遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>電さん
蛾という儚げなモチーフを、ここまで獰猛かつパワフルにまとめあげたのは
今の目で見ても実に素晴らしいセンスだと思いますね。
投稿者:電
ドラゴリーって蛾なんですよね〜。
なのに全然違う感じがしますね。
パワフルな怪獣っぽいです。
投稿者:さいとうひとし
>烏賊蜻蛉さん
目先のことに囚われるあまり、肝心なところに気がつかない……
「近視眼的思考」は何もドラゴリーだけ、ってわけではないのが
困ったモノですね〜、「宙マン」ワールドの場合ですと(笑)。

>市川大河さん
最小の「超獣名鑑」と、恐らく最大の「怪獣郷」ソフビ……
同じドラゴリーというモンスターを題材にしていても、
自ずと見せ方や方法論で個性が出てくるのは面白いですね〜。
来週の後編UPにも期待しておりますです。

>古塚さん
はい、結局はこういう扱いに落ち着きました(笑)。>ねんどろいど
それはそうと落合さんは、良くも悪くも感覚の一部が麻痺しちゃってるんでしょうね〜。
何しろ同居人がことごとく「ヒトならざるもの」なわけですし……(笑)。

>樹蘭さん
大丈夫、あそこで燃えているのは某漫画家の家ですから(笑)……。
それはそうと、あの姉妹と原始地底人の関係につきましては
「バルタン族における、タイニーとダーク」のようなもの、ってことでひとつ(笑)。

>misodrillさん
やはり北海道在住ですので、その土地柄ならではの
ローカル色は活かさなければウソだろう、ってことであんな風に(笑)。
これからもちょくちょく出てくると思いますので、宙マンたちともども
可愛がってやって下さいませませ(ぺこり)。
投稿者:misodrill
今回は綺麗なオチですね(笑)!
ねんどろいど、何か使いたいなーと思いつつ、頭デカすぎてイマイチ上手い手思いつかなかったんですけど、コロボックルってのは土地柄にも合っててグですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/misodrill
投稿者:樹 蘭
チューリップさんの前に宙マンハウスが燃えているような(笑)
ところでコロボックルシスターズとキング・ボックルの関係は?(ありませんね)

http://love.ap.teacup.com/atomic/
投稿者:古塚
おぉ!コロボックルとして出しましたか。
チューリップを眺める3人の後ろ姿には和んでしまいます。
宙マンもこういう光景を守るために戦うんですよね

(^ ^)

それに比べて破壊兵器たる超獣相手に「何しにいらしたんですの」と言い放つ落合さんって…(笑)
投稿者:市川大河
おぉ!ちょうど同じ日に、並んでドラゴリーですね(笑)
これがシンクロニティというヤツでしょうか?(違)
炎やバリアの効果が、上手くソフトの力を引き出していて
視覚効果として秀逸なんですよねいつも。

北海道編も充実してきましたねー。


http://ameblo.jp/ultra-taiga/
投稿者:烏賊蜻蛉
狙いをチューリップに限定しながら、実際にやってる事は普通の破壊活動…
つか、破壊活動の方がよりマイナスエネルギーを集められるんじゃ?

…流石ドラゴリー、フジサワ・アケミ博士に「おバカな超獣」呼ばわりされた頭の悪さは伊達じゃないw
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ