遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>古塚さん
それでいきますと、ワタクシは「同一シリーズ作品のファンダムにおける、
世代間の溝の深さ」も見ていて悲しくなってきますね〜。
もう少し歩み寄りの姿勢や、理解しあおうという意思みたいなものを
持ったとしても、決してバチは当たらないと思うのですが……。

それはそうと、バカップルは千歳でもやっぱりあの調子、ということで(笑)。
これも「宙マン」では半ば定番の展開ということで、
迷わずやってしまいましたです、ハイ(笑)。
投稿者:古塚
悲しい事といえば私の場合は「原作派とアニメ派の溝の深さ」ですかね〜
映像作品としての出来や面白さが評価に結びつかないもどかしさと言いますか…

初恋怪獣(ってか実質失恋怪獣)を倒すきっかけがバカップルってのが笑えましたね
これぞ原作を発展させた面白さですよ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ