雨の河口湖  日記

ずっと前から行きたかった
久保田一竹美術館と与勇輝のお人形が展示されている河口湖ミューズ館に行ってきました。
http://www.itchiku-tsujigahana.co.jp/
http://www.musekan.net/index.php

久保田一竹は着物の辻が花という絞り染めを極めた人で、その細かさ、色の出し方がなんとも言えないくらい素晴らしい!!
見たかった≪光響≫という30連作は残念ながら海外出張中で見れなかったけど、なんとも素敵な建物で、着物も、お庭も、すべてこだわり抜いている人だなぁと、ずっとそこにいたい感じだった。

作品はHPに作品も紹介されているけど、目の前で見たら、本当に動けないくらいの感動でした。

与勇輝のお人形は30cm位なんだけど、ほとんどが支えもなしで立っている!本人いわく、震度5でも大丈夫らしい。
まるで生きているかのような細やかなライン。着物のしわが、とっても自然。

どちらも、以前、義母が銀座のデパートで開催された個展を見に行って、買ってきた写真集でファンになりました。

何においても、一途ってすごい事だと思いました。

私の事だから、話はここで終わらず、当然食べ物の話。
久保田一竹美術館のカフェで、とってもおいしいピザ&ケーキのセットをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
二種類のチーズのピザとハイビスカスティー

クリックすると元のサイズで表示します
生ハムのピザ

クリックすると元のサイズで表示します
NYチーズケーキ

カフェの雰囲気もとっても素敵。
季節毎にお庭が楽しめるようにデザインされています。
私が行った時は、桜には少し遅かったのですが、新緑が雨にぬれて、とても落ち着いた雰囲気でした。外国人の観光客の一団が、日本ぽくない雰囲気を醸し出していました。

さて、ミューズ館の後には、ハーブ館へ。
ここはラベンダーの頃に行くといいんだろうなぁ。
ちょっと早かったです。
ハーブの苗が売っていて、なんとラベンダーだけでも53種類!!
これを育てる自信はなく、買ってきたのがこれ
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
紙パックに入った花の種。
培養土、肥料も入っているらしい。土に置いて水をかけると溶ける紙パック。
何とも、ずぼらな私向け。
予定で行くと、10日位で発芽するみたい。
お店の入口に青い花が咲いていたら、ほめて下さい
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ