遊びをせんとや生まれけり

すべての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

メールアドレス→ chuman4794■yahoo.co.jp(■を半角英数の@に直して送信下さい)

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さいとうひとし
>古塚さん
冬木氏の音楽や最高クオリティの特撮など、スタッフのやる気は
そこかしこに充満してはちきれんばかりだったんですよね、80は。
それだけに、それら諸々の要素がひとつの作品となったときの
ビミョーな「噛み合わなさ」具合が惜しまれる、というのも
また確かなことだと思いますね〜。

M17-2は聞くたびに、夕陽の中でのイトウチーフが思い出されてしまいます(ほろり)。

ちなみに、80の次ですが……とりあえずここでいったん目先を変えまして、
何か怪獣でも弄ってみようかな、と考えております。
どんなものが出来ますか、まぁ生暖かく見守ってやって下さい(笑)。
投稿者:古塚
個人的にも昭和ウルトラの中では80は好きですね〜
特に冬木透先生の音楽の密度の高さとかはザ☆ウルトラマンの流用曲も加わって最高潮の出来だと思いますし。個人的に制作し某アニメの編集作品にあの「アァ〜」のスキャット曲(M17-2、ギマイラの話以降に使用されたあの曲です)を使用してしまったほどインパクトがありましたね(笑)

ネオス&21、レオ&アストラとくれば80の次はユリアンの予定ですか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ