遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>帝王ソダンさん
>ラフレイアの場合は、前世はウルトラマンガイアの高熱魔石レザイトだそうですね。

そのことを小学館のムックで初めて知ったときには、改造技術の巧みさにも驚きましたが
「レザイト、怪獣倉庫にまだ残っていたか!」という
そちらのびっくりの方がより大きかったのは
私とソダンさんとの間だけのヒミツですよ(笑)。

……あ、それとクトゥーラに関してですけど。
あのソフビって、何となく周囲にドロドロ(「忍者戦隊カクレンジャー」の戦闘員)を
わらわら侍らせて遊びたくなる衝動にかられちゃったり致しません?
あの顔……というかボディの文様を見ていると、こうムラムラッと(笑)。
投稿者:帝王ソダン
そうですね、毎回怪獣が出せないとか市街戦をやらないとか、他にも予算の少なさは露呈してましたけどね…それでも大好きでしたネクサス・゚・(つД`)・゚・そういえばラフレイアの場合は、前世はウルトラマンガイアの高熱魔石レザイトだそうですね。

余談ですが、本日クトゥーラ買って来ました。なんつーか…スゲェ存在感(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

http://blog.goo.ne.jp/robotsindisgize1985/
投稿者:さいとうひとし
>帝王ソダンさん
リンクの旨、ご了承ありがとうございました。
と言うわけで、こちらからもリンクさせて頂きました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します(ぺこり)。

ソフビ版ペドレオンの塗装に関しましては、
確かに劇中でのイメージそのままのモデルを求める、という点では不満点やもしれませんけれども・・・
ただ、子供が手にとって遊ぶ「玩具」という観点からも考え併せて見ますと、
あの色彩はある意味で、バンダイ側の「ギリギリの妥協点」だったのではないかな、というような気もしています。
それにしても、ペドレオンの描写は今更ながらにグロテスクそのものでしたねえ――
アレ、早朝放送なればこそまだしも耐えられる
……と言いますか、
夜中にあんなもの見せられた日には、子供はトイレ行けませんよ、ええ(笑)!
往年のドルゲ魔人どころの騒ぎではありませんっ(笑)。

あと、スペースビーストに関しては……
過半数が過去の縫いぐるみの改造再利用だったとのことで、
苦しい台所事情の中でベストを尽くそうとなさっていたスタッフさんたちには
改めて敬意を表さずにはいられません、はい。
投稿者:帝王ソダン
どうもこんにちは、帝王ソダンです。

前回お話ししたリンクの件ですが、こちらの方からもリンクしましたので、相互リンクという形でお願い致します。では用件だけですがこれにて。

http://blog.goo.ne.jp/robotsindisgize1985/
投稿者:帝王ソダン
ペドレオンは本当に冒険的デザインで、ある意味ネクサスという映像作品の象徴的存在とも言えるんでは無いでしょうか?ただ、塗装がもうちょっと着ぐるみに近ければ良かったんですけど。本編でも、トンネルの中に無数に蠢いていたり生きた人間を丸呑みにしたりと、子供が見たら本気で恐がったんじゃないでしょうかねぇ…私の様なホラー好きなら大歓迎ですけど。

ちなみに私の好みのスペースビーストは、実はバグバズンだったりします。尾の先端にも顔が付いていたり、二つの顔のどちらにも目が無いので、それ故に表情の読み取れない不気味さがあってなんとも言えないです。なんでコイツもソフビ化されなかったのかなー。

あと、リンクの件はもう少しお待ち下され。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ