遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>NAKATAさん
いやぁ、それは持ち上げすぎです(赤面)。
なにせ、本日更新分の記事においても触れました通り……
本来描いておくべき赤いラインを、ほとんど描きわすれていたってんですから(恥)。

ですから、仮にNAKATAさんがそのように思って下さったのでしたら……
それはひとえに、ブルマァク造形の優秀さの手柄なのだと思いますね。
投稿者:NAKATA
すみません。
リペ後のアイアン見た時、マジで一瞬当時のスチルかと思いますたww
やー、今回もいいもん見せてもらったですよ。
投稿者:さいとうひとし
>市川大河さん
ワタクシはミラーマン派でした……と言うよりは、
本放送当時の1971年12月は、まだ母親の受精卵に
たどり着くか着かないか、という単なるオタマジャクシ状態でしたので(笑)
「ミラーマン」に出会ったのは1980年時の夕方の再放送なんですよね。
でもって、もう一方の「シルバー仮面」は再放送がなかったので
それこそ比較のしようもなかった、という次第で(笑)。

仰る通り、ブルマァクのミラーマン怪獣ソフビは総じて
造形レベルの高い、脂の乗り切った逸品揃いなんですよね。
(まぁ、ザイラスとノアは少々キビシイような気もしますが)

「ミラーマン」の再現フォト、私もぜひ見てみたいですね〜。
幸い、ここ数年で「ミラーマン」関係の怪獣アイテムは
目覚しいほどの充実を見せてきていますし……。
ただ現在ですと、ベアモデル版のキンダーを入手するというのが
ちょっと厳しい……かな?
投稿者:市川大河
いやー
自分はシルバー仮面派だったんですが
ブルマァクのミラーマン怪獣シリーズは
新マン中期・レオ期と併せて、ブルマァクの究極時代なんですよね。
たぶん、インスパイアさん辺りのミラーマンソフビと並べるだけで
現行バンダイシリーズと肩を並べるクオリティですよね。
ブログでミラーマンも、本当はやりたいんですよねぇ……。

http://ameblo.jp/ultra-taiga/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ