遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>市川大河さん
異なる立場の意見にもきちんと耳を傾け、その上でしっかりと
自身の意見を持つ、ということ……
まさに「多事争論」というこの四文字にこそ、これからの私たちが目指していく
大きな指針が秘められているように思います。

それはここ数年、ますます息苦しさを増していくように思える
このニッポンという国そのものの在り方に対しましても……
そして、私たちの趣味ジャンルでの交流という面におきましても(笑)。
投稿者:市川大河
この件に関しては電話でも話しましたし
ミクシィの方でかなり詳しく、そして感情吐露も書いたので
さいとう氏の場所においては一言だけ書き記すことにします。

自分の中で大きな指針を失った喪失感が大きいです。
彼が残した数多くの功績を受け止めて
自分に出来ることを模索していこうと思っています。
彼を失い、腐敗化が加速していくだろうこの国で。

http://ameblo.jp/ultra-taiga/
投稿者:さいとうひとし
>アブルっちさん
>國枝みつきさん
「一つの時代」が確実にうつろい去ろうとしている、そんなイメージを
しみじみと実感させてくれた筑紫さんの訃報でしたね……。
その全てを手放しで評価するわけではないにしろ、
したたかにマスコミの制約と渡り合いつつご自身の言論を貫かれた
その姿勢には、一個人としても共感し、また学ぶべきところが
非常に多かった、と思っております。
投稿者:國枝みつき
同県出身の方ということもあるので、前々からニュース番組等で拝見していました。
メインキャスターながら時には自ら現場に赴き、その様子を伝える姿は
元記者ということもありますが、ひとつの報道者の鑑たるものであったように見受けられます。

なんにしても、長い間お疲れ様でした、と思っています。
投稿者:アブルっち
 きちんと資料に基づいて判断するという能力においてはやや弱い、乱暴な言い方をすると「大日本帝国と軍部の否定ができればその根拠は何でもよい」の方にいくらか足を踏み入れてしまっているスタンスではあったという気はしますが、今のように右傾化右傾化と言っても所詮虚像でその退潮著しい現状からは想像もつかない、錆び付いた鎧を着た連中が何食わぬ顔で闊歩していた時代においてはこういう人は間違いなく必要な人材でした。
 時代が変わって筑紫氏のような人の役割は終わり、彼に力を借りなくても今生きている我々が時代を進めることができるのは確実ですが、彼は我々を随分楽にしてくれたと言えるでしょうし、新しい時代を彼と一緒に迎えたかった、そんな1人だと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ