わってこなかったな。
一度対戦している投手なのに、対策を考えたのかと思えるような打撃内容。
セーフティバントで揺さぶるとか、右打者がライト打ちを徹底するとか、
低めの球を捨てるとか、作戦の徹底というか作戦自体もあまり感じられず。

そしてリードされた最終回を迎える前だって、ベンチ前で円陣を組むとか、
バットを振って「代打で使ってくれ」とアピールするとか、
最後まで絶対に勝つんだ!って必死にくらいつこうとする光景は無かったと思う。
終始ずっと前で声を出して盛り上げていたのは川崎くらいでは?

最後は精神的なものが大きいのかも。
あーぁ 残念だったなぁ。

 
0



2008/8/23  11:18

投稿者:おいら

バトンは走者の息が合うまでかなり練習しないとミスが出ちゃうらしいですね。
間が詰まりすぎたり、届かず置いて行かれたり。
私も日本チームは堂々の3位だと思います。

野球の方はというと...。
なにやら試合後に星野監督へ岩瀬起用について質問があったようで、その時に「これが自分のやり方だ」と言い切ったそうですね。
これじゃ指揮官としては失格だと思いましたよ。
選手の調子を把握した上で最善の策を講じないのなら短期決戦で勝ち続けるのは無理。
私もベンチ内での結束や闘争心、金への執念といったものが殆ど伝わりませんでした。
アテネの時は病床のミスターへの想いもあったのでしょうが、もっと燃えてましたよね。
この分じゃアメリカ戦も意気消沈のままやられそうで見るのが怖いです。

2008/8/23  10:38

投稿者:Nari

リレーは快挙ですね。
前回の3位までが予選で失格したとはいえ、バトンも勝負のうちですから。

学校の運動会ではバトンで大幅に減速しますが、TVみててスピードが落ちずに流れるようにリレーできるんだから凄いです。


野球は・・・う〜ん、私も予選からアテネやWBCのような気迫が感じられませんでした。
ペナントで故障者が多くて、人選が遅れたのも影響があるんですかね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ