遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>ライデンジャーさん
ともすればヒーローの神秘性ですとか、複雑なドラマに押されて
なんとなく窮屈そうにも見えた怪獣たちが、さながら解き放たれたように
伸び伸び、活き活きと暴れまわる姿を活写してくれたのが
「ウルトラギャラクシー」シリーズの一番の功績だと思いますゆえ……
この路線の継続は、心から嬉しいですね〜。

>古塚さん
>こういう形での二期

アニメですと最近はむしろポピュラーな形なんですけどね。
……あ、考えてみれば「宙マン」もそのクチか(笑)。

個人的には、第二期では宇宙人たちの大挙参入にも期待したいですね〜。
「マックス」「メビウス」で縫いぐるみを沢山作りおいていますから
少なくとも「タマ」には事欠かないはずですし(笑)。

投稿者:古塚
特撮でこういう形での二期ってあまり前例がありませんよね。

個人的には一期はスーツの関係からメビウス怪獣が多かった気がしたので出演怪獣のバランスに期待したいですね(コスモス怪獣VSマックス怪獣とか)
投稿者:ライデンジャー

怪獣は日本の文化デス・・・よね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ