内申書制度の廃止を求めます

ご訪問ありがとうございます。書くことの好きな主婦です。


「勇気」

平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さき
ドゥ・タイシさん、こんにちは。
貴重なメッセージをありがとうございます。
心から共感します。

>そしてみなさん、この問題の根底には、国民世論と国会で各政党が占める議席数との矛盾があります。国民世論は多様であるにもかかわらず、小泉首相によって郵政民営化選挙にかえられた前回の総選挙において、憲法を変えたい人たちが多数を占めてしまいました。郵政民営化だ、どうだこうだと言っていた人たちが、一部の自民党の指導部によって、憲法を変えるための頭数の議員にすり替わった。民主党の中にも改憲派がおられる。参議院選挙では、政党支持如何にかかわらず、共に考え合って、話し合って、行動もして憲法を守る議員、政党をしっかり見極めて、ぜひ投票に行きましょう。

 戦争に行くのは青年です。政治家はいきません。その犠牲は常に国民であります。今は私たち国民が憲法の名において主権者です。この憲法を政府に守らせつつ、その権利を私たち国民、みんなで行使しましょう。


本当にそう思います。あと2ヶ月、私も少しでも与党政府の危険な正体を伝えていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。




http://blue.ap.teacup.com/paletoutseul/
投稿者:m-maki
おはようございます。そして、はじめまして。
この記事、転記というか、転載させていただきました。
URLはこちらです。http://pub.ne.jp/onefineday/
ありがとうございました。
投稿者:ドゥ・タイシ
 さきさん、ごめんなさい。
 
 真ん中の「訴えの続き」の中ほどの、
 
 「今後2年間引き続きイラン」とありますが、
 「イラク」の間違いでした。
投稿者:ドゥ・タイシ
<<訴えのつづき>>

 そしてみなさん、この問題の根底には、国民世論と国会で各政党が占める議席数との矛盾があります。国民世論は多様であるにもかかわらず、小泉首相によって郵政民営化選挙にかえられた前回の総選挙において、憲法を変えたい人たちが多数を占めてしまいました。郵政民営化だ、どうだこうだと言っていた人たちが、一部の自民党の指導部によって、憲法を変えるための頭数の議員にすり替わった。民主党の中にも改憲派がおられる。参議院選挙では、政党支持如何にかかわらず、共に考え合って、話し合って、行動もして憲法を守る議員、政党をしっかり見極めて、ぜひ投票に行きましょう。

 戦争に行くのは青年です。政治家はいきません。その犠牲は常に国民であります。今は私たち国民が憲法の名において主権者です。この憲法を政府に守らせつつ、その権利を私たち国民、みんなで行使しましょう。

 さきさん、ありがとうございました。
投稿者:ドゥ・タイシ
<<訴えの続き>>
 
 しかしみなさん、今現時点でも言えることは、憲法9条があるから、イラクでもアフガニスタン周辺の海域に自衛隊のみなさんが派兵させられていますが、戦闘行為には参加していません。だから、殺されることなく、また、殺すこともなく、帰ってこられているのです。
 アフガニスタンでもイラクでも、テロによって毎日、私たち同じ地球市民が犠牲になっています。
戦争で、この問題は、何も解決していません。解決どころか、テロが横行しているだけです。
 この戦争に対して日本政府は、米国民が反対しているにもかかわらず、何ら日本国民が理解できる説明もなしに、米国と同盟国だからとか、戦闘行為には参加しないとかいって、賛成し続け、あげくに、今後2年間引き続きイランに自衛隊を送り続けようとしています。
 この態度をとり続ける日本政府に憲法の名によって、日本政府が戦争をできるようになれば、何の躊躇もなく、そして日本国民の、世界の人たちの平和への願いを踏みにじって、米国軍といっしょになって、イラクやアフガニスタンをはじめとして、米軍のいるところどこでもいっしょになって、市民を犠牲に追いやることになってしまいます。
 国民投票法案はこのような結果を招きかねません。だから私たちは国民投票法案は徹底的に審議して廃案を訴えています。

<<つづく>>
投稿者:ドゥ・タイシ
さきさん、こんにちわ。
街頭での私の訴えです。投稿させていただきます。

2007年5月11日  
 昨日、自民党と民主党が、国民投票法案のきょう11日の委員会採決、来週の月曜日14日、参議院本会議で採決する審議日程に合意したそうです。みなさん、「国民投票法」案というのをご存知でしょうか。衆議院で強行採決され、いままた、参議院で民主党もその日程に賛成した、強行採決がおこなわれようとしている、この国民投票法案。内容をご存知でしょうか。
 実は昨日この法案についての地方公聴会で、発言者が、前の日に開催が知らされ、今日、意見を話せと言われても、法案を読んでない。といわれたそうであります。国民の意見を聴くはずの公聴会が、いかにあわただしく、まさにアリバイ作りとして開かれた、わけです。
 公聴会の参加者自身がこのありさまですから、国民のほとんどが、この国民投票法案の中身が、
わからないのは当たり前です。だから私たちは、徹底的に審議をしてくださいと訴えているわけです。
徹底的に審議して廃案にしょうと訴えています。
 なぜなら、この国民投票法案は単なる一個の法律ではないからです。この法律は憲法を手っ取り早く変えるための手続き法なのです。その手続きによって変える憲法とは、どんな憲法なのか。それはとりわけ政府による戦争を禁止し、そのために、その目的を達成するために、戦力は持たないと決めた9条をかえて新しい憲法を作ろう、というものなのです。こんな大事なことなのに、国会で、国民がよくわかる審議もしないで、無理やりとうそうとしています。
なぜでしょうか。 私たち国民に、憲法9条を変えることの意味を十分に考えさせないためです。

自由項目

9条守ろう!ブロガーズ・リンクに賛同しています 教育基本法改悪反対リング 【おすすめサイト】恥ずかしい歴史教科書を作らせない会・*・じゅんじゅんの部屋 ・*・ 暗川 ・*・もーちゃんの部屋 ・*・ milou's note Bis ・*・もぐのにじいろえにっき ・*・ 幸せになるために ・*・ 平和志向法律屋「DANZO」。 ・*・★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条 ・*・ともあきのつぶやき ・*・ 風に吹かれて ・*・ 読売新聞の社説はどうなの?・・・3 ・*・みんなのちから・*・風の気のままに記 ・*・こっかいmemo・*・ きぼう屋・*・あんころブログ・*・ムックの日記・*・+++ PPFV BLOG +++ ・*・花のニッパチ、心のままにU・*・Fonte.旧「不登校新聞」・*・机の上の空 大沼安史の個人新聞教育改革情報・*・Like a rolling bean (new)出来事録・*・あんず通信・*・怒りのブログ・*・忙しいママのための しんじつのえほん・*・もしもし 私です・*・憲法日々徒然・*・教育基本法の再改正を求める会・*・mo-moさんのサイト・*・晴香の平和への愛と祈り・*・へいこうせん・*・ザ・選挙・*・消費者のチ・カ・ラ・*・衆院TV・*・沖縄・平和・9条に関して詩と写真で考える・*・「学ぶことは心に翼をもつこと。」プロジェクト・*・津久井進の弁護士ノート・*・ちゅら海を守れ!沖縄辺野古で座り込み中!・*・川田龍平を応援する会・*・河野美代子のいろいろダイアリー・*・onefineday・*・村野瀬玲奈の秘書課広報室・*・上原ひろ子と国会をかえよう会・*・9条ネット・*・らんきーブログ・*・保坂展人のどこどこ日記・*・政治家「又市征治」という男・*・天木直人のブログ・*・++つぶやき手帳++・*・世界の子供たちに平和を・*・情報流通促進計画・*・「君が代」解雇をしないで下さい(ネット署名)・*・日本の教育を考える10人委員会・*・多文化・多民族・多国籍社会で「人として」・*・杉並の教育を考えるみんなの会

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ